CORISMトップ特集・コラム一覧ビジネス・経済 > 今、一番売れている人気クルマ ...

今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年7月国内新車販売台数分析】
トヨタ圧勝! 血を流し続けるマツダ。9月以降に復活の兆しがみえる日産、ホンダ

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ビジネス・経済】2016/08/16

トヨタハイブリッド車人気で、一人勝ち状態続く

トヨタ プリウス
納期待ちも解消されつつあるプリウス。秋に発売される予定のPHVは、冬に変更された。
トヨタ プリウス新車情報・試乗評価一覧
■2016年7月の新車販売台数(自販連、全軽協調べ)()内前年同月比
1)プリウス系・・・・・・・ 27,988台(297.1%)
2)アクア・・・・・・・・・ 15,748台( 88.9%)
3)N-BOX系・・・・・・・・・13,023台(109.6%)
4)タント・・・・・・・・・ 12,790台(109.3%)
5)シエンタ・・・・・・・・ 10,944台(148.4%)
6)ノート・・・・・・・・・・9,711台(102.1%)
7)フィット・・・・・・・・・9,592台( 83.7%)
8)パッソ・・・・・・・・・・8,889台(217.9%)
9)カローラ系・・・・・・・・8,679台( 71.8%)
10)ヴィッツ・・・・・・・・・8,569台(106.5%)
11)アルト系・・・・・・・・・7,680台( 84.1%)
12)ヴォクシー・・・・・・・・7,644台( 88.8%)
13)デイズ系・・・・・・・・・7,521台( 68.3%)
14)ムーヴ系・・・・・・・・・7,117台( 80.7%)
15)ワゴンR・・・・・・・・・ 6,969台( 62.6%)
16)スペーシア・・・・・・・・6,768台(134.2%)
17)ハスラー・・・・・・・・・6,710台( 89.7%)
18)ヴェゼル・・・・・・・・・6,295台(108.3%)
19)N-WGN・・・・・・・・・・ 6,155台(101.6%)
20)ミラ系・・・・・・・・・・5,988台( 80.8%)
21)キャスト・・・・・・・・・5,415台(-------)
22)シャトル・・・・・・・・・4,933台(110.8%)
23)デミオ・・・・・・・・・・4,638台( 69.2%)
24)ノア・・・・・・・・・・・4,497台( 85.5%)
25)ステップワゴン・・・・・・4,370台( 65.4%)
26)エスクァイア・・・・・・・4,177台( 91.6%)
27)エクストレイル・・・・・・4,118台( 70.0%)
28)ソリオ・・・・・・・・・・4,053台(169.4%)
29)ヴェルファイア・・・・・・3,738台( 64.7%)
30)インプレッサ・・・・・・・3,403台( 72.4%)
31)ハリアー・・・・・・・・・3,340台( 63.6%)
32)アクセラ・・・・・・・・・3,216台(176.8%)
33)エスティマ・・・・・・・・3,087台(211.4%)
34)アルファード・・・・・・・3,038台( 60.4%)
35)クラウン・・・・・・・・・2,976台( 91.2%)
36)オデッセイ・・・・・・・・2,923台(216.5%)
37)ウェイク・・・・・・・・・2,888台(-------)
38)eKワゴン系・・・・・・・・2,641台( 84.5%)
39)イグニス・・・・・・・・・2,410台(-------)
40)ランドクルーザーW ・・・・2,141台( 82.4%)

 相変わらず新型プリウス人気は衰えることを知らず、7月の販売台数は約2.8万台となり1位を獲得。2位の
アクアが約1.6万台なので、1.2万台もの大差を付けている状況だ。

 こうしたハイブリッド車人気に後押しされ、小型・普通車の販売台数はトヨタの一人勝ち状態で、約13万台を売り、前年同月比111.5%となっている。ホンダは87.0%、日産は80.7%、マツダは73.8%、81.7%となった。トヨタは、人気のハイブリッド車をベースに、着々とハイブリッド王国を築き上げている。

アクセラが大幅改良したもののマツダの不振続く。不調の理由は、販売改革?

マツダ アクセラ
歩行者検知式の自動ブレーキが装備され安全性能が向上。ライバルインプレッサ並みの安全装備となった。また、新たに1.5Lクリーンディーゼルを搭載。
マツダ アクセラ新車情報・試乗評価一覧
 マツダの不振ぶりは今月も変わらない。7月はアクセラが大幅改良したこともあり、やや販売台数は持ち直し、6月の前年同月比54.8%から73.8%へとアップした。しかし、デミオの販売台数減は非常に厳しい状況。7月の販売台数は、4,638台で69.2%となっている。デミオは、ハイブリッド車にも負けない燃料経済性をもつクリーンディーゼルエンジンを搭載し、またガソリン車もラインアップする。しかし、ガソリン車しかないトヨタ ヴィッツの半分程度の台数しか売れていない。

 これは、クルマの良し悪しというよりは、価格が高額な上に値引きがゼロであるという営業的なことが原因。こうした状態をマツダも十分認識している。それでも、以前のように大幅値引きや価格の安さで売ることを頑なに拒否し続けている。その理由は、ブランド力の向上だ。顧客により満足度の高いクルマを送り届けることを使命として、従来の値引きと安価な価格で売る路線から脱却を図っている最中だ。今、マツダは血を流し続けて、新しく生まれ変わるための痛みを我慢している。

 一般的に自社保有(顧客)からの乗り換えが、最も容易に自銘柄へ乗り換えが進む。そのため、営業面からみれば、自社保有を減らしたくない。ところが、現在の営業戦略では従来からいた大幅値引きと安い価格というニーズをもった顧客が多く存在する。今の営業戦略では、そうした顧客とのマッチングが悪く、他社へ流出している状況だ。自社保有を減らすことは、自らの血を流し続けていることになる。流し続けている値に対して、現在のマツダは、優れたプロダクトとより、マツダに対して高いロイヤリティをもつ顧客という新しい血を輸血している状況だ。ロイヤリティの高い顧客は、次の乗り換え時にもマツダから離れる可能性がより低くなり、永続的な顧客になる。

 また、値引きゼロ販売と高めの価格による利益率のアップにより、マツダのディーラーは従来通り以上の利益が出ているとも言われており、非常に厳しい販売状況でも経営は成り立っているという。

 値引きが基本となっている現在の新車販売において、こうした取り組みは一定の評価ができる。値引き販売は、顧客によって値引き額が異なり、得する顧客と損する顧客を生み出す。そうした視点から見れば、マツダの売り方は間違ってはいない。どこまでこうした営業戦略が貫き通せるのか注目だ。

ホンダ復活は9月以降か? 新型フリードに期待!

新型ホンダ フリード
9月16日に発表予定の新型ホンダ フリード。1万台/月近い販売台数になる可能性も秘めている。
新型ホンダ フリード新車情報
 7月の販売台数で、3位に入っているのがホンダN-BOX。2011年に発売されたモデルでモデル末期状態。燃費や安全装備もライバル車が勝る中、非常に安定し売れ行きを見せている。

 ただ、ホンダの軽自動車販売は、N-BOXの1本足打法のようなもの。N-BOXが崩れると、イッキに販売台数が低迷する。N-BOXの次に売れているホンダの軽自動車はN-WGNなのだが、販売台数はN-BOXの半分程度。せめて、N-WGNと同等程度売れる軽自動車がもう1台欲しいところだ。

 少々厳しい状況が続くホンダだが、9月以降の後半戦は期待できる。直接販売台数に影響はしないものの、スーパーカーであるNSXが8月25日に登場する。話題になることで、集客のきっかけになるだろう。そして、本命は9月16日発表予定の新型フリード。5位にランクされているシエンタのライバル車だ。1万台前後販売するシエンタなので、新型フリードも同様な販売台数になる可能性が高く、2016年度後半戦で注目の1台となることは確実だ。

日産主力セレナがフルモデルチェンジ直前で売れず大きく落とすも、ノートが好調!

日産セレナ
8月24日に発表される新型日産セレナ。渋滞時に前走車追従機能などの機能をもつ自動運転技術を使った運転支援「プロパイロット」が用意されている。
新型日産セレナ新車情報
 日産は前年同月比80.7%と大きく落とした。その要因はセレナだ。8月24日にフルモデルチェンジするため、7月は完全に売るクルマが無い状態だったからだ。逆に、9月以降はフルモデルチェンジしたセレナが爆発的に売れることが予想できるので、2016年度後半のスタートダッシュをきめてくるだろう。

 セレナが売れない状況下で、日産の営業はノートの販売に力を入れていたようだ。価格はやや高いノートだが、このクラスでは珍しい歩行者検知式の自動ブレーキが標準装備されているのもライバル車と差別化で来ている点で高く評価されている。そうしたこともあり、ノートは102.1%と好調を維持している。

 日産の国内販売は、ノートとセレナ、エクストレイルの3台が支えている状況。そのため、その3本柱が崩れると大きく販売数が落ちる傾向が強い。

インプレッサのフルモデルチェンジまで厳しい戦いが続くスバル

スバル レヴォーグ
ファンからは高い評価を得ているレヴォーグだが、販売台数では少々物足りない状況。
スバル レヴォーグ新車情報・試乗評価一覧
 スバルも前年同月比81.7%と大きく落とした。要因は、インプレッサがフルモデルチェンジ直前で、新型が公開されてることだ。ただ、インプレッサのフルモデルチェンジは10月頃とのことなので、8-9月と厳しい戦いが強いられる。

 小型・普通車のランキングベスト30に入っている車種はインプレッサのみ。ここが落ちると、全体が落ちる状況。ワゴンのレヴォーグもクルマとしては高評価されているものの、やや高価なこともありランキング入りができていない。

軽自動車、明暗クッキリ! 好調ダイハツと不調のスズキ。スズキは小型車が好調!

ダイハツ タント
9月7日には、新型ダイハツ ムーヴ キャンバスを発売予定。
ダイハツ タント新車情報・試乗評価一覧
 スズキは、燃費不正の影響を受けて軽自動車全体では86.7%と不調が続いている。とくに、主力モデルであるワゴンRが62.6%と大きく落とした。

 軽自動車の不調に対して、小型車は好調だ。新型車ではないものの、とくに好調なのがソリオ。約4千台を売り前年同月比169.4%としている。

 また、コンパクトカーで新型のイグニスが好調で2,410台を売った。スズキの小型車はソリオにスイフトの2本柱だったが、このイグニスが着実に成長しており3本目の柱となりそうだ。

 好調なのがダイハツ。タントは約1.3万台を売り、前年同月比109.3%とし安定した売れ行きをみせている。軽乗用車では、スズキやホンダを抑え111.0%としライバルに大きな差をつけている。9月には新型車が投入される予定なので、ダイハツの好調な販売はしばらく続きそうだ。

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】