CORISMトップニュース・トピックス一覧日産 > 世界初の量販EV(電気自動車)...

世界初の量販EV(電気自動車)「日産 リーフ」が欧州カー・オブ・ザ・イヤー2011を受賞

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2010/11/30
「日産 リーフ」電気自動車[画像は日本仕様車]

新たな歴史の瞬間! EV(電気自動車)で世界初の欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞

「日産 リーフ」 リアビュー[画像は海外仕様車]
 2010年11月29日(月)[欧州時間]、欧州カー・オブ・ザ・イヤーが発表され、日産の量産電気自動車「リーフ」が受賞した。EV(電気自動車)の欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞は、47年の歴史を持つ同賞で史上初の快挙。競合する40車種の内燃機関(エンジン)車に競り勝った格好となる。
 欧州カー・オブ・ザ・イヤー審査委員長のハカム・マットソン氏は『「日産リーフ」は、我々審査員に、EVが画期的でありながらも、従来のクルマと多くの点で競合できることを認識させた最初のクルマである』とコメントを発表した。
 日産 リーフは日本と北米で12月に販売を開始。欧州でもポルトガル、アイルランド、英国、オランダの各国で2011年初頭より販売する。既に生産が始まる日本に続き、2012年後半には北米、2013年初頭には欧州でも生産が立ち上がる予定で、世界に向け市販される重要なモデルとなる。
 なお日産の欧州カー・オブ・ザ・イヤーは1993年の「マイクラ」(日本名:マーチ)が日本車で初めて受賞して以来、今回で2度目の受賞となる。
「日産 リーフ」 走行シーン[画像は海外仕様車]

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】