CORISMトップニュース・トピックス一覧日産 > 日産スウェイ(Sway)新車情...

日産スウェイ(Sway)新車情報・購入ガイド
次期新型マーチか? 観音開きの超個性派コンパクトカーデビュー【ジュネーブショー出展車】

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2015/03/21

新型マーチ? それとも新規導入? デザインにこだわった日産の自信作が新型スウェイ!

日産スウェイ(Sway)
 日産 は、ジュネーブショーコンセプトカー である新型「日産スウェイ」(Sway) を世界初公開しました。

 この新型日産スウェイ(Sway)は、コンパクト ハッチバック セグメントに投入されたモデルだ。日産はこの新型スウェイを欧州ハッチバック市場に新たな方向性を提案するコンセプトカーとしている。

 エクステリアデザインは、日産のVモーションをモチーフとしたグリルとそこから始まる力強くかつ魅惑的なキャラクターライン、フローティングルーフ、ブーメラン型ヘッドランプなど、最新の日産デザインの特徴的な要素を取り入れた。フロントのブーメラン型ヘッドランプには、ランプの形状自体にVラインの要素を取り入れることで、鋭い目のような印象を作り上げている。また、リアランプにも同様の要素を取り入れ、車体を切り抜く様な印象的な形状に仕上げている。ヘッドライトまわりの滑らかな形状から、ボディサイドのシャープなキャラクターラインへと流れる一連のデザインは、インフィニティQ50 やQ70にも似たテイストを持っていて、日産車としての共通なイメージが感じ取れる。

 新型スウェイの特徴は、ドアが観音開きとなっている点だ。スポーティなコンパクトハッチバックながら、乗降性を上げるためドアを観音開きとしている。こうしたコンパクトカーで観音開きをもつモデルは少なく、市販されているモデルではBMW電気自動車 であるi3 があるくらいだ。

 インテリアは、2013年東京モーターショー で初披露した「IDx」コンセプトカーで採用した、洗練されたシンプルさが特徴の「グライディングウィング」形状のダッシュボードを進化させた。ドアノブは、アルミ構造材の一部としてデザインし、ステアリングホイールにはアルミを採用。センターコンソールは、SUV なのかと思えるほど太く力強いデザインとなった。膝に当たらない? と思うほど乗員側に張り出しているほど存在感を主張している。
 
 日産は新型スウェイが、キャシュカイジューク のように、斬新で、個性的、そして魅力的なものを提案することで、日産の挑戦する文化を継承していくとアピールする。ジュークは、デビュー当時あまりにユニークなデザインのため、好き嫌いが明確に出すぎる感もあり、販売台数はそれほど伸びないと思われていたものの、世界的なヒットモデルとなった経緯がある。そうしたことが、日産のデザインに対しての自信となっているようだ。

 なかなか魅力的なコンパクトカーに仕上がった新型日産スウェイ。次期新型ノート なのか? それともマーチ なのか? という予想もできる。ノートは、まだフルモデルチェンジするには早過ぎる。となると、新型スウェイは、次期型新型マーチなのか? マーチは2010年にフルモデルチェンジし、そろそろ6年目というモデルだ。ただ、先代マーチはフルモデルチェンジするまで8年以上の時間をかけた。新型スウェイがこれから2年ほどかけて開発されていくと、ちょうどマーチのフルモデルチェンジ時期と合う。国内では、マーチの存在感が随分無くなってきているだけに、今後注目したいモデルといえるだろう。

■新型日産スウェイ(Sway)ボディサイズ
全長 4,010mm
全幅 1,780mm
全高 1,385mm
ホイールベース 2,570mm
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)

日産スウェイ(Sway)画像集

日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)

日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)

日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)

日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)

日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)

日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)

日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)

日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)
日産スウェイ(Sway)

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】