CORISMトップニュース・トピックス一覧三菱 > 三菱、軽商用EV「ミニキャブ・...

三菱、軽商用EV「ミニキャブ・ミーブ」の予約受付を開始

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【三菱】2011/04/01

アイ・ミーブに続くEV第2弾。実質170万円からで今年末ごろの発売を予定

2010年10月からヤマト運輸と共同で実施している実証走行試...
 三菱自動車は4月1日、軽商用電気自動車(EV)「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」の予約受付を開始した。
 今回予約受付を開始したミニキャブ・ミーブは、軽商用車「ミニキャブバン」をベースにした三菱のEV第2弾。「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の開発で得られた技術やノウハウを最大限に活かし、商用車として要求される実用性や走行性能を確保するとともに、信頼性・耐久性やコストパフォーマンスを重視して開発を進めているという。また2010年10月から、ヤマト運輸と実証走行試験車を用いて実用性を確認している。
 顧客のニーズに合わせて選択できるよう、総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーを用意し、JC08モード一充電走行距離が約100kmの10.5kWh仕様と、約150kmの16.0kWh仕様を設定する。
 発売は本年末ごろを予定。価格は、経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業」の補助金制度が2010年度と同様に継続されると前提した場合に、顧客の実質的負担額は10.5kWh仕様で約170万円から、16.0kWh仕様で約205万円からとなるよう設定する方針で、販売方式は、現行のアイ・ミーブと同様、メンテナンスリースと現金販売を予定しているという。
三菱 軽商用電気自動車 ミニキャブ・ミーブ リヤビュー 画像
三菱 軽商用電気自動車 ミニキャブ・ミーブ サイドビュー 画像
三菱 軽商用電気自動車 ミニキャブ・ミーブ ラゲッジ 画像

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】