【ホンダ 4代目 ステップワゴン 試乗評価】原点回帰!ミニバンは四角くてデッカイのがイチバン

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2010/11/04

 

ミニバンとしての使い勝手や燃費の良さを徹底的に追求し高評価

ホンダ ステップワゴン リヤビュー
 ホンダ ステップワゴンは1996年に発売した初代モデルが大ヒットした後、2代目、3代目モデルはもうひとつ波に乗り切れないできた。2代目モデルでは左側だけの片側スライドドアを採用したため両側スライドドアの時代に乗り遅れた感じになり、3代目モデルでは低床・低重心パッケージを採用して全高を下げたことが広さ感の不足と受け取られたりした。
そこで、今回の4代目モデルでは家族みんなの楽しさをテーマに、クラス最大の広さ、使いやすさ、気持ち良さ、燃費の良さなどを追求して作られた。
ボディは従来の低床・低重心プラットホームをベースに、5ナンバー枠をほぼ使い切る形で全長を50mm 延長し、全高も45mm拡大した。これに伴って室内空間もグンと大きくなり、室内長は320mmの延長となった。長さの拡大は測定の仕方(というかインパネやシートの形状)による部分もあるのだが、室内が大きく拡大されたのは間違いない。

ホンダ ステップワゴン スパーダ フロントビュー

新型ステップワゴンは、5ナンバー枠を維持しつつもボディが拡大され、だいぶ存在感を増している。エアロ付きのスポーティ仕様スパーダ(写真)もラインアップ。

ホンダ ステップワゴン スパーダ リヤビュー

スパーダは専用のエアロパーツや、クリアタイプのリヤコンビランプを採用する。ルーフの幅も拡大され室内空間はもちろん、リヤゲートの開口部も広くなっている。

ホンダ ステップワゴン サイドビュー

ボディサイドはシンプルな面構成ながら、アクセントとしてキャラクターラインが入れられている。サイドやリヤから見ると、まるで大きな箱のようなフォルムだ。

スクエアなフォルムが印象的と評価! スパーダもラインアップ

 外観デザインは、見るからに“大きな箱”になった。全長&全高の拡大に加えてルーフ部分の絞り込みも抑えてルーフ幅を45mm拡大したので、いかにもスクエアな印象を与えるデザインとされた。
今回のモデルもステップワゴンとステップワゴン スパーダの2つのシリーズが設定されていて、スパーダはエアロパーツや専用デザインのフロントグリルなどによって上級感とスポーティさが表現されている。ステップワゴンに限らず、日産 セレナやトヨタ ノア/ヴォククシーなども、スポーティ仕様の外観を持つシリーズが良く売れているので、ステップワゴンでもスパーダに力が入れられた。
ホンダ ステップワゴン エンブレム
ホンダ ステップワゴン フロントマスク
ホンダ ステップワゴン スパーダ フロントマスク
大きなヘッドランプとシンプルなグリルが印象的なフロントマスク。スパーダ(写真右)はアクセサリーランプ内蔵の専用フロントグリルを装備。

クラストップの室内空間で全席広々した快適なスペースを実現

ホンダ ステップワゴン スパーダ フロントシート
 低床プラットホームをベースとするだけに、ステップワゴンの乗降性は悪くない。自然な姿勢で運転席への乗り降りができるだけでなく、後席に乗り込む老人や子供などもワンステップで簡単に乗り降りできる。これはステップワゴンが従来から持つ長所だ。
運転席に座ると直線基調のインパネデザインが印象的だ。オデッセイなどのインパネデザインが先進性を感じさせるのに比べるといかにもコンサバな印象ではあるが、視認性、操作性、それに物を置くなどの使い勝手に工夫がなされている。
前述のように室内空間は格段に広くなった。クルマに乗ってみると、ますますそうした印象が強い。ステップワゴンは全車とも3列8人乗り仕様で、1列目と2列目のシートの間隔が100mmも広げられたから、2列目に座ると足が組めるくらいのゆったりした空間がある。また3列目のシートにも大人が座れるくらいの空間が確保されている。

ホンダ ステップワゴン インテリア

水平基調のシンプルなデザインのインテリア。視界は広く運転はしやすい。小物の収納スペースも豊富で、ミニバンらしい使い勝手の良さは文句なし。スパーダはブラック系のスポーティな内装色を採用する。

ホンダ ステップワゴン メーター

先代モデルは視認性に優れた特徴的な横長のデジタルメーターだったが、新型ステップワゴンは一般的なタイプとなっている。インフォメーションディスプレーの表示も見やすく好感が持てるデザインだ。

ホンダ ステップワゴン ラゲッジ

ボディサイズの拡大や、クラス初の床下収納サードシートなどにより、ラゲッジスペースは驚くほど広い。ルーフ幅も広がり、開口部も大きくなっているなどの改良が施されている。

安全装備は物足りなさを感じる設定

ホンダ ステップワゴン スパーダ セカンドシート
 この3列目のシートは比較的簡単な操作で床下に収納することができ、広くてフラットなラゲッジスペースを作ることもてきる。3列のシートを使った状態では、底の深い形状のラゲッジスペースとなるので、相当量の荷物を積むことができる。
ただ、残念なのは2列目〜3列目のシートの中央席には3点式シートベルトが用意されておらず、中央席はヘッドレストも一部のグレードにしか用意されていない。せっかくのファミリー向けのミニバンなのに、安全を軽視したクルマという印象を与えるのは好ましいことではない。
さらにいえば、横滑り防止装置のVSAも一部のグレードでは標準だが、ほかのグレードの中にはオプションでも装着できないものがあるなど、物足りない設定である。

ホンダ ステップワゴン フロントシート

左右のサポートは十分で、カーブでもしっかりと体を支えてくれる。ただ、座面はややソフトな印象で、沈み込みは大きめだ。

ホンダ ステップワゴン セカンドシート

セカンドシートは写真のベンチシートタイプタンブルシートの他、全席のウォークスルーが可能になるチップアップシートも用意。足元スペースは100mmも前後に拡大され、驚くほどの広さだ。

ホンダ ステップワゴン サードシート

サードシートも広くなり、大人でも満足できる広さを確保。このクラスでは初めての床下収納方式を採用し、スペース効率を追求した。

全車CVTを採用しクラストップレベルの低燃費を達成!

ホンダ ステップワゴン スパーダ 走り
 搭載エンジンは直列4気筒2リッターの自然吸気SOHCのみの設定。従来は2.4リッターエンジンも搭載されていたが、今回は廃止されてストリームなどに搭載されている2リッターエンジン1機種に絞られた。
従来の2リッターエンジンは内径×行程が同じ数値となるスクエア型のエンジンだったが、今回の2リッターエンジンはトルク特性に優れたロングストローク型のエンジンになった。ミニバンの特性を考えたらこうしたエンジン特性が好ましいのはいうまでもない。
またトランスミッションはFF車はすべて無段変速のCVTに変わり、4WD車には5速ATが組み合わされた。従来の2リッター車は 4速ATのみの設定だったので、比べるとどちらも進化している。
今回のモデルからECOボタンが設けられていて、エンジンを始動すると標準状態がECONオンで始まる。ECONがオンだと、エンジンやトランスミッション、エアコンなどが燃費に配慮した状態となる。
なので、普通に走り出すととても静かで滑らかな走りが印象的だ。こう言っては失礼だが、これがホンダのクルマかと思うような静かさ、滑らかさなのだ。CVT車にありがちなアクセルワークに対するリニアリティの不足を感じさせることもなく、自然な走りのフィールに好感が持てる。
ただ、急な坂道を登るときなど、アクセルを踏み込んだときのエンジン音はちょっと大きめで、できればこのあたりももうひと頑張りして欲しいところがあった。また室内騒音に関しては、横浜ゴム製の 16インチのデシベルを履いた仕様が特に静かで、15インチタイヤを履いた仕様はロードノイズがやや大きめになる印象だった。

ホンダ ステップワゴン 2リッター直4エンジン

新型ステップワゴンのエンジンは2.4リッターが廃止され、2リッターのみの設定となった。従来のものとは異なりロングストロークタイプの新エンジンのため、低速域でもトルクがあり力強い走りを味わえる。

ホンダ ステップワゴン シフトレバー

エンジンは全車CVTとなり、燃費もクラストップレベルを達成。スパーダにはマニュアルモードも装備し、スポーティな走りも楽しめる。

ホンダ ステップワゴン ECONスイッチ

オデッセイやインサイトなどでお馴染みのECONモードを装備。通常はオン状態となっており、エンジンやミッション、そしてエアコンなどの制御を変更して自然と省燃費運転ができる優れものだ。
価格.com 自動車保険

全高の高さを感じさせない安定感ある足まわり

ホンダ ステップワゴン スパーダ 走り
 足回りの安定感も上々だ。ステップワゴンは従来から低床・低重心プラットホームをベースに安定した走りを特徴としてきたが、今回もそれがしっかり受け継がれている。新型ステップワゴンは全高が高くなった分だけ重心高がやや高くなっているはずだが、それを感じさせない安定感は、このクラスのハイト系ミニバンの中でも随一だ。コーナーでの安定感やレーンチェンジのときの安定感に優れるので、安心して乗っていられる感じがある。
今回は、15インチと 16インチタイヤを履いた標準のステップワゴンと、16インチタイヤを履いたスパーダに試乗したが、乗り心地という点ではどちらも不満がなかった。安定感では16インチタイヤを履いた仕様に好感が持て、特に専用のダンパーを備えるスパーダの16インチ仕様が最も良かった。ちなみにスパーダはCVTも7速マニュアルモード付きになり、パドルシフトによる操作も可能になる。
シートは横方向のホールド性が十分に確保されていて、コーナーでも運転姿勢が乱れることはないが、重心が偏ったときの座面の沈み込みはちょっと大きめな印象で、横方向がしっかりしているのに比べ、縦方向はもう少し硬めにしても良いように思った。
スパーダはエアロパーツの装着などによって20万円ほど高くなるため単純にはお勧めできないが、予算を用意できるならスパーダがお勧めである。また広くなったステップワゴンは相当に良く売れるはずで、これまで広さでリードしてきたセレナは今後は苦しくなるものと予想される。
ホンダ ステップワゴン スパーダ 本革巻きステアリング
ホンダ ステップワゴン 15インチタイヤ&ホイール
ホンダ ステップワゴン スパーダ 16インチタイヤ&アルミホイール
スパーダは専用の本革巻きステアリングを装備。パドルシフトも可能で、スポーティな走りを味わうことができる。タイヤに関しては標準車(写真中央)は15インチ仕様が標準となる。スパーダは16インチのアルミホイール(写真右)が標準装備で、17インチもオプションで選択可能だ。

4代目ホンダ ステップワゴン燃費、ボディサイズなどのスペック

代表グレード ホンダ ステップワゴン G Lパッケージ(FF)
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4690×1695×1815mm
車両重量[kg] 1600kg
総排気量[cc] 1997cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 150ps(110kw)/6200rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 19.7kg-m(193N・m)/4200rpm
ミッション CVT
10・15モード燃費[km/l] 14.2km/l
定員[人] 8人
税込価格[万円] 225.7万円
発売日 2009/10/9
レポート 松下宏
写真 佐藤靖彦

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】