CORISMトップニュース・トピックス一覧ミツオカ > ミツオカのオープン2シーター「...

ミツオカのオープン2シーター「卑弥呼(ヒミコ)」に限定20台の特別仕様車『卑弥呼 Classic』登場

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ミツオカ】2010/07/28

クラシックテイストを際立たせる2トーンカラーを採用

光岡自動車「卑弥呼」特別仕様車 『ミツオカ 卑弥呼 Classic』 2トーンカラー
 光岡自動車は、オープン2シーターのスポーツカー「卑弥呼(ヒミコ)」に20台限定の特別仕様車『ミツオカ 卑弥呼 Classic』を追加し、7月29日より受注を開始する。
 卑弥呼は08年12月に発売を開始したモデルで、マツダの「ロードスター」をベースに、クラシカルで優雅なデザインを与えたカスタムカーだ。ホイールベースを大幅に延長することでロングノーズ・ショートデッキの古典的なプロポーションとするなど、長年のカスタムカー生産のノウハウを持つ職人の手により、1台1台手造りで生産されている。今回の特別仕様車は、そんな卑弥呼のクラシックテイストをさらに強調する内容となっている。ブラックとレッドの2トーンカラーは「1930年代から50年代にかけて流行ったスタイルをモチーフにした」(光岡自動車 デザイナー 青木 孝憲 氏)という。このカラーを際立たせるショルダーラインのメッキモールディングや専用エンブレムも追加されたほか、インテリアも外装に合わせたダークレッドの専用本革シート&ドアトリムや木目調パネルを採用した。この内容で、ベースモデルの10万円高というから買い得かもしれない。価格は「Himiko Classic ST」[5速MT]4,880,000円、「Himiko Classic HT」[6速AT]5,250,000円(ともに消費税込み)となっている。
ミツオカ 卑弥呼 Classic(ヒミコ・クラシック) ラゲッジルーム
ミツオカ 卑弥呼 Classic(ヒミコ・クラシック) インテリア
ミツオカ 卑弥呼 Classic(ヒミコ・クラシック) インパネ周り

ミツオカ 卑弥呼 Classic(ヒミコ・クラシック)とデザイナーの青木 孝憲氏
卑弥呼 Classic(ヒミコ・クラシック)とデザイナーの青木 孝憲氏
卑弥呼 Classic(ヒミコ・クラシック) エクステリア
写真の幌仕様(5速MT)とハードトップ仕様(6速AT)の2種類から選択できる
卑弥呼 Classic(ヒミコ・クラシック) インテリア
エクステリアのイメージに合わせた専用のインテリアが与えられた
ミツオカ 卑弥呼 Classic(ヒミコ・クラシック) リアビュー
(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】