【日産 ムラーノ 試乗記】オリジナリティあふれるデザインと上質さがさらにブラッシュアップ[CORISM] [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2008/08/19

世界市場をターゲットにした高級SUVへと進化した

日産 ムラーノ リヤビュー

ボディサイズはひと回り拡大されたが、その多くはデザインに振り向けられている。そのため、より立体的でムラーノらしいフォルムとなって生まれ変わった。

 初代日産 ムラーノは本来、アメリカ市場向けの専用モデルとして作られたクルマだったが、少しでもラインナップを拡充しようと日本や世界各国に展開したところ、それなりの売れ行きを示したため、今年登場した2代目モデルは当初から世界市場をターゲットにした上級SUVとして開発が進められた。
 日産ではFFの上級車用のDプラットホームと呼ぶ新しいプラットホームを開発しており、国内向けとしてはティアナに続いてこの新プラットホームが採用された。
 ただ、基本はあくまでもアメリカ向けで、従来から大きかったボディサイズは今回のフルモデルチェンジでさらに大きめになった。ホイールベースこそ従来と変わらないが、全長や全幅、全高は少しずつだが大きくなった。

従来のムラーノらしさを受け継ぎながら新鮮さもプラスしたデザイン

日産 ムラーノ フロントマスク

ボディサイズの拡大分は、ほとんどがデザインに振り向けられている。ヘッドライトやフロントグリルは存在感が高く、ムラーノらしさを演出することに成功している。

 従来のモデルもアメリカ市場で競合するトヨタ ハリアー(現地名レクサス RX)より大きかったが、アメリカ市場ではこのサイズでも特に大きいほうではなかった。なので、さらに大きくしてきたわけだが、さすがに日本では大きすぎる印象のほうが強い。
 サイズの余裕はデザインに大きく振り向けられ、印象的で存在感のある曲線や曲面で構成されたアート感覚のデザインとされた。サイドウインドーのグラフィックなどは従来のモデルのイメージを継承しており、ムラーノらしさを維持しながら新鮮なデザインに仕上げている。
 このデザインのほか、スポーティかつ快適性の高いドライビング、上質な室内空間などが新型ムラーノの基本コンセプトと評価していい。
日産 ムラーノ フロント

旧型のイメージを受け継ぎつつ、新世代のムラーノにふさわしい新鮮さと存在感を兼ね備えたデザインが非常に印象的だ。

日産 ムラーノ リヤ

立体的な面構成で独特の雰囲気を醸し出している。アート感覚のデザインはとても個性的で、見るものを引きつけてくれる。

日産 ムラーノ リヤコンビランプ

リヤコンビランプは立体的なボディの曲面にも違和感なくとけ込んでいる。質感の高さもムラーノの車格にふさわしいもの。

ゆったり広々した室内空間を確保している

日産 ムラーノ インテリア

明るい内装色のおかげもあり、広々感たっぷりのインテリア。高級SUVにふさわしい質感も備えている。

 ボディサイズが大きくなった割に室内空間は特に大きくなっていない。というかカタログ上の数値はわずかながらだが、微妙に小さくなっている。もちろん室内が狭くなったような印象は全く受けないし、基本が大柄なボディなので室内空間の余裕は十分である。
 3列シート車の設定はなく、全車とも2列シートにすることで、前後の席にゆとりの空間が確保されている。前席はもちろんのこと、後席に座ってもゆったりくつろげる感じだ。
 運転席に座ったときに受ける全体的な印象は高級SUVらしい高いクォリティだ。全体的なボリューム感や手に触れる部分の柔らかな感触などが、その質感を支えている。センターコンソール、アームレスト、ドアトリムなど、それぞれが選ばれた素材と優れた触感を備えている。たっぷりしたサイズのシートが包み込むように支えてくれるのも心地好いと評価できる。
日産 ムラーノ フロントシート(ファブリック)
日産 ムラーノ フロントシート(本革)
日産 ムラーノ リヤシート(ファブリック)

あえて3列シート車を設定せず、ゆとりの室内空間を実現している。本革シート(写真中央)の手触りもよく、高級感も文句なしのレベルだ。大人3人が乗っても十分なスペースが確保されている。足元や頭上の空間にもかなり余裕が感じられる。

快適装備はもちろん安全装備の充実ぶりも文句なしの評価だ

日産 ムラーノ メーター

大きなスピードメーターを中央に配置し、非常に見やすい。メッキのメーターリングが高級感をプラスしている。

 快適装備は全車にバイキセノンヘッドライトが装備されるほか、上級グレードのXV系には前席にパワー機構を備えた本革シートが標準となるなど、全体に装備のレベルは高評価だ。安全装備も全車にSRSサイド&カーテンエアバッグが標準となるほか、横滑り防止装置のVDCやEBD付きABSなども全車に標準で、現在の時点では万全ともいえる仕様が用意されている。
日産 ムラーノ シフトレバー(3.5リッター車)
日産 ムラーノ ラゲッジ
日産 ムラーノ ラゲッジ

ミッションは全車CVTを採用している。3.5リッターモデル(写真)は、マニュアルモードが装備され、スポーティな走りを楽しめる。ラゲッジスペースはフロアもフラットで、使い勝手はとてもいい。リヤシートを倒せばこのように広いスペースが現われ、かなり大きな荷物も余裕で積み込むことができる。

2.5リッターモデルでも十分満足できる走りを披露する

日産 ムラーノ 走り
 搭載エンジンはV型6気筒3.5リッターと直列4気筒2.5リッターの2機種。ともにエクストロニックCVTと組み合わされ、3.5リッターエンジン用はマニュアルモードを備えたエクストロニックCVT-M6となる。全車ともオールモード4×4-iを採用するフルタイム4WD車だ。
 まず2.5 リッターエンジンの搭載車に試乗したが、基本的にはこれで十分という印象。試乗したのがきついアップダウンの峠越えを含んだ軽井沢地区の山道だったため、急な登りのシーンではもう少しパワーが欲しいという気持ちにもさせられるが、そうした極端な状況でなければ重量級のボディながらも2.5リッター車で十分だし、価格的にもこちらがお勧めである。
 エクストロニックCVTは滑らかに変速してくれるが、2.5リッター車にはマニュアルモードが備えられていないため、これがやや物足りないところ。2.5リッター車にもエクストロニックCVT-M6を設定して欲しい。
日産 ムラーノ 2.5リッターエンジン
日産 ムラーノ 3.5リッターエンジン
日産 ムラーノ 走り

ムラーノに搭載されるエンジンは2.5リッター直4(写真左)と3.5リッターV6の2種類。よほどのことがなければ2.5リッターでも十分な動力性能を発揮するので、燃費や価格などを考えればこちらがオススメだ。

快適性としっかりした走りを両立させた足まわりのセッティング

日産 ムラーノ 走り
 足回りは乗り心地の良さを確保しながらも、SUVらしいしっかり感のある走りを実現している。アイポイントが高めなSUVなのでコーナーでのロール感は大きめに出るものの、安定感そのものはスポイルされない。
  3.5リッターエンジンの搭載車は動力性能的な余裕も十分。大柄なボディのSUVで4WDなので、車両重量は1800kgを超えるが、それをものともしない加速を示す。峠の急坂も余裕でこなす実力だ。SUV用の味付けでチューニングされて260ps(191kW)に抑えられているとはいえ、日常的には過剰といえるくらいの動力性能だ。こちらはマニュアルモード付きのエクストロニックCVT-M6なので、積極的にレバーを操作して運転を楽しむこともできる。
日産 ムラーノ 18インチホイール(XLグレード)
日産 ムラーノ 18インチホイール(XVグレード)
日産 ムラーノ 走り

全車18インチのアルミホイールが標準装備。上級グレードのXV(写真中央)は、デザインこそ同じだが金属調塗装が施された専用タイプとなる。

●お勧めグレード

日産 ムラーノ 走り
 大柄なボディのSUVなので選ぶユーザーは限られると思うが、買うなら250XV FOURがお勧め。250XL FOURなら42万円も安いが、本革パワーシート、プラズマクラスターフルオートエアコン、スタイリッシュガラスルーフなどが装備されなくなる。高級 SUVとしてムラーノを選ぶなら、XL系ではなくXV系がお勧めだ。エンジンは3.5リッターではなく2.5リッターで良いと思う。250XV FOURにカーナビなどをオプション装着すると、車両価格は軽く400万円を超えるが、ムラーノはそうした予算で買うクルマなのだ。

代表グレード 日産 ムラーノ 250XV FOUR
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4825×1895×1730mm
車両重量[kg] 1790kg
総排気量[cc] 2488cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 170ps(125kw)/5600rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 25.0kg-m(245N・m)/3900rpm
ミッション CVT
10・15モード燃費[km/l] 11.0km/l
定員[人] 5人
税込価格[万円] 357.0万円
発売日 2008/9/29
レポート 松下宏
写真 佐藤靖彦

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】