CORISMトップニュース・トピックス一覧スバル > スバル レヴォーグ STI S...

スバル レヴォーグ STI Sport新車情報・購入ガイド
新たなステージに挑戦する、ひと味違う最上級グレードがSTI Sport

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【スバル】2016/06/29

日本専用車として価値あるワゴンであるスバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ STI Sport
 スバルは、ワゴンのレヴォーグに最上級グレードとなる「レヴォーグSTI Sport」を設定し7月21日に発売を開始する。

 スバル レヴォーグは、2014年に登場。日本専用のワゴンモデルとして開発された。レヴォーグは、母国である日本マーケットを軽視したことへの反省も込められている。

 元々、日本マーケットにはレガシィツーリングワゴンが存在した。このレガシィは、すでに6世代目となる歴史あるモデルだ。レガシィは、日本にワゴンブームをもたらしたこともあり、一世を風靡した人気モデルであった。

 しかし、スバルは徐々にレガシィのボディサイズを大きくした。そして、5世代目レガシィでは、完全に北米をメインターゲットとしボディを巨大化。完全に日本マーケットを無視した格好になった。その結果、レガシィは北米で大ヒットとなるが、日本マーケットでは「これはレガシィではない」などの声が大きくなり、販売は低迷する。日本は島国ということもあり、特殊なマーケットと言われる。そのため、コンパクトカーを除き、日本で売れるクルマは日本専用車ともいえるモデルが中心だ。

 レガシィが完全に北米向きになったことで、旧レガシィの顧客が乗り換えるクルマが無くなった。北米で大きな利益を上げたスバルとしては、ジリ貧の国内販売はインプレッサに任せるとして、舵を切ってもよかったのかもしれない。しかし、そこは日本メーカーである。母国マーケットを重視するマインドは失われておらず、国内専用車としてレヴォーグを開発したのだ。

 レヴォーグは、国内で使いやすいボディサイズとして、全長4690×全幅1780×全高1490mmとした。全幅を1,800㎜以上にしなかったのは、国内都市部に多い立体駐車場の制限が1,800㎜だからだ。これを超えてしまうと、車庫証明が取れないなど寸法的な問題でレヴォーグを購入できなくなるからだ。

 レヴォーグに搭載されるエンジンは、1.6Lと2.0Lターボの2タイプ。1.6Lターボは、数少ないレギュラーガソリン仕様のダウンサイジングターボだ。レヴォーグの燃費は、1.6Lが17.4㎞/Lで2.0Lが13.2㎞/Lとなっている。
スバル レヴォーグ STI Sport
スバル レヴォーグ STI Sport
スバル レヴォーグ STI Sport
スバル レヴォーグ STI Sport

STIらしくない? レヴォーグSTI Sport

スバル レヴォーグ STI Sport
 今回新しく投入された「レヴォーグSTI Sport」 は、その名の通りスバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)のノウハウを投入された新グレード。レヴォーグが持つ「走行性能」と「走りの質感」・「内外装の質感」をこれまでよりも高めたモデルになっている。スバルは、このレヴォーグSTI Sportを最上級グレードとして位置付けた。

 このレヴォーグSTI Sportの面白いところは、STIという名が付くもののまったくSTI感が無いところだ。STIは、モータースポーツを担当する会社なので、従来はとにかく走行性能アップに特化してきた。ところが、今回のレヴォーグSTI Sportは、そんなイメージを覆すモデルになっている。

 外観は専用グリルやバンパーが装備された。これも、いかにも空力重視というレーシングなものではなく、ハデハデしさを抑えたシックなものだ。

 インテリアも特徴的でボルドー/ブラックの専用本革シートが用意されている。バケットタイプのスポーツシートを採用しているものの、上質感を感じさせる仕上がりになっていて魅力的だ。ただ、インテリアカラーは1色のみ。ボディカラーとのマッチングを考えれば、もう少し選択肢が欲しいところだろう。
 
 そして、足回りはスバルとビルシュタインという定番&最強ともいえる組み合わせ。今回のビルシュタインもDampMaticⅡ付き。DampMaticⅡは、低速域ではしなやかさを維持し、大きな入力をいなしながら、高速域でのコーナリング時には、シッカリとした足回りに変化するフレキシブルな特性をもつ。つまり、ゆっくりと走っているときは快適な乗り心地でありながら、いざ攻めの走りになるとギュッと路面をシッカリと捉えるサスペンションになる。高い操縦安定性と快適な乗り心地を高次元で両立した。

 また、専用クランプスティフナー付電動パワーステアリングにより、シッカリ感のある俊敏なハンドリング性能にも磨きをかけている。
スバル レヴォーグ STI Sport
スバル レヴォーグ STI Sport
スバル レヴォーグ STI Sport

ターゲットは輸入車購入層? 「走りとインテリアの質感アップがテーマ」

スバル レヴォーグ STI Sport
 レヴォーグSTI Sportは、最上級グレードということになりカタログモデルとなった。今までのSTIモデルは、後架装が基本となるため、どうしても高価になったり台数が限られていた。今回のモデルから、通常のラインで生産が可能とすることで、安価でマーケットに投入できるようになったという。

 日本マーケットは、特殊でスポーツモデルの人気が高い。とくに、輸入車はその傾向が強く、BMWならMスポーツ、メルセデス・ベンツならAMGパッケージなどの人気は圧倒的。STI Sportは、こうした嗜好に合わせたモデルともいえる。スバルは、今後こうしたモデルを増やしていくという。また、従来からのSTIモデルはtSのようにより走行パフォーマンスに特化したモデルになっていくようだ。

 スバル レヴォーグSTI Sportの価格は、1.6L車が3,488,400円となった。今までの最上級グレードである1.6GT-Sアイサイトが3,056,400円だったので、約43万円高となった。本革シートやアドバンスドセイフティパッケージが標準装備化されていることなどを考えると、特別安いという訳ではないが、そこそこ価格アップは抑えられている感がある。これは、もちろん通常ラインで生産できることによるコストダウンも効いていることもあるが、元々レヴォーグはやや高価な価格設定ということもあり、これ以上価格を上げられないという理由もある。

 レヴォーグは、やや高価な価格帯ということもあり、フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントなどの輸入車との競合が多いという。そこで、レヴォーグに足りなかったのは上質な走りの質感やインテリアの質感。その足りない部分を補ったモデルがレヴォーグSTI Sportということになる。輸入車がライバルとなると、レヴォーグSTI Sportの価格はリーズナブルな印象が強くなる。レヴォーグSTI Sportは、ライバルを国産車でなく輸入車に変更するという新たな挑戦なのだ。
 
スバル レヴォーグ STI Sport
スバル レヴォーグ STI Sport
スバル レヴォーグ STI Sport

スバル レヴォーグSTI Sport価格

■スバル レヴォーグSTI Sport価格
・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight 3,488,400円
・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight 3,942,000円

スバル レヴォーグSTI Sport主要装備

スバル レヴォーグ STI Sport
■足回り
・専用チューニング ビルシュタインフロントストラット(DampMaticⅡ、倒立式)&コイルスプリング
・専用チューニング ビルシュタインリヤダンパー&コイルスプリング

■外装
・専用フロントバンパー
・専用フロントグリル
・専用LEDフロントフォグランプ
・専用18インチアルミホイール(ダークグレー+切削光輝)
・専用大型デュアルマフラーカッター
・STIオーナメント(フロント/リヤ)

■内装
・専用本革シート(ボルドー/ブラック)
・専用マルチインフォメーションディスプレイ付レッドルミネセントメーター
・専用本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ+高触感革)
・専用本革巻シフトレバー(レッドステッチ+高触感革)
・専用インパネセンターバイザー(レザー調素材巻+レッドステッチ)
・専用フロントコンソール(ボルドー/ブラック)(レザー調素材巻+レッドステッチ)
・専用スライド機構付コンソールリッド(ボルドー/ブラック+レッドステッチ)
・専用ドアトリム/ドアアームレスト(ボルドー/ブラック+レッドステッチ)
・STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)

■その他
・専用クランプスティフナー付電動パワーステアリング
・アドバンスドセイフティパッケージ(標準装備)
・WRブルー・パール(STI Sport専用色)
スバル レヴォーグ STI Sport
スバル レヴォーグ STI Sport
スバル レヴォーグ STI Sport

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】