【BMW M3カブリオレ DCT海外試乗記】これが最強のオープンスポーツカーだ![CORISM] [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【BMW】2008/11/13

 

日本未発売M3カブリオレに試乗!

 日本では正規輸入されていないM3カブリオレにミュンヘンで試乗してきたので、そのインプレッションをお伝えしよう。
現在日本で発売されているM3のボディタイプは、2ドアクーペ(E92)と4ドアセダン(E90)である。E30、E36、E46と過去には2ドアのM3しか発売されなかった日本市場で4ドアのM3が正式に発売されたのだから画期的なことだ。
しかしドイツ本国ではクーペ、セダンだけでなくカブリオレ(E93)のM3も用意されている。2ドア4人乗りのオープンモデルのカブリオレは、電動油圧で作動する3分割のメタルトップを持つためにクーペに比べて約200kgも重くなる。
【BMW M3カブリオレ DCT試乗記】 BMW M3カブリオレ DCT エクステリア フロント 画像
【BMW M3カブリオレ DCT試乗記】 BMW M3カブリオレ DCT エクステリア リヤ 画像
【BMW M3カブリオレ DCT試乗記】BMW M3カブリオレ DCT エクステリア サイド 画像

市街地もアウトバーンも思い通りの走り!

 今回M3カブリオレに乗るまで、せっかくM3に乗るなら軽いクーペかセダンの方が良いだろうと思っていた。しかし実際にアウトバーンを飛ばしてみると、200kgの重量増はまったく気にならず、気持ちよく走れた。
試乗したM3カブリオレは2ペダルのDCT(ダブル・クラッチ・トランスミッション)が装備されていた。ダイレクトに次のギヤにつながるのにスムーズな加速ができるから、市街地でもアウトバーンでも思い通りの走りができる。
【BMW M3カブリオレ DCT試乗記】 走り 画像
【BMW M3カブリオレ DCT試乗記】 インテリア インストルメントパネル 画像
【BMW M3カブリオレ DCT試乗記】 走り 画像

 

オープンエアを楽しめる本物スポーツカーと高評価!

 アウトバーンでアクセルペダルを床まで踏んでいったら270km/hまでやすやすと出すことができた。リミッターに当たって270km/hで頭打ちになったが、このときもハンドルはしっかりしていて安定感があり安心して超高速走行を楽しめた。
M3向けに補強されたボディはしっかりしていて、太いタイヤにもフロアがブルブルすることもないし、ハードなコーナリングでもボディが捩れることもなく、オープンボディによるデメリットを感じることはなかった。
M3カブリオレはオープンエアを楽しめる本物のスポーツカーだったと評価したい。

【BMW M3カブリオレ DCT試乗記】BMW M3カブリオレ DCT エクステリア リヤ 画像

(レポート:こもだ きよし

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】