CORISMトップタグ > スカイライン

タグ
: スカイライン

記事数: 27件
前 | 1 | 2 | 3 |
日産4WD車雪上・氷上試乗評価
滑りやすい路面で、意外なほどの実力を発揮したリーフ&ノートe-PO...

日産4WD車雪上・氷上試乗評価
滑りやすい路面で、意外なほどの実力を発揮したリーフ&ノートe-POWER

『見事なモーター制御で、雪道も苦にしないリーフとノートe-POWER』  長野県中部にある女神湖は、標高1,500mの高原にある静かな湖。この静かな湖は、冬になると多くのクルマ好きが集まり騒がしくなる。目的は氷上をドライブする事。私もその1人であり通勤圏内? に住んでいるので20年前から氷上走行に通っている。  今回の目的は、その女神湖を会場とした「日産オー...
【日産】2017/03/01
富士の裾野に響く爆音!! 「SSCT30周年&第8回35GT-R club全国ミーティング」

富士の裾野に響く爆音!! 「SSCT30周年&第8回35GT-R club全国ミーティング」

『『GT-R』この名を冠した者たちが集う年末最強のイベント』  すでに昨年の話になるのですが(時間が経つのは本当に早い)12月最後の大イベントに出張絵描きとして行っておりました。すべてのGT-Rが一同に会するR'sミーティング。  主催は、日産ではなくクラブが合同で開催、つまりはメーカーではなくClubイベントなのであります。ですから主催は、スカイラインGT...
2016/02/14
日産スカイライン長期評価レポート Vol.9
日産スカイライン・ハイブリッドで省エネ走行にチャレン...

日産スカイライン長期評価レポート Vol.9
日産スカイライン・ハイブリッドで省エネ走行にチャレンジ!「世界最速のハイブリッド」を標榜する車の燃費はどこまでのびる!?

『懲りないコリズムのエコラン修行、企画第3弾スタート!』  今年(第35回)の日本カー・オブ・ザ・イヤーで「10ベストカー」の1台に選ばれた新型日産スカイライン。2014年2月に3.5Lのハイブリッド車として発売され、その後メルセデス・ベンツ製の2.0Lターボエンジンを積んだガソリン車も追加されて、日産の高級車として好調なセールスを記録しているとのこと。  ...
2015/02/27
日産スカイライン長期評価レポート Vol.8
日産、スカイラインに絶対の自信!? 「アンチ スカイ...

日産スカイライン長期評価レポート Vol.8
日産、スカイラインに絶対の自信!? 「アンチ スカイライン」を掲げる一般人に「文句があるなら、試乗してから言ってみろ!?」【日産スカイライン乗らず嫌い試乗会レポート】

『新型スカイラインに不満をもつユーザーと開発陣がガチバトル!「クルマは乗ってみないとわからない。辛口ユーザーの試乗後の評価はどう変わったのか!」』  2014年2月より販売開始した新型日産スカイライン。そのスカイラインに関する記事を日産自動車の公式Facebookに掲載する度に、「高すぎる」、「スカイラインにハイブリッドはいらない」といった辛辣なコメントが多く寄せ...
2015/02/26
日産スカイライン長期評価レポート Vol.7
「スカイラインは、優しいスポーツマン!?」19歳、ク...

日産スカイライン長期評価レポート Vol.7
「スカイラインは、優しいスポーツマン!?」19歳、クルマ好き女子が新型スカイラインの魅力をレポート

『R32スカイライン好き19歳女子が、新型スカイライン ハイブリッドとターボの試乗レポート!』  こんにちは、海野良子です! ようやく免許を取得し1年が経ちました。初心者マークこそ付けなくてよくなりましたが、まだまだ初心者のようなものです。そんな私ですが、新型日産スカイラインに試乗させていただける機会を得ました!  新型スカイラインに試乗するのは、これで2回...
2015/02/25
日産スカイライン長期評価レポート Vol.6
「普段、毎日乗るなら絶対ハイブリッド! 体感したこと...

日産スカイライン長期評価レポート Vol.6
「普段、毎日乗るなら絶対ハイブリッド! 体感したことのない独特の加速フィーリングに感動です」一般男性がスカイラインを評価する!

『BMWやポルシェと高級車を乗り継いできたクルマ好きは、新型スカイラインをどう評価する?』 ■日産スカイラインに試乗した一般男性プロフィール お名前:寺田佳史 年齢:58歳 職業:会社役員 ■車歴、スカイラインへの想いは?  走ることが好きなので、スポーツカーが好きです。現在はポルシェ911ターボに乗っています。その他、つい最近まで、クリーンディーゼ...
2015/02/17
日産スカイライン長期評価レポート Vol.5 
世界最速のハイブリッドの燃費は? ECOペダルと自...

日産スカイライン長期評価レポート Vol.5
世界最速のハイブリッドの燃費は? ECOペダルと自分の足、どちらが低燃費かチェックする!

『低燃費でスポーティなスカイラインのハイブリッドシステムとは?』  日産スカイライン ハイブリッドは、3.5Lエンジンにモーターを組み合わせ364psというシステム出力をもつ。このパワフルなハイブリッドシステムにより、日産自らが世界最速と標榜するほど圧倒的な動力性能が魅力のひとつでもある。  動力性能だけでなく、ダイレクト感があるスポーティなフィーリングも特...
2015/02/03
日産スカイライン長期評価レポート Vol.4
次世代2.0Lターボの実燃費をチェックする! なんと...

日産スカイライン長期評価レポート Vol.4
次世代2.0Lターボの実燃費をチェックする! なんと、16.7㎞/Lを記録! カタログ値の約30%アップ

『V6 3.5L車並みの大トルクを発揮する350Nmを発揮する2.0L次世代ダウンサイジングターボを搭載』  日産スカイラインは、まずハイブリッドがデビューし、その後やや遅れて直噴2.0L直4ターボモデルである200GT-tが投入された。最新の低燃費パワーユニットを2つもっていることが、新型スカイラインの特徴でもある。  国産のライバルとなるレクサスISは、...
2015/01/24
日産スカイライン長期評価レポート Vol.3 
最速ハイブリッドと次世代ターボ、どちらを選ぶ? ス...

日産スカイライン長期評価レポート Vol.3
最速ハイブリッドと次世代ターボ、どちらを選ぶ? スカイライン購入ガイド

『スカイラインブランドは健在! 販売目標の約5倍も売れる人気車となった』  日本を代表するGTカー日産スカイラインは、成長に成長を重ねた結果、今や日本よりもアメリカや中国のインフィニティチャンネルで販売されるQ50をメインに開発されるクルマになった。日本用のスカイラインがメインでなくなったのは、日本人として残念なところだが、市場規模や販売規模が違うのだから、止むを...
2015/01/08
日産スカイライン200GT-t新車試乗評価
想像以上に軽快! 日産が手を加えたメルセデス・ベンツ製...

日産スカイライン200GT-t新車試乗評価
想像以上に軽快! 日産が手を加えたメルセデス・ベンツ製エンジンのお味は?
なぜ、メルセデス・ベンツより燃費が悪いのか? その理由とは?

『燃費より成層燃焼リーンバーンをやめて、レスポンス重視! これが日産の味!』  日産は、新型スカイラインに高出力・低燃費・軽量なターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載した「スカイライン200GT-t(次世代ターボ車)」を追加し、6月5日より発売を開始する。  今回新型スカイライン200GT-tに搭載されたパワーユニットは、メルセデス・ベンツ製の2.0L直...
【日産】2014/07/17
前 | 1 | 2 | 3 |