CORISMトップニュース・トピックス一覧ホンダ > ホンダN-BOXスラッシュ新車...

ホンダN-BOXスラッシュ新車情報・購入ガイド
まさかのあんしんパッケージをオプション化! 見た目の安さを訴求し始めたマイナーチェンジ

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2016/09/26

N-BOXの魅力を取り除きながら、チョップドルーフにサウンドマッピングシステム、インテリアカラーパッケージで、より個性をアピールするN-BOXスラッシュ

ホンダN-BOXスラッシュ
 ホンダ は、軽自動車 N-BOX の派生車であるN-BOXスラッシュ をマイナーチェンジし発売を開始した。

 ホンダN-BOXスラッシュは、2014年12月にデビュー。ホンダNシリーズ5番目のモデルだ。N-BOXスラッシュは、背高のN-BOXをベースとしながら、N-BOXのセールスポイントを思い切り排除したような軽自動車だ。

 N-BOXの魅力は、1,780㎜という高い全高だ。N-BOXスラッシュは、Aピラーなどを短くしたチョップドルーフ仕様。全高は1,670㎜となり110㎜も低くなった。これで、N-BOXのセールスポイントがひとつ消えた。また、全体のシルエットは、ルーフ後端もやや下げ気味にし、リヤドアのノブも隠すようにデザインされたクーペ のようなルーフをもつ。これは、チョップドルーフというアメリカンカスタムのイメージを取り入れたかったためだ、

 さらに、N-BOXの魅力は、使い勝手のよい両側スライドドアだ。しかし、N-BOXスラッシュは、通常のヒンジ式ドアに変更されている。これで、N-BOXのセールスポイント2つ目が消えたことになる。N-BOXスラッシュは、アメリカンカスタムに共感する顧客用ということで、ファミリー層がターゲットのN-BOXとは異なる。そこで、重く高価になりがちなスライドドアをやめ、一般的なヒンジドアとした。

 単にこれだけでは、インパクトがないので、古き良きアメリカをイメージした5つのインテリアカラーを用意。より個性的なインテリアとすることで、個性派の顧客層を取り込んでいく。

 さらに、軽とは思えないくらいのハイクオリティなサウンドを実現する「サウンドマッピングシステム」を用意。迫力ある重低音再生を実現するために、専用のバックロードホーン型サブウーファーを開発した。このサウンドマッピングシステムをさらに生かすオプションが、車外からのノイズやスピーカーの音によるドアパネルやライニングなどの不要な微振動を低減するデッドニングキット「ピュアサウンドブース」。軽自動車とは思えないサウンドが楽しめる。このピュアサウンドブースは、副次的な効果としてN-BOXスラッシュの静粛性をかなり上げている。この静粛性の高さは、軽自動車の枠をはるかに超えるものだ。

 このように、N-BOXスラッシュは、顧客のツボに入ると非常に満足度の高いモデルに仕上がっていた。
ホンダN-BOXスラッシュ
ホンダN-BOXスラッシュ
ホンダN-BOXスラッシュ
ホンダN-BOXスラッシュ

安全より販売台数優先?一部グレードを 禁断のあんしんパッケージを外しで安く見せる手法に出た!

ホンダN-BOXスラッシュ
 今回のマイナーチェンジでは、インテリアカラーパッケージのラインアップを拡充した。インテリアカラーパッケージに、新たに「トレッキングスタイル」を追加。やや派手な仕様が多かったインテリアカラーパッケージだったが、新設定されたトレッキングスタイルは、地味めなカラーながらなかなかオシャレな印象。若い世代だけでなく、ダウンサイジングしてきた中高年の顧客でも十分に選べ、より幅の広い顧客層にリーチできそうな仕様だ。

 快適装備も充実させた。女性に人気の「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」と「充電用USBジャック(急速充電対応タイプ2個)」を新設定し、快適性と使い勝手を向上。

 N-BOXスラッシュは、価格が高い。そのため、従来、G・Lインテリアカラーパッケージ/G・ターボLインテリアカラーパッケージの標準装備としていた「あんしんパッケージ」を、メーカーオプション設定とした。カラーパッケージ装着車をより買いやすくする価格設定とした。

 しかし、この設定はホンダの安全思想と大きく異なる。ホンダは「セーフティ・フォー・エブリワン」という安全思想をアピールする。標準装備化していた装備をオプション化するということは、安全思想に対して真逆の選択をしていることになる。顧客の安全より、販売台数を重視しているようにみえる。あんしんパッケージは、低速域で車両だけに対応する簡易型の自動ブレーキとサイドエアバッグなどを含む。スズキは、歩行者検知式の自動ブレーキを用意しているなど、ホンダの自動ブレーキより性能は格段と優れている時代。もはや、簡易型の自動ブレーキくらいは標準装備化してほしいものだ。

 ボディーカラーには新色が設定された。モノトーンに「シャイニンググレー・メタリック」および「クリスタルブラック・パール」の2色を新たに設定。さらに2トーンカラースタイルには、「シャイニンググレー・メタリック&ブラック」、「クリスタルブラック・パール&ホワイト」を設定。また、2トーンの新たな組み合わせとして、「サーフブルー&ブラック」、「アッシュグリーン・メタリック&ブラック」を追加し、モノトーン全9色、2トーン全16色の多彩なカラーバリエーションとした。

 X・ターボパッケージ専用の15インチアルミホイールデザインを刷新。前衛的なデザインを採用し、より個性的な足元とした。

 残念ながら、燃費性能は進化しておらず25.8㎞/Lのまま。燃費性能は最新のモデルと比べると物足りないままだ。
ホンダN-BOXスラッシュ
ホンダN-BOXスラッシュ
ホンダN-BOXスラッシュ

N-BOXスラッシュの魅力を詰め込むと、200万円コースに。価格は高いが、好きなら満足度高し!

ホンダN-BOXスラッシュ
 ホンダN-BOXスラッシュの価格は、Gグレードの1,320,000円から。なかなかリーズナブルに感じるかもしれないが、自動ブレーキはオプションでN-BOXスラッシュらしい装備はない。これなら、Nワゴンで十分といったところ。やはりN-BOXスラッシュらしいグレードをということになると、G・Lインテリアカラーパッケージで価格は1,470,000円。マイナーチェンジ前が1,515,000円だったので、45,000円安くなっている計算だ。

 ところが、自動ブレーキとサイド&カーテンエアバッグなどを含むあんしんパッケージがオプションになってしまったことにより、安くなっているが、逆にあんしんパッケージをオプション選択すると従来のモデルより価格がアップしてしまう。こうなると、さらに買いにくくなるイメージだ。さらに、このグレードだとサウンドマッピングシステムが選べない。

 サウンドマッピングシステムとインテリアカラーパッケジを同時に選びたいということになると、Xグレードになる。Xグレードの価格は1,600,000円。これに、インテリアカラーパッケージやあんしんパッケージをプラスしていくと、180万円を超えてくる金額になる。これにナビなどを加えていくと200万円コースの軽自動車となる。納得いく仕様にして買うとなると、かなりの覚悟が必要だ。ただし、個性的なモデルなので、満足度は高い。
ホンダN-BOXスラッシュ
ホンダN-BOXスラッシュ
ホンダN-BOXスラッシュ

ホンダN-BOXスラッシュ価格

■ホンダN-BOXスラッシュ価格
・G FF 1,320,000円/4WD 1,450,000円
・G・Lパッケージ FF 1,360,000円/4WD 1,490,000円
・G・Lインテリアカラーパッケージ FF 1,470,000円/4WD 1,600,000円
・G・ターボLパッケージ FF 1,575,000円/4WD 1,705,000円
・G・ターボL インテリアカラーパッケージ FF 1,580,000円/4WD 1,710,000円
・X FF 1,600,000円/4WD 1,730,000円
・X・ターボパッケージ FF 1,710,000円/4WD 1,840,000円
ホンダN-BOXスラッシュ
ホンダN-BOXスラッシュ
ホンダN-BOXスラッシュ

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】