CORISMトップ特集・コラム一覧生活・文化 > ★高浦めぐみのロードスター チ...

★高浦めぐみのロードスター チューニングストーリー★
第4弾!〜BLITZ(ブリッツ)の車高調でシャコタンにするぞっと!〜車高調評価・走行編「より自分好みのクルマになって、もっとクルマに乗るのが好きになった!」

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【生活・文化】2016/07/24

ブリッツの車高調ひとつで、毎日、クルマに乗ることが楽しみに!

高浦めぐみ ブリッツDAMPER ZZ-R NC型マツダ ロードスター
車高調は乗り心地が悪くなるというイメージとは逆に、やや古くなった足回りがリフレッシュされたことにより、乗り心地も向上。32段階調整式の減衰力調整で、色々なシーンに対応できるのもブリッツDAMPER ZZ-Rの魅力だ
みなさん、こんにちは!
今回も始まりました!高浦ロードスター チューニング ストーリー( ´ ▽ ` )ノ
この記事が最終回です・・・

なんか、寂しいような・・・。
いやいや、これ終わっても色々書きますけどね!(笑)


さてさて、前回の記事で無事、BLITZさんでの車高調 取り付けを終了した
高浦のロードスターですが、う〜ん、そりゃあもう・・見た目もかっこよくなって、

し・あ・わ・せ♡


まず、ブリッツ の車高調を入れて変わったのはもちろん見た目や乗り心地もそうですが、
なにより毎朝の通勤やおでかけ、とにかく車に乗ることが楽しみで楽しみで!

つまりは、

「あぁ〜、今このカーブを曲がってきたところを前から見たらかっこいいんだろうなぁ」とか、
駐車場に止まっているちょっと車高が落ちた自分のクルマを見ては「これが私のロードスターなんだぁ〜」

なんて、優越感に浸っているんです(笑)親バカです(笑)

乗り心地も良くなり、街乗り・通勤も楽しい!!

高浦めぐみ ブリッツDAMPER ZZ-R NC型マツダ ロードスター
NC型ロードスター用ZZ-Rの価格は156,600円。フロント:-80~-35㎜、リヤ:-50~-10㎜の間で車高を調整可能
今回取り付けしてもらったブリッツ「ZZR」の車高調は、サーキット走行だけではなく街乗りでも乗りやすく楽しいと説明していただきました。

どんな感じかというと、マンホールやコンビニの入り口の段差などに乗り上げた時、普通はガンガンとした突き上げられるような乗り心地だったのですが、トントンといった乗り味に変わってちょっとマイルドになった印象です。

ノーマルの足がヘタっていたこともあるのですが、車高調=乗り心地悪化というイメージがあり、ある程度覚悟していたので、ちょっと拍子抜けでしたけどw いい意味で、期待を裏切ってくれました!

そして、街中でより良く曲がるようになりました。ちょっとしたカーブや曲がり角もさらにクイックな動きに!

ロードスターはもともと、よく曲がる車だなというイメージですが、それがさらにさらに

きゅきゅっと曲がるので、ちょっとビックリしましたが、街中の交差点さえ曲がるのが楽しくなりました!

しばらく乗った後、減衰調節は、街乗り通勤用ということで、やや柔らか目の設定にしました。初期設定の16から19へ柔らか目に設定!

3段階変わると運転していてもしっかりと変化が体でわかるので、車高調初心者でも楽しいです!

32段階も調整できるので、色々試しながら私の好みに合わせてみようと思います。

車高調の調整ひとつで、ドンドンと自分好みになっていく愛車に乗っていると、また一つクルマとの距離が縮まった感覚に! 幸せです!!
高浦めぐみ ブリッツDAMPER ZZ-R NC型マツダ ロードスター
フェンダーとタイヤの隙間が減り、スタイリッシュなスタイルになったものの、新たな課題も・・・
高浦めぐみ ブリッツDAMPER ZZ-R NC型マツダ ロードスター
車高が落ちたことで、タイヤはやや内側に入った。ツライチ感を出すためには、もう少しホイールを外に出したいというのが、今後の課題
高浦めぐみ ブリッツDAMPER ZZ-R NC型マツダ ロードスター
チラリと見える赤い車高調に萌えるのだとか・・・。それを車高調チラリズムと呼んでいる・・・

高浦、箱根の山で愛車と戯れる! 楽し過ぎ!!

高浦めぐみ ブリッツDAMPER ZZ-R NC型マツダ ロードスター
ハイスピードの峠では、やや減衰力を高めロールスピードを抑えたセッティング。その結果、よりダイレクト感あるステアリングフィールになり、乗りやすさも増した
せっかくだし街乗り以外でも乗り心地を試さないと!
ということで、私は箱根へレッツラゴー!

路面は完全ドライ!お日さま良好!ロドたんかわいい!(笑)
最高の3拍子が揃ったところで、早速、編集長を乗せて出陣!

箱根での走行ということもあり、32段階減衰力調整式の車高調ブリッツDAMPER ZZ-Rのセッティングを早速変更!

街乗りセッティングのやや柔らか目から、やや硬めに変更しました。19段目からイッキに6段階硬めとなる13段目へ。箱根を楽しく走るために、減衰力を変えられるなんて素敵すぎる! さすが車高調!!

さて、今回も編集長にどやどや言われながら・・・いや、しっかりとしたドライビングテクの基本を教えていただきながらの走行です。車高調を入れたことで、変化が出たところなどをお勉強してきましたよー!

まず、長~いストレートを加速していくと、ふとあることに気付きました!
いままでは、ある程度速度が上がると、グラグラと少しの段差でも暴れていた車体が、ピタッと安定しているんです。車高調が入って重心が下がったことや、サスペンションの路面追従性が良くなっていて、とっても安定しているんです!

そのまま、カーブへ突入!

じわじわ減速しながら曲がっていくと、さっそく

「しっかりブレーキ踏んで!グッと! 前タイヤに荷重をかけてグリッと曲がれるように姿勢を作るんじゃぁ!!!」

はい、すみません編集長。

次は頑張ってグッとブレーキを踏んでカーブ!

ううっ、何かタイヤがゴリゴリいってる感じがステアリングを通して手に感じます!

何度か練習していると、ちょっと違いが感じられました。街乗りでも感じたとき以上に、クルマの動きがクイック! クルマのノーズがスイッと入っていく感じです。

同時に、クルマの傾くスピードも少しゆっくりになったので、ちょっと乗りやすくなったかも! 減衰力を高めた効果ですかね。

純正のときよりも、より早い速度でカーブに入れた気がします
感動!感動!

以前より、クルマが綺麗に曲がってくれる感覚は、まさに快感♡

車高調の効果に感動しながら走っていると、たまたまツーリングの下見に来ていたというロードスターオーナーの皆様と遭遇。

「かっこいいね〜」

なんて言われちゃって、私もご満悦♡

憧れの流し撮りもしちゃったりして、箱根での走行は終了。

最後まで読んでいただいたみなさま!

高浦めぐみ ブリッツDAMPER ZZ-R NC型マツダ ロードスター
どうですか?

稚拙な文章でしたが、車高調、欲しくなっちゃった方いるんじゃないんですか?(笑)

もしくは、ちょっと車高調が気になってきた方や車高調購入の参考にしていただいたら嬉しいです!

最初は、ただ車高ダウンが目的みたいなところがありました。車高ダウンだけでなく、乗り心地を犠牲にせずに、より走りが楽しめるようになるなんて! 車高調最高ぉーーーー!

高浦は、車高調を入れただけですが、自分だけのクルマ感が増して、ますますロードスターが好きになりました。

まだまだ、チューニングとか分かりませんが、おもしろいですよ!

それでは!

BLITZ / DAMPER ZZ-R 解説動画

【関連記事】

(レポート:高浦めぐみ

【オススメ記事】