ホンダZR-V新車情報・後悔しない購入ガイド 国内登録車シェアアップに期待がかかる新型SUV

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2022/12/14

ホンダ ZR-V

 

新型ZR-V、ホンダの登録車シェアを伸ばすことができるか?

 

ホンダは、新型SUV「ZR-V(ゼットアールブイ)」を2023年4月21日に発売を開始する。

この新型ZR-Vは、国内ホンダにとっては、非常に重要な車種。CセグメントのコンパクトSUVということで、ヴェゼルとCR-Vの間を埋めるモデルとなった。新型ZR-Vが登場したことで、コンパクト系がメインとはいえホンダのSUVラインアップが大幅に強化されたことに間違いはない。2023年度ホンダの国内登録車シェアをけん引するモデルとして期待されている。

ホンダ ZR-V

 

 

開発コンセプトは「異彩解放」

 

新型ホンダ ZR-Vは、「実用性」と、最新の安全装備、衝突安全性能が生み出す「信頼感」に加え、異彩を放つ存在感のある「デザイン」、そして爽快かつ快適な「走り」を高い次元で兼ね備えたクロスオーバーSUVだ。

新型ホンダZR-Vの開発コンセプトは「異彩解放(異彩を放つ:普通とは異なった色どりや光を出す)」、ドライバーがクルマを自在に操ることで自信と余裕を持ち、自分らしさを解放して新たな行動を起こし、乗る人が一歩踏み出すきっかけとなるクルマを目指したいという想いが込められている。

新型ホンダZR-Vのエクステリアデザインは「GLAMOROUS × ELEGANT」(凛々しくも力強く、上質な色気さえ感じさせる都会的なスマートSUV)前後に長い楕円体をモチーフにしている。

フロントグリル(バーチカルフロントグリル)を起点にシャープなラインを放射状に走らせて、ボディサイドからリアに向けて連続性のある一体感(塊感)をイメージさせるプロポーション。

フロントフェイスはスパッと切り落としたような楕円体のグリルに、黒基調のシャープなヘッドライト(フルLED)を融合させるとともに、なめらかな面を全方位に連続する流麗かつ均整のとれた造形で存在感を表現、面と線を巧みに配したフロントフェイスを完成させている。

フロントから流れるように続くサイドシルエットは、リアに向かってボリュームを増幅させて隆起したリアフェンダー。サイドウィンドウも後方に向かって絞り込むグラフィックによりスポーティな力強さを実現している。

また、ルーフとの境部分は溶接にレーザーブレーズ技術を用いて、モールの無いルーフラインがスマートを強調している。

リアビューは、隆起させたリアフェンダーから、コーナー部分にふくよかさを感じさせるボリュームとワイドさで安定感を出した。

テールゲートは、リアパネルとリアウィンドウをボディサイドやルーフと曲線で連続させることにより、楕円体イメージを強調して流麗なシルエットを完結させる。コンビネーションランプも内側から外側に向かって徐々に厚みを増す形状で、ボディサイドと調和させてワイド感を強めている。

ホンダ ZR-V

 

 

気遣いが気持ちいい、細部まで使い易い手の込んだインテリア

 

新型ホンダZR-Vのインテリアは、個性と色気を際立たせた美しく機能的な空間を創出する。「高いアイポイント」「余裕あるロードクリアランス」「大径タイヤ」に代表されるSUVの魅力を取り入れながら、伸びやかさと力強さを兼ね備えた台形骨格と、上半身をゆったりとシートバックに預け、前方に伸ばした足でペダルをスムーズに踏み込めるセダンライクな乗車姿勢は可能とした。

インストルメントパネルは、水平かつ左右対称を基調に不要なラインや、凹凸を排除したシンプルで上質な造形を採用。インストルメントパネルやドアライニング、ハイデッキセンターコンソールにより前席乗員を囲むことでパーソナル感を創出。プライムスムース(合成皮革)のソフトパッドを配して、やわらかな感触と包み込まれる安心感を提供している。

また、水平かつ左右対称を基調にすることで、自車の向きや車両感覚が把握しやすく(見切りの良い)、前方/側方視界を確保して運転のし易さや安心感に寄与する工夫が施された。

新型ホンダZR-Vの前席は、体圧を面で受け止めて骨盤を安定させることで疲れを抑える、ボディスタビライジングシートを採用。優れたホールド性と快適な乗心地を高い次元で両立する。

後席には、膝周りや頭上に十分な空間を確保して、解放感がありながらも落ち着いた空間を提供。移動時間を上質に彩るために全車に運転席/助手席シートヒーターを装備するのは嬉しい。(e:HEV、ガソリンのZグレードAWDにはリア左右シートヒーターも装備)

室内照明も左右対称のルームランプ、マップランプなどは個別点灯で、パーソナルな使い勝手を実現、ラゲッジルーム、ドアライニングなどもフルLED化されている。

荷室は左右対称でアンダーボックスも含めて容量は395リッター(ガソリン車は408リッター)と大型。後席使用状態でも、3個のゴルフバックが収納できる荷室長を確保する。

ホンダ ZR-V

ホンダ ZR-V

 

 

モータードライブの気持ちよさを感じさせる「2.0L e:HEV」搭載

 

新型ホンダZR-Vのコンセプトは「Enjoy the Drive(操る歓び)」。SUVでありながらオフロードに特化したクルマでも、デザイン重視のクルマでも無く、自分を表現して美しく意のままに走ることを目指した。

「軽快で運転しやすく、走ることが愉しくなる」ホンダ伝統の乗り味を追求して、乗員が快適と感じられるセッティングが行われた。シビックと同じ「スポーツe:HEV」と「VTEC TURBOエンジン」の新世代プラットフォームをベースに、クルマが常にコントロール下にあると感じる一体感や安心感で操る自信と余裕をもたらしている。

新型ホンダZR-Vの上質・爽快な走りを実現する「スポーツe:HEV」は、V6 3.0リッターエンジン以上のトルクを発生する2.0リッター直噴エンジン+新世代の2モーターハイブリッドシステムをZR-V向けに最適化。

2モーターハイブリッドシステムe:HEVは、発電用と走行用の2つのモーターとエンジン直結クラッチを搭載。エンジン出力を効率良く電気エネルギーに変換、車輪の駆動やバッテリーへの供給、減速時には電力回生を行う。

<走行モードは3種類>

① EVモード:バッテリーで走行用モーターを駆動して電気自動車として走行。

② ハイブリッドモード:エンジンで発電した電力で走行用モーターを直接駆動。加速時にはバッテリーからの電力も合わせて走行。

③ エンジンモード:エンジンで走行。高速クルーズ時にはエンジンと車輪を直結して、駆動ロスを抑えることで燃費を低減する。

ホンダ ZR-V

 

 

カーボンニュートラル時代「純ガソリン車」は必要か?

 

新型ホンダZR-Vの俊敏なレスポンスと伸びやかなパワーフィールを両立させた「VTEC TURBO」は、2.4リッターエンジンに匹敵する低速トルクと、高回転まで伸びやかなフィーリングが魅力。

1.5リッター直噴VTEC TURBOエンジンをZR-V用に最適化。ターボチャージャーの構造見直しで、アクセルONの瞬間から力強い加速と高回転までリニアに増大するパワー特性を実現している。

また、走行状態に合わせたCVTの高精度な制御で、強めの加速ではマニュアルトランスミッションの様な変速を行い、エンジン回転数に同調した音の変化がドライバーの心を高揚させる。

また、強めのブレーキングの際は段階的にシフトダウンしてエンジンブレーキの制動力を確保するなど、スポーティで走る愉しさを演出する。

新型ホンダZR-Vのドライブモードは、走行シーンや気分に応じて4段階の選択が可能。国内ホンダ SUVでは初となる滑りやすい路面でスムーズな走りを支援する「SNOW」モードを搭載する。

・SPORTモード:アクセルペダルの踏み込みに対する駆動力特性を高め、軽快で力強い走りを行う設定(*ガソリン車のXを除く全タイプに設定)

・NORMALモード:デフォルトモードで、燃費と走りのトータルバランスに優れた設定。(*全タイプに設定)

・ECONモード:アクセルペダルの踏み込みに対し、NORMALモードよりも出力を控えめに、エアコン風量なども低く制御したエコ設定。(*全タイプに設定)

・SNOWモード:滑りやすい路面でスムーズな加速を行うための設定(*全タイプに設定)

雪上などでグリップ限界を超えない様に制御、過度な駆動力伝達によるホイールスピンを抑制する。

ホンダ ZR-V

ホンダ ZR-V

 

 

快適な居住空間と気持ちよい走りの両立

 

新型ホンダZR-Vのサスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リアにはマルチリンク式を採用。

マクファーソンストラットサスペンションとステアリング周りのフリクションを削減して、リニアなライントレース性と、しっかりとした手応えのステアリングフィールを提供。

ジオメトリー剛性に優れたリアマルチリンクサスペンションは、ロードホールディング性の向上でしっかりと路面を捉える。また、サスペンションブッシュなどの適正化で軽快な走りを、フローティングサブフレームの振動遮断で音・振動性能を両立、セダンタイプのクルマに匹敵する一体感のある走りと快適性、安定感を表現した。

新型ホンダZR-Vの静粛性は、ボディー骨格に加えて、吸音材・遮音材を効果的に配置することでノイズや振動を抑制、車内での会話や音楽をストレス無く楽しめ、長距離移動でも疲れにくい快適性を実現する。

また、走行状態に応じて、前後輪の駆動力配分を細かく制御するリアルタイムAWDを全タイプに設定。乾いた路面はもちろんのこと、滑りやすい路面でも安心かつ安定した走りを提供する。

中でもe:HEVは、モーターならではのパワフルでレスポンスの良いトルク特性が、力強くダイレクト感のある駆動力を誇る。

雪上でも駆動力制御により各タイヤの駆動配分を制御して、坂道発進時にスリップしにくく、コーナリング時も外側に膨らみにくい安定感、安心感を、同乗者に対してもクルマのロール(横の動き)やピッチング(前後の動き)が穏やかで安心感と疲れにくさを提供する。

ホンダ ZR-V

ホンダ ZR-V

 

 

細かい気配りの“指置きスペース”とは?

 

新型ホンダRZ-Vの先進技術は、コネクテッドサービスとオーディオシステムでカーライフを充実させる。Hondaでは専用通信モジュール「Honda CONNECT」を全車に標準搭載。コネクテッドサービスの「Honda Total Careプレミアム」を利用すれば、スマートフォン感覚で操作できる9.0インチ大画面Honda CONNECT静電式タッチパネルディスプレー(“e:HEV Z”、”Z”に標準装備)により、「Honda Total Careプレミアムサービス」で各種の安心・快適なカーライフがサポートされる。

ポイントは、ディスプレー手前に指置きスペースが設けられている事だ。タッチパネル式のモニターが増えてきているが、走行中に助手席などから操作を行おうとすると、クルマの振動でミスタッチが多くなりイライラすることも多々ある。このような操作時に手を固定して確実に操作が出来る細やかな配慮が嬉しい。

Honda Total Careプレミアムサービスに加入すれば、アプリをダウンロードしたスマートフォンでドアの解錠から施錠忘れ、エアコン操作や広い駐車場での自車位置確認に、万が一のALSOK駆けつけサービスなどの各種サポートが用意されている。

新型ホンダZR-Vのオーディオは、BOSE社と共同開発。ZR-Vの室内環境に合わせた、専用BOSEプレミアムサウンドシステム(12スピーカー)で、臨場感のあるサウンドを提供する。(*“e:HEV Z”、”Z”に標準装備)

ホンダ ZR-V

 

充実する運転支援システム「ホンダセンシング」

 

歩行者検知式自動ブレーキを含む予防安全装備パッケージHonda SENSING(先進の安全運転支援システム)は、フロントワイドビューカメラ、前後ソナーセンサー、リアコーナーレーダーにより全方位の対象物を検知して、適切な注意喚起と操作支援を行う。

新型ホンダZR-Vには、道路標識機能の地図連携や、渋滞時運転支援、夜間のヘッドライト制御の機能が新たに追加される。

・道路標識認識機能:走行中に道路標識を認識して、マルチインフォメーション・ディスプレーに表示する。速度を超過した場合は表示を一定時間点滅させる。

・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC):前走車がいない場合は設定速度を自動で維持し、前走車がいる場合は、前走車に合わせて自動で速度調整して適切な車間距離を保って追従する。前走車が停止すると合わせて停止する渋滞追従機能も装備。

・車線維持支援システム(LKAS):高速道路や自動車専用道路を走行中に、車線の中央に沿って走行するようにステアリング操作をアシストする。車線を外れそうな際には、マルチインフォメーション・ディスプレーの表示と、ステアリング振動、音で警告し注意を喚起する。

・オートハイビーム:前走車や対向車を検知してハイ/ロービームを自動で切り替える。良好な視界の確保を支援するとともに、切り替え操作の頻度も低減する。

・アダプティブドライビングビーム:ハイビーム時に前走車や対向車を検知すると、周辺状況に応じて照射範囲を自動でコントロール、前走車の幻惑を低減させながら、歩行者や標識を見つけやすくする。(*“e:HEV Z”、”Z”に標準装備)

・トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能):高速道路などでの渋滞時、自車の走行車線をキープするようステアリング操作をアシスト。渋滞機能付きアダプティブクルーズコントロール(アクセル、ブレ機操作アシスト)と合わせて、渋滞時のドライバーの負担を軽減する。

ホンダ ZR-V

 

価格.com 自動車保険

 

・衝突軽減ブレーキ(CMBS):車両や自転車、歩行者を検知して衝突の危険がある場合、マルチインフォメーション・ディスプレーに警告を表示、衝突の危険性が継続しているとシステムが判断した際は、強いブレーキで停止または減速して衝突回避・被害軽減を支援する。

・先行車発進お知らせ機能:信号などでの停車時に、先行車が発進したことを音とマルチインフォメーション・ディスプレーの表示で知らせる。

・歩行者事故低減ステアリング:走行中に車線を外れ、路側帯(歩道)の歩行者と衝突しそうな際、音とマルチインフォメーション・ディスプレーの表示で警告。ステアリングも制御して回避操作を支援する。

・路外逸脱抑制機能:車線や草、砂利などの道路境界をはみ出しそうな際や、対向車への接近時に車線を編み出しそうな際、逸脱を防ぐようにステアリングを制御して回避操作を支援する。その際はマルチインフォメーション・ディスプレー表示とステアリング振動、音で警告する。

・ブラインドスポットインフォメーション:走行中、斜め後ろにクルマの存在を検知すると、その方向のドアミラー鏡面上にマークを表示する。さらにその方向にウィンカーを操作すると、マークの点滅と警報音で注意を促す。

・誤発進抑制機能:前方に障害物があるにも関わらず、アクセルペダルを踏み込んだ際、パワーシステム出力を抑制して急発進を防止するとともに、音とマルチインフォメーション・ディスプレー表示で警告する。

・後方誤発進抑制機能:後方に障害物があるにも関わらず、アクセルペダルを踏み込んだ際、パワーシステム出力を抑制して急発進を防止するとともに、音とマルチインフォメーション・ディスプレー表示で警告する。

・近距離衝突軽減ブレーキ:壁などの障害物の見落としにより衝突する恐れがある際、運転者のブレーキ操作を支援し、停止または減速する事により衝突回避・被害軽減を支援する。

・パーキングセンサーシステム:クルマの前後、斜め前、斜め後ろからの障害物の接近を、音と表示で知らせる。狭い路地や駐車場も安心。

・後退出庫サービス:バックで出庫する際、左右から近づいてくる車両を検知して、警報音とナビ画面上の矢印表示で注意を促す。(*“e:HEV Z”、”Z”に標準装備)

ホンダ ZR-Vメーター

ホンダ ZR-V ゴルフバック積載

 

 

新型ホンダZR-Vの後悔しないグレード選び。お勧めはe:HEV Z!

 

新型ホンダZR-Vは、CセグメントのコンパクトSUVに属する。国内のライバル車は、トヨタ カローラクロスやC-HR、マツダCX-30、スバル クロストレックなど。

新型ZR-Vは、大き過ぎず、小さ過ぎず、“取り回しのし易い丁度良い”ボディサイズ感。前席/後席も余裕のある快適室内空間に、安全・便利機能も多数標準装備されて300万円台前半というのは、まずまずのコストパフォーマンスだ。

ただ、世界的にカーボンニュートラルが叫ばれている中、しかもハイブリッド車多い日本国内において、純ガソリン車を導入するというのは少々残念だ。カーボンニュートラル時代で、今後、こうした純ガソリン車のリセールバリューが上がるとは思えないので、単に安いからといって購入すると後悔することになるかもしれない。新型ZR-Vのリセールバリュー面も考慮すると、やはり純ガソリン車の1.5リッターターボモデルは、選択肢から外したほうがよい。

ハイブリッドのe:HEVからの選択となると、グレードはXとZの2つ。それぞれ、FF(前輪駆動)と4WDの選択が可能。降雪地やウインタースポーツ、アウトドア系で滑りやすい道を走ることがないというのであれば、より安価なFF車で十分だ。無理して4WDを買ってしまうと、後々後悔してしまうかもしれないので注意したい。

とくに、ホンダ車の場合、ヴェゼルでもFF車を選択する人が多い。そのため、FF車でも極端にリセールバリューが下がることも低いと思われる。

e:HEVエントリーグレードのX とZの価格差は、約60万円もの差がある。大きな装備差は、後退時出庫サポート、マルチビューカメラ、ホンダコネクトディスプレイ+ETC、先読みエコアシスト、アダプティブドライビングビーム、LEDアクティブコーナーリングライト、BOSEサウンドシステム、運転席・助手席パワーシート、パワーテールゲートハンズフリーアクセス、ワイヤレス充電器、本革シートなどなど、かなり多くの装備差が付いている。

プラス装備分を換算すると、価格差の60万円は十分に超える価値がある。こうなると、お勧めはe:HEV Zだ。しかし、ここまで上級な装備は必要ないというのであれば、シンプル装備のe:HEV Xでも十分。一部の装備は、オプション選択可能なので、必要な装備だけ選択するのもよい。

ホンダZR-V

 

トヨタ カローラクロス VS ホンダ ヴェゼル徹底比較評価

スバル クロストレック試乗記・評価

ホンダ新車情報・試乗評価一覧

SUV動画・新車情報・試乗評価一覧

新型ホンダZR-V価格

 

■ZR-V 1.5Lターボ

・ZR-V “X” FF   2,949,100円/4WD   3,169,100円

・ZR-V “Z”  FF  3,548,600円/4WD   3,768,600円

■ZR-V 2.0Le:HEV

・ZR-V e:HEV “X”  FF  3,298,900円/4WD  3,518,900円

・ZR-V e:HEV“Z”    FF   3,899,500円/4WD   4,119,500円

ホンダZR-V

 

新型ホンダZR-V燃費、ボディサイズなどスペック

<グレード: X >

全長x全幅x全高(mm) 4,570x1,840x1,620

ホイールベース(mm) 2,655

定員(名) 5

車両重量(kg)  1,460 (4WD 1,520)

エンジン型式  L15C

エンジン 水冷直列4気筒横置

総排気量(cc) 1,496

最高出力(kw[ps]/rep(EEC)) 131[178]/6,000

最大トルク(Nm[kgm]/rpm(EEC)) 240[24.5]/1,700~4,500

燃料消費率WTLCモード(km/ℓ)  14.6 (4WD 13.9)

駆動方式  FF (4WD)

最小回転半径(m) 5.5

トランスミッション 無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)

タイヤ 225/55R18 98H

<グレード: e:HEV X >

全長x全幅x全高(mm) 4,570x1,840x1,620

ホイールベース(mm) 2,655

定員(名) 5

車両重量(kg)  1,560 (*4WD 1,610)

エンジン型式  LFC

エンジン 水冷直列4気筒横置

総排気量(cc) 1,993

最高出力(kw[ps]/rep(EEC)) 104[141]/6,000

最大トルク(Nm[kgm]/rpm(EEC)) 182[18.6]/4,500

燃料消費率WTLCモード(国土交通省審査値)(km/ℓ)  22.1 (4WD  21.7)

駆動方式  FF (4WD)

最小回転半径(m) 5.5

トランスミッション 電気式無段変速機

タイヤ 225/55R18 98H

<e:HEV駆動用主電池>

種類  リチウムイオン電池

電動機型式  4H

最高出力kw[PS]/rpm  135[184]/5,000~6,000

最大トルクN・m[kgf・m]/rpm  315[32.1]/0~2,000

 

【関連記事】

【オススメ記事】