CORISMトップニュース・トピックス一覧クライスラー > ジープ チェロキー新車情報・購...

ジープ チェロキー新車情報・購入ガイド
怪しいワイルドさをもつ超個性派の限定車チェロキー ウォーリア デビュー!

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【クライスラー】2014/08/05

価格的バリューも高く、超個性派! チェロキーを買うならこれか?

ジープ チェロキーウォーリア
 クライスラー は、SUV新型ジープ チェロキー(Jeep Cherokee) のオフロード仕様であるグレード「トレイルホーク(Trailhawk)」をベースにした限定モデル「ジープ チェロキー ウォーリア(Jeep Cherokee Warrior)を、2014年8月23日より、150台限定で販売を開始する。チェロキー ウォーリアは、新型チェロキーでは初の限定車となる。
 
 ジープ チェロキーは、2014年5月に投入されたモデル。6年ぶりのフルモデルチェンジで、国内では4世代目となった。初代チェロキーは、1985年に投入。当時、バブル期でクロカン4WD ブームだった国内マーケットでは、スクエアで個性的なボディと本格的な4WD機能が評価され、イッキに人気モデルとなる。しかし、その後のチェロキーは、国内で鳴かず飛ばずが続く。

 そして、4代目ジープ チェロキーが投入された。スクエアないかにもクロカン4駆的なデザインから、新型チェロキーは大きくイメージチェンジ。全世界的にも洗練されたデザインが好まれることから、洗練されたモダンなデザインへと変貌を遂げた。

 マニアックなファンにとっては、残念なデザインとなったかもしれないが、北米ではヒットモデルとなった。大きくデザインチェンジが施されたとはいえ、ジープブランドの核となる台形のホイールアーチや7スロットグリル(ジープ伝統の7本縦型グリル)は、しっかりと継承されている。

 また、最近のSUVは、オフローダーとしてのパフォーマンスが不要というニーズが多く、FF車の設定が多い車種もあるが、チェロキーは硬派に4WDが中心。本格派オフローダーというチェロキーのDNAを受け継いでいる。

 とはいえ、舗装路を走るケースが多く、顧客のニーズは都市部での走行性能への要望が強い。そのため、チェロキーはメインを都市部でのパフォーマンスを重視しながら、トレイルホークと呼ばれるオーロード仕様のグレードを設定し、顧客のニーズへ対応している。

 チェロキーに搭載されるエンジンは、2.4Lと3.2Lのガソリンエンジンが用意されている。燃費性能的には、国内においてとくに目を見張るようなパフォーマンスは無い。組み合わされるミッションが9速ATと多段化されており、このミッションが、低燃費性能やスムースな走りをアシストしている。

 期待されるのは、欧州などに設定されているディーゼルエンジン。低速から大トルクを発揮するので、大型で車重が重いSUVに向く。さらに、低燃費なので経済的でエコでもある。早急に、クリーンディーゼルエンジン の搭載を望みたい。

 そんな新型ジープ チェロキー初となる限定車名は「チェロキー ウォーリア」。ウォーリア(Warrior)とは、「戦士・勇士」を意味するように、ネイティブ・アメリカンの一部族であるチェロキー族の勇敢な戦士からインスピレーションを得た限定モデル。

 この限定車チェロキー ウォーリアは、ベースモデルであるトレイルホークのオフロード走破性に加え、オンロードでの運転をサポートし安全性能を向上させるセーフティパッケージを標準。

 また、快適性を高めるレザーシート、ウォーリアの名にふさわしい勇ましさを表現するボンネットのマットブラックデカールやブラックのアルミホイールを特別装備した。全体的に、ワイルドさが増した印象が強く、独特の迫力を得ている。オフローダー的ではあるものの、逆に都心部では、このワイルドさが逆に注目されるはずだ。

 さらに、通常はアクセサリーとして設定されているオフロードキット(オフロード走行時に必要な手袋や牽引ストラップなどを含む)を標準装着した。

 ボディーカラーは、ジープブランドのシンボルカラーであるグリーンの特別色「エコグリーン」に加え、人気の定番色「ブリリアントブラッククリスタル」の2色を設定した。

 また、インテリアには、エコグリーンボディーにはグランドキャニオンをイメージした「ブラウンレザー」、ブラックボディーにはモロッコをイメージした「ブラックレザー」を設定。いずれもレッドステッチとの組み合わとなっている。よりワイルドな外観ながら、インテリアはスタイリッシュという意外性のあるインテリア空間となっている。

 注目は価格。多くの特別装備を装着した限定車ジープ ウォーリア。その装備は、約70万円相当だという。それでいて、ベースモデルと比較して約15万円高に抑えられている。つまり、約55万円分の装備が値引きされたことになる。

 こうなると、当然トレイルホークを選ぶよりウォーリアを選択するほうがよいだろう。なかなかお買い得感のある限定車といえる。力強さがあふれるSUV本来の魅力を感じさせる限定車ジープ ウォーリア。価格的バリューも高いので、SUVの購入を考えているのなら、購入リストの上位にいれてみるといいだろう。
ジープ チェロキーウォーリア
ジープ チェロキーウォーリア
ジープ チェロキーウォーリア
ジープ チェロキーウォーリア

ジープ チェロキー ウォーリア価格、スペック、特別装備など

<ジープ チェロキー ウォーリアー車両概要>
限定台数: 限定150 台(エコグリーン100台、ブリリアントブラッククリスタル50台)
価格: 4,514,400円
販売開始日: 2014年8月23日(土)
ステアリング: 右
乗車定員: 5名
エンジン: V型6気筒 DOHC
総排気量: 3,238cc
トランスミッション: 電子制御式9速AT
特別装備: 
● ナッパレザーシート(フロントシートヒーター付)
 - エコグリーン:グランドキャニオンをイメージしたブラウンレザー
- ブラック:モロッコをイメージしたブラックレザー
● 17インチ ブラックカラー アルミホイール
● マットブラック ボンネット デカール
● オフロードキット(Jeep ラックカーゴ マネジメントシステム専用)
● セーフティパッケージⅡ(オプション価格[税込] 324,000円):以下のセーフティ機能を搭載
 ・オートハイビームヘッドライト ・アドバンストブレーキアシスト ・アダプティブクルーズコントロール(STOP&GO機能付)・LaneSense車線逸脱警報プラス ・前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)・ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション ・Parkviewリアバックアップカメラ ・ParkSense縦列/並列パークアシスト ・自動防眩式ルームミラー ・運転式8ウェイパワーシート ・運転式4ウェイパワーランバーサポート ・パワーリフトゲート

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】