CORISMトップニュース・トピックス一覧日産 > 日産エルグランド新車情報・購入...

日産エルグランド新車情報・購入ガイド
タンカラーのレザーシートでライバルとは違う高級感を表現した特別仕様車

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2018/02/03

ライバル、アルファード&ヴェルファイアに大敗を喫してしまったエルグランド

日産エルグランド「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」
 日産は大型のミニバンであるエルグランドに、特別仕様車「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」を設定し発売を開始。

 日産エルグランドは、2010年8月に登場した。すでに、9年目に突入したモデルで、現行モデルが3代目だ。

 初代、2代目エルグランドは、ミニバンブームの火付け役ともえいる人気モデル。3代目エルグランドは、多くの保有台数があったため、フルモデルチェンジ直後は売れていた。しかし、3年程度で1,000台/月売るのも厳しい状況になった。その後の販売台数はジリ貧状態。ここ数年では、1万台/年も売れない状況が続いている。

 こうした販売不調に陥ったエルグランドに対して、ライバルであるアルファード&ヴェルファイアは絶好調。直近では、このクラスのミニバンで約7割ものシェアを占め、2017年で9万台弱という販売台数となった。

3代目エルグランドが売れなかった理由とは?

日産エルグランド「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」
 3代目エルグランドがアルファード&ヴェルファイアの独走を許した理由とは、なんと全高だった。エルグランドの全高は1,815㎜。軽自動車であるダイハツ ウェイクのの全高は1,835㎜。ウェイクに対して20㎜低い。そんなエルグランドに対して、アルファード&ヴェルファイアの全高は1,950㎜で、なんと135㎜も高い。トヨタが全高を下げなかった理由は、販売台数面で失速していくエルグランドの売れない理由を熟知していたからだ。このクラスだけでなく、ミニバンは全高の高さがとにかく重要視されている。小さく見えるというだけで、売れなくなる厳しいマーケットなのだ。

 ただ、クルマとしての運動性能を高めようとすると、全高を高くすることはまさに百害あって一利なし。まず、全高が高いと重心が高くなる。車体の上部がフラフラ振られるなど、カーブでの安定感が悪くなる。横風にも弱い。そして、空気抵抗が増え、車重も重くなり燃費も悪くなる。

 エルグランドは、一定の室内スペースを確保しながら、全高を抑え走行性能を重視することを選択した。さらに、リヤサスペンションに高性能なマルチリンク式サスペンションを仕様。こうした走行性能を重視した結果、当時のアルファード&ヴェルファイアを大きく超えた乗り心地と操縦安定性を誇った。今でもその運動性能は高いレベルにあり、最新のアルファード&ヴェルファイアに勝る部分もあるほどだ。

 最新のアルファード&ヴェルファイアは、エルグランドが全高を下げて売れなかった失敗から学び、全高をほとんど下げずにフルモデルチェンジした。さらに、優れた乗り心地のエルグランドに対抗するように、高性能はダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションを新開発し、優れた乗り心地を得たのだ。アルファード&ヴェルファイアが売れるのは当然ともえいる。

 いくらアルファード&ヴェルファイアが売れるからといって、国内営業としては繁忙期である2~3月に指をくわえて見ているだけという訳にもいかない。そこで、少しでエルグランドの商品力を上げ、販売台数アップを狙ったモデルが今回の特別仕様車「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」ということになる。
日産エルグランド「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」

上品なタンカラーでオリジナリティをアピールする特別仕様車

日産エルグランド「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」
 日産エルグランド特別仕様車「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」は、エクステリアに「漆黒フロントグリル」、「漆黒フォグランプフィニッシャー」、「ダークグラファイトフィニッシュ18インチアルミホイール」を専用装備。より、精悍で迫力あるスタイリングに仕上げている。

 そして、注目したいのはインテリアだ。特別仕様車には「プレミアムタンレザーシート」が採用された。ドアトリムや本革巻・木目調コンビステアリング、シフトノブに、「タン」色のステッチ加飾も施されている。ライバルのアルファード&ヴェルファイアがホワイト系レザーで高級感をアピールしているのに対して、タンカラーのレザーシートで鮮やかで落ち着いたインテリアで対抗している。なかなか品のある空間に仕上がった。

 特別仕様車250ハイウェイスター S ジェットブラックアーバンクロムの価格は4,158,000円となった。ベース車である250ハイウェイスターSに対して、約76万円プラスという価格だ。タンカラーのレザーシートなどプラスされた装備は多岐にわたるが、全体的に価格アップ相当といった印象だ。お買い得な特別仕様車という設定ではなさそうだ。

 お買い得な特別仕様車ではないが、エルグランドは販売台数面で苦戦していることもあり、値引きはかなり期待できるだろう。普通に商談するだけでは大幅値引きは期待できない。必ず事前にアルファード&ヴェルファイアの見積もりをとってから商談することが重要。燃費や先進予防安全装備などが、やや古いことをあげながらも、安全性能価格次第ではエルグランドもありだということを匂わせながら商談するといいだろう。

日産エルグランド「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」価格

・エルグランド250ハイウェイスター S ジェットブラックアーバンクロム 
 2WD  4,158,000円/4WD 4,449,600円
・エルグランド350ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム 
 2WD 5,358,960円/4WD 5,650,560円

日産エルグランド「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」特別装備

日産エルグランド「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」
■日産エルグランド350ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム
・漆黒フロントグリル
・漆黒フォグランプフィニッシャー
・ダークグラファイトフィニッシュ18インチアルミホイール
・運転席・助手席パワーシート
・前席クイックコンフォートヒーター
・プレミアムタンレザーシート
・タン色ステッチ加飾ドアトリム
・タン色ステッチ加飾本革巻・木目調コンビステアリング
・タン色ステッチ加飾本革巻シフトノブ
・グラデーションブラックメープルフィニッシャー
・カーウィングスナビゲーションシステム
・後席エンターテインメントシステム(11インチ大型ワイドモニター)
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェント クルーズコントロール
・踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付き)
・インテリジェント ブレーキアシスト
・リバース連動下向ドアミラー
・パーソナルドライビングポジションメモリーシステム

■日産エルグランド250ハイウェイスター Sジェットブラックアーバンクロム
・漆黒フロントグリル
・漆黒フォグランプフィニッシャー
・ダークグラファイトフィニッシュ18インチアルミホイール
・運転席・助手席パワーシート
・前席クイックコンフォートヒーター
・プレミアムタンレザーシート
・タン色ステッチ加飾ドアトリム
・タン色ステッチ加飾本革巻・木目調コンビステアリング
・タン色ステッチ加飾本革巻シフトノブ
・グラデーションブラックメープルフィニッシャー
・リモコンオートバックドア
・リバース連動下向ドアミラー
・パーソナルドライビングポジションメモリーシステム
・インテリジェント アラウンドビューモニター*2
・カーウィングスナビゲーションシステム*2
・後席エンターテインメントシステム(11インチ大型ワイドモニター)*2
*2 メーカーオプション設定

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】