「ポロの立場が無い? かなり買い得感のある特別仕様車テックエディション登場!」フォルクスワーゲン ゴルフ新車情報・購入ガイド

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【VW】2018/04/24

フォルクスワーゲン ゴルフ

上級装備が標準装備化され、価格アップを大幅に抑えた特別仕様車ゴルフ「テックエディション」

フォルクスワーゲンは、多くの自動車メーカーがベンチマークしているCセグメントのコンパクトカー「ゴルフ」に特別仕様車「テックエディション(Tech Edition)」を設定し発売を開始した。

この特別仕様車ゴルフ「テックエディション」には、上級装備であるデジタルメータークラスターや純正ナビゲーションなどが標準装備化され、価格アップを抑えたお買い得車となっている。

フォルクスワーゲン ゴルフ試乗記・評価一覧
フォルクスワーゲン ゴルフ新車情報・購入ガイド一覧

輸入車初、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した超実力派コンパクトカーが7代目ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフ現行フォルクスワーゲン ゴルフは、2013年にデビューし7代目となった。7代目ゴルフも、ボディサイズが拡大され、全幅はついに1,800mmとなった。日本で使う上で全幅1,800㎜というサイズは、もはや限界値といえるもの。それは、日本の都市部に多い立体駐車場の全幅制限ギリギリなのだ。コンパクトカーなのに、立体駐車場に入らないといのでは、使い勝手という面で疑問符が付く。しかも、1,800㎜という全幅は、高級セダンであるクラウンと同じ。狭い道でのすれ違いなどでは、それなりに気を使うサイズなのだ。

ボディの大きさはともかく、走行性能はライバル車を圧倒する。乗り心地やハンドリング性能は極めて高い。Cセグメントのコンパクトカーナンバー1と言われ、誰もがその実力に唸るほどだ。

また、荷室や室内も広く実用性は十分。しかも、ひと目でゴルフと分かる歴代モデルの歴史を感じさせながら、洗練されたマジメなデザインをもつ。最近はデザイン重視で荷室や室内スペースが軽視される傾向があるが、ゴルフは実用性とデザインを見事に両立している。世界中のメーカーが、ゴルフをベンチマークするのは当然だろう。そんな実力が日本でも高く評価され、2013-2014年日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。ゴルフは初めて輸入車で日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞した。

また、ゴルフは年々進化するのも特徴。毎年のように改良が加えられ、ゴルフのパフォーマンスは年々向上する。そのため、モデル末期になっても、クラストップレベルの実力をもつ。フォルクスワーゲン ゴルフ

国内フォルクスワーゲン車販売の約半数を占める基幹車種がゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフは、単一車種として日本で一番売れている輸入車だ。そのため、日本のフォルクスワーゲンにとっての基幹車種。

2017年度のフォルクスワーゲン全体の販売台数は、約4.8万台となった。その内、ゴルフは約2.3万台を占める。つまり、日本でのフォルクスワーゲン車の内、約半分がゴルフの販売台数なのだ。かなり、ゴルフに偏った販売状況といえる。こうなると、ゴルフの販売台数が落ちると、フォルクスワーゲン全体の販売台数が大きく左右されることになる。

一般的に、モデル末期になると販売台数は大きく落ちていく。これは、仕方の無いこと。ただ、国内のフォルクスワーゲンにとって、ゴルフの販売台数ダウンは、会社の販売台数を大きく落とすことになる。こうした状況は、絶対に避けたいところ。モデル末期でも、販売台数を落とさないことが重要視される。そこで、モデル末期になってきたゴルフの販売台数を死守するために今回投入されたのが、特別仕様車テックエディションシリーズということになる。

 

 

豪華装備を装備しながら、価格アップを抑えたお買い得車がテックエディション

フォルクスワーゲン ゴルフゴルフ特別仕様車テックエディションは、上級グレードのハイライン、中間グレードのコンフォートラインの2グレードに設定された。

プラスされた共通装備には、魅力的な高級装備がずらりと並ぶ。プラス装備されたのは、
・デジタルメータークラスター“Active Info Display”
・Volkswagen純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”
・モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”

注目は、やはりActive Info Display。これは、なかなか魅力的な装備。12.3インチ大型ディスプレイによるフルデジタルメータークラスターで、高解像度ディスプレイには速度計とタコメーターに加え、好みに合わせて数種類のモードから選択したグラフィックを表示。見た目のカッコよさに加え、ナビ画面もメーター内に表示できるので、視線移動も少なくなり安全性も高くなる。ハイラインにのみオプション設定されいた装備で、コンフォートラインには設定されていなかったので、オプションで装着することもできなった。

Discover Proは、ナビゲーション機能などを含む車両を総合的に管理するインフォテイメントシステム。残念なのは、走行中扱いにくいタッチスクリーンであること。ただ、指先を注視しなくていいように、手のひらを画面にかざして左右にスワイプするだけで画面操作を行えるジェスチャーコントロールが採用されている。

Volkswagen Car-Net”は、Discover Proに付帯するサービスで、テレマティクス機能がプラスされている。オンラインVICSにより、交通情報を正確に捉え、より高い精度でナビゲーションが可能となった。

フォルクスワーゲン ゴルフまた、より便利な音声での施設検索もできる。音声による操作は、画面を見なくて済むので、安全面でも今後期待される機能だ。さらに、より詳細なリクエストにも対応。周辺の交通情報や駐車場の空き情報などをリアルタイム表示。古いデータではなく、リアルタイムという点がメリットとなる。より確実で多彩な情報でドライブをサポートしてくれる。この装備もハイラインにのみオプション設定。コンフォートラインには、設定さえなかった装備だ。

さらに、コンフォートラインには、オプションだったLEDヘッドライト、また今までは設定の無かった225/45R17タイヤ+アルミホイール(10スポーク)が装備プラス装備された。グレード名こそ、コンフォートラインだがテックエディションになると、もはやハイラインを超える充実装備といえるレベルになっている。

そして、ハイラインには、オプション設定だったダイナミックライトアシスト/ダイナミックコーナリングライト、LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)をプラス装備。従来同様の225/45R17タイヤだが、5ダブルスポークのアルミホイールに変更されている。

 

 

圧倒的な買い得感ある特別仕様車ゴルフ テックエディションの価格は?

フォルクスワーゲン ゴルフこれほど豪華装備が標準装備された特別仕様車ゴルフ テックエディション。価格は激安といえるもので、非常に優れたコストパフォーマンスをもつ特別仕様車になった。

まず、コンフォートライン テックエディションが2,999,000円。ハイライン テックエディションの価格が3,499,000円という設定。ベース車に対して、特別仕様車のコンフォートラインは20万円アップ、ハイラインは18万円のアップとなっている。

結構な価格アップになっているように感じるかもしれないが、その内容を細かく分けてみると、かなり勝負に出た価格になっているのことが分かる。一言でまとめると、ゴルフ テックエディションはかなりお買い得だ。

まず、ナビ関連Discover Proのオプション価格が約23万円。Active Info Displayは約17万円。なんと、この2つのオプションだけで約40万円分になる。さらに、LEDヘッドライトは11万なので、コンフォートライン テックエディションは、ざっくり51万円分のオプションが装備されている。しかし、価格アップは20万円なので、31万円分お得になっているという計算になる。さらに、17インチホイールが装備されるので、実際にはさらにお得だ。

同様の計算をしてみると、ハイラインでは約22万円分以上お得になる。

レギュラーガソリン仕様に変更するなど、より日本に合った仕様にすることも必要

フォルクスワーゲン ゴルフ例えば、コンフォートライン テックエディションの価格は約300万円。装備を考えると、かなり買い得感がある。ゴルフは、プリウスと競合になるケースが多いというが「どうしてもハイブリッド車じゃなければダメ」というのでなければ、テックエディションという選択肢もありだ。豪華装備が標準装備されているので、非常に満足感も高い。世界トップレベルの実力をもつモデルなんで、これくらいコストパフォーマンスが上がれば、積極的に購入リストに載せてもいいだろう。

ただし、ゴルフは輸入車といこともあり、燃料はハイオクガソリンになる。そのため、燃費性能は良いのだがハイオク仕様なので、燃料費はやや高めとなる。

日本では、車両価格の高いハイブリッド車が人気だ。車両価格よりランニングコストも重要視される。こうなると、ハイオク仕様では分が悪い。とくに、ゴルフは日本マーケットで最も売れている輸入車であることを考えれば、フォルクスワーゲンもハイオク仕様をレギュラーガソリン仕様に変更して導入するくらいの対応が必要だ。日本メーカーは、国内でハイオク仕様が嫌われていることを理解しているため、欧州などでハイオク仕様で売っているモデルもレギュラーガソリン仕様に変更して日本マーケットに導入しているくらいだ。

ゴルフがこれだけお買い得だと、新型ポロが売れなくなる?

フォルクスワーゲン ゴルフまた、特別仕様車ゴルフ テックエディションのコストパフォーマンスが高いため、ポロとのカニバリが発生する可能性も高い。

新型ポロ ハイラインの価格は265万円から。これに、ナビ関連Discover Pro約23万円を加えると288万円になる。この状態で、ポロにはActive Info Displayは装備されていない。もし、Active Info Displayの価格がゴルフと同様となる約17万円と仮定すると約305万円になる。

この時点で、なんとゴルフ  コンフォートライン テックエディションより高価になってしまうのだ。こうなると、ひとクラス上のゴルフ テックエディションが非常に魅力的に見えてくる。フォルクスワーゲンファンにとっては、うれしい悩みとなるかもしれないが、フォルクスワーゲンとしては、ポロが売れずにゴルフばかりが売れるという販売面のゴルフ一本足打法が際立つことになる。フォルクスワーゲンの営業としは、車種別販売比率を分散化したいところだが、目の前の販売台数も重要ということもあり非常に難しい選択となっただろう。

 

 

フォルクスワーゲン 特別仕様車ゴルフ テックエディションの価格と装備

TSI Comfortline Tech Edition (TSI Comfortlineをベースに以下の専用装備を採用)

・デジタルメータークラスター“Active Info Display”
・Volkswagen純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”
・モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”
(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform”)
・LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ、LEDターンシグナル)
・225/45R17タイヤ/7Jx17アルミホイール(10スポーク)
・全国希望小売価格(税込):¥2,999,000

Golf TSI Highline Tech Edition (TSI Highlineをベースに以下の専用装備を採用)

・デジタルメータークラスター“Active Info Display”
・Volkswagen純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”
・モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”
(コネクティビティ機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform”)
・ダイナミックライトアシスト/ダイナミックコーナリングライト
・LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)
・225/45R17タイヤ/7Jx17アルミホイール(5ダブルスポーク)
・全国希望小売価格(税込):¥3,499,000

フォルクスワーゲン ゴルフ試乗記・評価一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ新車情報・購入ガイド一覧

【関連記事】

【オススメ記事】