CORISMトップニュース・トピックス一覧ホンダ > ホンダNSX新車情報・購入ガイ...

ホンダNSX新車情報・購入ガイド
新たなスーパースポーツカー像を提案する3モータースポーツハイブリッドSH-AWDを搭載! 価格は驚きの2,370万円!

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2016/08/25

ついに登場した新型NSX! 先代より130㎜もワイドになり全幅1,940㎜に!

ホンダNSX(NC1)
 ホンダは、スーパースポーツカー新型ホンダNSXの発売を開始した。

 初代NSXは1990年バブル期デビュー。革新的なオールアルミボディにV6 3.0Lエンジンをミッドシップに搭載。ホンダ初のスーパースポーツカーとして登場した。

 当時、バブル期ということもあり、800万円を超えるような価格だったが爆発的な人気モデルとなる。あまりの人気で、NSXは数年待ちという状態になった。そうしたこともあり、中古車が新車価格を大幅に上回ったり、北米仕様のアキュラNSXが輸入されるなどで話題になった。しかし、その後バブルの終焉と共にNSX人気も下降していく。

 しかし、NSXは着実に進化した。タルガトップモデルやハイパフォーマンスモデルのタイプR、3.2Lエンジンの追加、リトラクタブルヘッドライトが固定式のヘッドライトへ変更されるなど、細部にわたり進化していった。そして2005年に販売が終了する。デビューから15年も販売されたスポーツカーだ。その間、何度か2代目NSX復活の話題が何度か出てきたが、ようやく約11年後に新型NSXが登場した。型式はNC1となり、先代のNA1だったので間の「B」が抜けているが、理由は不明だ。

 新型ホンダNSXのスタイリングは、先代NSXのイメージはまったく感じさせない。ボディサイズは、全長4,490×全幅1,940×全高1,215mm。先代NSXが全長4.430×全幅1.810×全高1.170㎜なので、ボディサイズは先代比で全長+60㎜、全幅が+130㎜、全高が+45㎜となった。かなりワイドになり全高がやや上がっている。2人乗りのミッドシップ車といこともあり、日産GT-Rと比べると220㎜短い全長となった。
ホンダNSX(NC1)
ホンダNSX(NC1)
ホンダNSX(NC1)
ホンダNSX(NC1)

3.5Lツインターボで507ps! さらに、ターボラグを補う48psのモーターをプラス

ホンダNSX(NC1)
 搭載されるエンジンはV6 3.5Lツインターボ。507ps&550Nmという大パワーを誇る。このV6エンジンは、一般的な60度のVバンク角に対して75度に設定。シリンダーヘッドを大幅にコンパクト化したことで、低重心化に貢献している。エンジンオイルの潤滑は、レーシングカーなどに採用されているドライサンプ式。オイルパンが不要になったことで、エンジン搭載高を60㎜低くすることができた。

 このエンジンと組み合わされるミッションは9速DCT。1~8速はスポーツドライビングに対応するためクロスレシオ化。9速は高速クルージング用としたセッティングだ。

 新型ホンダNSXの特徴は、3モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」。1つ目のモーターが、この9速DCTとエンジンの間にある。このモーターは48ps&148Nmのトルクを誇る。このモーターをクランクシャフトに直結。こうすることで、9速DCTのギヤがどの状態でも駆動力をアシストしターボラグを補う効果をもつ。

 そして、2つ目と3つ目のモーターは、左右の前輪にそれぞれ装備される。前輪の左右を独立した2つのモーターで駆動するTMU(ツインモーターユニット)を組み合わせ、4輪の駆動力を電動で制御するシステムを搭載。TMUは、プラスのトルク(駆動力)のみならず、マイナスのトルク(減速力)も自在に制御する。この高度なトルクベクタリングにより、全速度域での高いライントレース性を実現しているのが特徴だ。
ホンダNSX(NC1)
ホンダNSX(NC1)
ホンダNSX(NC1)

価格はスーパーカーと同等の2,370万円! なんと、GT-Rの2倍という価格は・・・

ホンダNSX(NC1)
 ボディは、高剛性の押出成形アルミ材を中心とした複数素材によるスペースフレームを開発。自動車として初となるアブレーション鋳造や3次元熱間曲げ焼き入れ(3DQ)超高張力鋼管フロントピラーを採用することで、軽量かつ高い剛性と優れたスペース効率、衝突安全性を実現している。

 サスペンションは、フロントがアルミ製のダブルウイッシュボーン式。リヤもアルミ製のマルチリンク式が採用された。ダンパーは、磁性流体式のMRダンパーを用いたアクディブ・ダンパーシステムを採用。ドライバーの操作や路面の状況に合わせ、優れたパフォーマンスを発揮する。新型NSXにはQUIET/SPORT/SPORT+/TRACKと呼ばれる4つの走行モードがある。ダンパーもこの各々のモードに合わせ制御されている。つまり、街中からサーキットまで幅広いセッティング幅のあるダンパーということになる。

 ブレーキは、アルミモノブロック製キャリパーが採用。フロントが15インチ6ピストン。リヤが14.2インチの4ピストンとなっている。オプションで、カーボンセラミックマテリアルディスクも用意された。タイヤ&ホイールサイズは前245/35ZR19、後305/30ZR20という前後異径。ホイールは鍛造製だ。

 そして、新型ホンダNSXの価格は2,370万円。さすがに、スーパースポーツカーとはいえ2,370万円というのは驚き。旧型は最終モデルで約1,000万円だっただけに倍以上の価格となった。これは、日産GT-Rのエントリグレードのほぼ2倍という価格となった。アウディR8やポルシェ911ターボ、ランボルギーニ ウラカンなどとほぼ同等の価格。完全に価格はスーパーカーの領域に入った。
ホンダNSX(NC1)
ホンダNSX(NC1)
ホンダNSX(NC1)

日本のホンダなのに、NSXはメイド・インUSA・・・。

ホンダNSX(NC1)
 この新型ホンダNSXは、日本での生産でなく米国オハイオ州のメアリズビル四輪車工場の隣接地に位置する専用工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」では、最先端の生産技術とクラフトマンシップの高度な融合をコンセプトに、熟練した約100名の従業員がボディー製造、塗装、最終組み立てまでを担当する。日本メーカーであるホンダのスーパースポーツが、日本生産ではないことに対しては、かなり寂しさを感じる部分だ。

 新型ホンダNSXは、年間100台程度が日本に導入されるという。恐らく、発売直後から数年待ちの状態になる可能性が高い。先代と同じく、人気が集中するのは最初だけとホンダもみているようで、NSXの生産に関しては、大量生産できるような生産設備への投資を過大に行っていないようだ。ゆっくりジックリと進化させながら長い間販売を続けていく可能性が高い。こうしたやり方は、ある意味長く愛されるクルマ造りとなり、多くのファンを獲得していくだろう。

また、同時に日産からは600psを誇るGT-Rニスモの2017年モデルが18,700,200円で発表された。日産VSホンダのスーパースポーツカー対決にも注目だ。
ホンダNSX(NC1)
ホンダNSX(NC1)
ホンダNSX(NC1)

ホンダNSX価格、燃費、スペックなど

■ホンダNSX価格:23,700,000円

代表グレード ホンダNSX
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,490×1,940×1,215mm
トレッド前:後[mm] 1,655:1,615mm
車両重量[kg] 1,780kg
総排気量[cc] 3,492cc V6ツインターボ
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm] 373(507)/6,500-7,500rpm
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 550(56.1)/2,000-6,000rpm
モーター最高出力前後[kw(ps)/rpm] 前:27(37)/4,000 後:35(48)/3,000
モーター最大トルク前後[N・m(kg-m)/rpm] 前:73(7.4)/0-2,000 後:148(15.1)/500-2,000
ミッション 9速DCT
タイヤ前後 前:245/35ZR19 後:305/30ZR20
JC08燃料消費率[km/l] 12.4km/l
バッテリー リチウムイオン
定員[人] 2人
価格 23,700,000円
写真/レポート ホンダ/編集部
 

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】