CORISMトップレビュー一覧スズキ > スズキ エブリイワゴン試乗記・...

スズキ エブリイワゴン試乗記・評価
徹底的に使い倒してこそ価値がある軽1BOX

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【スズキ】2016/04/08

多彩な使い方ができる仕掛けが満載!

スズキ エブリイワゴン
 スズキエブリイワゴン は、いわゆる1BOXワゴンタイプ軽自動車 だ。最近の軽自動車はワゴンR などのハイト系 に加え、スペーシア などの超ハイト系のモデルの売れ行きが好調で、1BOXタイプの軽自動車は存在意義が薄れているようにも思える。でも、軽自動車の1BOXワゴンには独自のマーケットがあって、台数は多くはないが安定した売れ行きを続けている。

 軽自動車の1BOXワゴンを買うユーザーは、渓流釣りなどに出かけて車中泊をするような人や、アウトドアレジャーのために遊び道具をいっぱいに積んで出かける人など、エブリイワゴンの広い室内空間と使い勝手を有効に使うタイプの人が多い。そうしたユーザーのために、外せないクルマなのだ。

 スズキ エブリイは、1BOXワゴンらしく室内空間が広い。2240mmの室内長は軽乗用車でトップの数値だし、1420mmの室内高や1335mmの室内幅も余裕のある数値を得ている。しかも、前後席の間隔が1080mmと広く、後席のシートは180mmのスライド量があって、後席にも大人がゆったり座れるだけの広さがある。この広さがエブリイの最大の魅力のポイントである。

 後席は分割可倒式で、背もたれを倒すとたっぷりと荷物が積め、助手席の背もたれも倒せば、1人または前後に2名乗車で長尺物が積める。あるいは後席の背もたれを片側だけ倒して3名乗車とたくさんの荷物というように、多彩なシートアレンジによって、さまざまな使い勝手を実現できるのだ。

 さらに、ラゲッジスペースには上下左右に10カ所のユーティリティーナットが配置され、上下2段のラゲッジボードステーも設けられているなど、徹底して使える仕様にこだわった設定がなされている。

 ベースとなるのは、商用車のエブリイバン だが、エブリイワゴン は乗用車ナンバーの付く1BOXワゴンらしく快適装備の充実度も高い。ワンアクションで開閉が可能なパワースライドドアを始め、電動オートステップ(最上級グレードのPZターボスペシャルのみ標準装備)、キーレスプッシュスタートなどが装備されている。商用車としてのバンがベースなので、クルマとしてのタフネスさは折り紙つき。徹底して使い倒してこそ意味のある軽1BOXといえる。
スズキ エブリイワゴン
スズキ エブリイワゴン
スズキ エブリイワゴン
スズキ エブリイワゴン

バンより、やや高級感が増したデザインに、パワフルなターボエンジンを搭載

 外観デザインは、見るからに四角い1BOXタイプだ。衝突安全への対応などからフロント部分に小さいノーズを持つので、正確には1.2BOXなどと呼ぶべきなのかも知れない。ほとんど傾斜のないAピラーや直立したCピラーなどは、いかにも豊かな室内空間を連想させるものになっている。ボディサイドのキャラクターラインは直線的で、クルマを大きく見せる効果を出している。このほか、フロントフードのメッキガーニッシュやメッキグリルなどが独特の存在感を主張する。

 クルマの後部には大きな縦開きのドアが用意され、その下の低い位置にLEDテールランプ&ブレーキランプが配置されている。このシンプルな仕様は、見るからにライトバン的なイメージを与えるものだが、エアロパンバーにより引き締まったリヤビューを演出。バンと差別化している。

 インテリアは、助手席に対してやや大きめの運転席のシートが余裕を表現し、インパネ回りのデザインもごくシンプルなものながら、それなりの質感を備えている。

 エブリイワゴンに搭載されているエンジンは、直列3気筒660ccのDOHCターボ仕様で、47kW/95N・mのパワー&トルクを発生する。軽自動車のターボ仕様エンジンは、パワーの数値が自主規制で抑えられているので、どの車種でも基本的に同じような動力性能となる。トルクには多少の違いがあるものの、決定的な違いではない。
スズキ エブリイワゴン
スズキ エブリイワゴン
スズキ エブリイワゴン

燃費性能は、最新軽自動車と比べると物足りないが、低速域の自動ブレーキを装備

 エブリイワゴンは、ボディの軽量化にも力を入れていて、2WD車は全車が1tを切っている。ボディが重くなりがちな1BOXワゴンでありながら、FR(後輪駆動)なのでけっこう頑張った数値である。ターボ仕様のエンジンを搭載したモデルなら、動力性能は余裕十分という感じになり、相当に元気の良い走りが可能である。

 動力性能については不満がないのだが、エンジン以外の足回りなどに関しては、必ずしも高い評価は与えられない。走りのフィールやワゴンRやスペーシアのような乗用車感覚のものではなく、いかにも商用車感覚の乗り味を感じさせるからだ。FR(後輪駆動)車なので、もう少し足回りの質感が上がれば、走っても楽しいクルマになりそうだ。

 乗り心地は取り立てて快適なものではなく、大きめの縦揺れが感じられることなどが商用車系の印象を与えている。今の時代の1BOXワゴンなら、もう少し乗用車的で快適な走りが欲しいところだ。

 足回りは、やや硬めの味付けで、高めの全高を持つボディがコーナーでロールするのを抑え込んでいる感じになる。ロールは抑制されているが、アイポイントも高いので、運転しているとそれなりのロール感がある。まあ、イザというときには横滑り防止装置のESPが働くので、走りが破綻することはない。

 最近話題の自動ブレーキは、赤外線方式の簡易型ながら、レーダーブレーキサポートが全車に標準装備されている。広い室内空間と充実した装備を持つエブリイワゴンは、PZターボスペシャルの2WD車に165万円の価格が設定されている。超ハイト系のモデルと比較してもリーズナブルな水準といえる。ただし、燃費性能は、旧世代のエンジンということもあり16.2㎞/Lと悪い。価格優先のバンがベースということもあり、エコカー減税の対象にもなっていない。こうした点は、なかなか一般ユーザーが選びにくいポイントでもある。
スズキ エブリイワゴン
スズキ エブリイワゴン
スズキ エブリイワゴン

スズキ エブリイワゴン価格

■スズキ エブリイワゴン価格
・JPターボ 標準ルーフ 2WD 1,425,600円/4WD 1,555,200円
・JPターボ ハイルーフ 2WD 1,436,400円/4WD 1,566,000円
・PZターボ 標準ルーフ 2WD 1,566,000円/4WD 1,695,600円
・PZターボ ハイルーフ 2WD 1,576,800円/4WD 1,706,400円
・PZターボスペシャル 標準ルーフ 2WD 1,641,600円/4WD 1,771,200円
・PZターボスペシャル ハイルーフ 2WD 1,652,400円/4WD 1,782,000円

スズキ エブリイワゴン燃費、スペックなど

代表グレード スズキ エブリイワゴンPZターボハイルーフ
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3,395×1,475×1,910mm
ホイールベース[mm] 2,430mm
トレッド前/後[mm] 1,300/1,280
車両重量[kg] 950kg
総排気量[cc] 658cc
エンジン最高出力[ps(kw)/rpm] 64PS(47Kw)/6000rpm
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 95(9.7)/3,000rpm
ミッション 4AT
タイヤサイズ 165/60R14
JC08モード燃費 16.2km/L
定員[人] 4人
税込価格[円] 1,576,800
発表日 2015/2/18
レポート 編集部
写真 スズキ

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】