CORISMトップレビュー一覧 > プジョー

レビュー一覧 【プジョー】

記事数: 13件
前 | 1 | 2 |
プジョー308SW試乗記・評価
安定感と優れた乗り心地は、ワゴンに求められるロングツアラーの要素を...

プジョー308SW試乗記・評価
安定感と優れた乗り心地は、ワゴンに求められるロングツアラーの要素を凝縮

『ダウンサイジング化された308だが、SWは70mm全長を伸ばし、使い勝手を向上』  プジョー308SWがフルモデルチェンジを受けた。最近のプジョー車はモデルを重ねるごとに306、307、308という形で数字が増えてきたが、今回は308のままでフルモデルチェンジされることになった。  新型プジョー308シリーズは、全体にボディが小さくなった。308SWに限っ...
【プジョー】2015/03/27
プジョー308試乗記・評価
ダウンサイジングしながら居住性アップ! プジョーらしさを高密度に凝縮し...

プジョー308試乗記・評価
ダウンサイジングしながら居住性アップ! プジョーらしさを高密度に凝縮した新型308!!

『ダウンサイジングしながら、室内空間を拡大したのは高評価。しかし、1,805mmという微妙な全幅が惜しい!』  プジョー308が、フルモデルチェンジを受けた。これまではモデルを重ねるごとに数字が増えていたが、今回は「308のままでフルモデルチェンジ」された。過去に、309があったことなどが理由だろう。  新型プジョー308&308SWは、2位以下に大差を付け...
【プジョー】2015/02/28
プジョー208試乗評価
普通のAT、CVTに近い感覚となった新トランスミッションETG5。直3 1...

プジョー208試乗評価
普通のAT、CVTに近い感覚となった新トランスミッションETG5。直3 1.2Lエンジンとのマッチングも絶妙!

『ほとんど振動を感じさせず、低中速トルクに厚みを感じる1.2L 3気筒エンジン』  昨年秋にフルモデルチェンジしたプジョー208に、当初の予定よりも少し遅れて、1.2LエンジンがETG5(エフィシェント・トロニック・ギアボックス)と呼ぶ2ペダルで乗れるシングルクラックのトランスミッションと合わされ登場した。  新開発されたEB2型の3気筒1.2Lエンジンは、...
【プジョー】2014/07/16
プジョー2008新車試乗評価
コンパクトなサイズと進化したセミATで、激戦クラスに参入!

プジョー2008新車試乗評価
コンパクトなサイズと進化したセミATで、激戦クラスに参入!

『ライトな感覚のSUVだけに、FFのみ設定。ライバルが多数あるだけに、どう差別化するかがポイントか?』  最近は、日本でもヨーロッパでもライトなSUV感覚のモデルが人気を集めている。特にヨーロッパではライトSUVの人気が高く、数年前にフォルクスワーゲンがクロスポロやクロスゴルフを投入したのに始まり、ミニのクロスオーバーや日産のジュークなどが良く売れていた。 ...
【プジョー】2014/04/13
プジョー5008新車試乗評価
実用重視の装備が満載、さらにプジョーらしい、しなやかで安定感抜群のフ...

プジョー5008新車試乗評価
実用重視の装備が満載、さらにプジョーらしい、しなやかで安定感抜群のフットワークが融合!

『欧州ミニバン、新型プジョー5008が、至れり尽くせりの国産ミニバン相手に通用するのか?』  ミニバンのシュアが高いのは、日本だけの特異な現象だそうだ。実際、ヨーロッパに行ってもミニバンを見かけることは少なく、コンパクトカーやセダンばかりである。メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンなどの欧州車も、日本でミニバンを販売しているが、痒い所に手が届き、比較的廉価な日本...
【プジョー】2013/04/05
プジョー208試乗評価
MT派にはたまらない、コンパクトカーらしさ満点の軽快感

プジョー208試乗評価
MT派にはたまらない、コンパクトカーらしさ満点の軽快感

『小さくて広いコンパクトカー、プジョー208は原点回帰した!』  プジョーと言えば、1980年台にWRC(世界ラリー選手権)で大活躍したプジョー・205ターボ16を思い出す。直列4気筒ターボ・エンジンをミッドシップに搭載、その大パワーを4WDにして路面に伝えWRCのチャンピオン・カーとなったモンスター・マシン。しかし、モンスター・カーでありながら、コンパクトなスポ...
【プジョー】2013/02/20
しなやかなセクシー・キャト【プジョー508試乗評価】

しなやかなセクシー・キャト【プジョー508試乗評価】

『大きくなったのに軽くなったボディ』 ●コンセプト&デザイン  プジョー407とプジョー607を統合し、新しいフラッグシップモデルとしてプジョー508が登場した。ボディタイプはセダンとステーションワゴンのSWの2種類。セダンとSWは同じホイールベース。リヤのオーバーハングを延長してラゲッジスペースを作る手法は407時代と変わらない。  ボディそのものは...
【プジョー】2011/07/11
【プジョー 新型 RCZ 試乗評価】斬新で個性的なフォルムのスポーツクーペの走りを試す

【プジョー 新型 RCZ 試乗評価】斬新で個性的なフォルムのスポーツクーペの走りを試す

『プジョーらしいスタイリッシュなフォルムが魅力のクーペが高評価』  プジョーからRCZと呼ぶ新しいモデルが登場した。この名前を見ただけでもプジョーの意欲が伝わってくる。  プジョー車の名前は207や308のように0を挟んだ3桁数字で表現されるのが普通で、最初の2や3はボディサイズを中心にしたシリーズ名を示すもので、最後の7や8は世代名を示すものとされていた。例外...
【プジョー】2010/10/04
【プジョー 3008 試乗評価】プジョー初の本格クロスオーバーモデル、その走りとは!?

【プジョー 3008 試乗評価】プジョー初の本格クロスオーバーモデル、その走りとは!?

『●コンセプト&デザイン』  プジョーは数字を使ってモデル名を表しているが、多いのは3桁数字を使ったもの。今回の3008のように4桁数字を使うのは、既存のラインナップの枠に収まらない新コンセプトのクルマの場合。過去に1007や4007などの例がある。  3008はかなり大柄なボディを持つハッチバック車で、基本プラットホームから308系のものを使っている。SUVや...
【プジョー】2010/08/03
【プジョー 207 試乗評価】プジョーらしさアップ、価格はダウン!

【プジョー 207 試乗評価】プジョーらしさアップ、価格はダウン!

『マーナーチェンジで洗練されたデザインに高評価!』  プジョーのエントリーモデルでもあり、中核にも位置するのが207だろう。サイズ感も日本人にピッタリであり、プジョーのエッセンスが手頃に味わえる。その207がマイナーチェンジを行なって、装いも新たに登場した。  まずはプジョー207の見た目だが、フロントまわりは従来2パターンだったのが、3パターンへと細分化。少々...
【プジョー】2009/12/28
前 | 1 | 2 |