CORISMトップニュース・トピックス一覧その他 > 備えあれば憂いなし! 事故や事...

備えあれば憂いなし! 事故や事件から身を守る必須アイテム
ドライブレコーダー「データシステムDVR3000」

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【その他】2017/11/20

ドライブレコーダーは、基本性能がしっかりとしたものを選びたい

DATA SYSTEM DVR3000
 クルマを運転している以上、いくら注意していても事故は避けられないもの。そこで重要なのは、事故の記録が残っているかどうかという点だ。多くの場合、事故の加害者および被害者は、それぞれ自分に都合のよい証言をする。そこで重要になるのが、ドライブレコーダーによる客観的な記録だ。最近では、こうしたドライブレコーダーの記録が多くの事故や事件に役立っている。
 
 交通トラブルも含め、クルマに関係する事故や事件から自らの身を守るためには、もはやドライブレコーダーは必須ともえいる状況になっている。

 そのため、カー用品マーケットではドライブレコーダーが大人気。品薄状態が続いているという。そんなドライブレコーダーだが、選び方が難しい。種類が多く、価格の幅も広いからだ。

 数多くあるドライブレコーダーの中から、どんなものを選んだらよいのだろう。まず、重要なのは映像の質。映像の質が悪ければ、事故時のクルマのナンバーなどが読み取れない。相手に逃げられたときなどでは、ドライブレコーダーを装着していた意味がなくなる。

 そして、次に重要なのは映像の範囲。これが狭いと、事故の経緯が分かりにくくなる。また、Gセンサーなどを装備しているタイプなら、強い衝撃を受けた場合、その前後の録画を自動的に保存してくれるので、うっかり上書きしてしまう心配もない。

 ドライブレコーダー選びは、こうした基本性能がしっかりとしたものが良い。

優れた映像をベースに、GPSやGセンサーを搭載したハイパフォーマンスモデルがデータシステムDVR3000

DATA SYSTEM DVR3000
 今回、新発売されたデータシステムDVR3000は、こうした基本性能をしっかりと押さえたモデルになっている。

 ドライブレコーダーの肝となる映像は、約350万画素・1/3型CMOSセンサーを搭載し、フルハイビジョンを超える高精細3メガ(2,304×1,296)/ウルトラワイド(2,560×1,080)の高解像度での録画が可能。ナンバープレートなども鮮明に映し出すことができる。記録解像度は3メガ(2,304×1,296・27.5fps)、ウルトラワイド(2,560×1,080・27.5fps)、フルハイビジョン+HDR(1,920×1,080・30fps)、フルハイビジョン(1,920×1,080・27.5fps)、ハイビジョン(1,280×720・27.5fps)の5種類から選択が可能。

 データシステムDVR3000には、GセンサーとGPSが搭載されている。Gセンサーは、強い衝撃を感知した際、前後一定時間の記録ファイルを削除されないようにロックする「イベント録画機能」を搭載。万が一の際の重要な記録映像をしっかり保護。Gセンサーは3段階 (低感度/中感度/高感度) の感度調整が可能だ。

 GPSは、映像録画と同時に位置情報(経度&緯度)のほか、車速情報、日時も同時に記録。録画ファイルは専用のビュワーソフトを使用して、PC上で記録映像の再生や走行軌跡・走行速度などが確認できる。

 また、LED信号機対策済み。LED信号機の点灯とドライブレコーダーの撮影周期が一致すると信号機が点灯していないように映る場合があるが、DVR3000は無点灯記録を防いでいる。

 事故時の記録を撮ることがドライブレコーダーの役割だが、衝突時にクルマ側からの電源が供給できない場合もある。DVR3000では、こうした状況も想定されていて、本体内蔵のエマージェンシーバッテリーを使用して一定時間録画を継続し、事故後の状況も記録として残しておくことが可能だ。

 最近のドライブレコーダーは、映像がキレイなこともあり、ビデオカメラ的な役割をもっていて、ドライブ中の景色などを保存して、後で楽しむというような使い方もされている。DVR3000には、HDMI出力端子、3.5φミニジャックAV出力端子搭載。カーナビや車載のより大きなモニターのほか、家庭のテレビに接続して、高画質で録画した映像を楽しむことも可能となっている。

 そして、ドライブレコーダーに期待したいのは、クルマへのいたずら対策。オプションとなるセンサースイッチコントローラー SWC295Ⅱを接続すれば、駐車中もドップラーセンサーが不審者を検知。自動でドライブレコーダーの電源を入れ録画を開始する。

 データシステムDVR3000の価格は19,800円だ。
DATA SYSTEM DVR3000
DATA SYSTEM DVR3000
DATA SYSTEM DVR3000

データシステムDVR3000スペックなど

●その他の機能
3.0インチワイド(16:9)モニター搭載。
16GBのmicroSDを付属。最大64GBのmicroSD(SDXC)まで使用可能。
H.264による圧縮技術採用により、長時間の録画を実現。(ファイル形式:MOV)
音声の同時録画可能。(ON/OFF可)
静止画撮影機能搭載。(解像度:2,688×1,512 ファイル形式:JPEG)
PC接続用USBミニBコネクター搭載。USBケーブルを使用して直接PCに録画データを取り込むことが可能。
USBコネクター付シガー電源ケーブル付属で、同時にスマートフォンなどのUSB機器の充電が可能。


【DVR3000同梱品】
●DVR3000本体×1 ●GPSモジュール×1 ●シガー電源ケーブル(通電確認ランプ、USB5V出力端子搭載) ケーブル長3.4m
●USBタイプA-ミニBケーブル×1 ケーブル長1m ●3.5φミニプラグ-RCA変換ケーブル×1 ケーブル長3m ●クリーナー100×1
●microSDカード 16GB×1 ●コードクリップ×4

【DVR3000製品仕様】
●12V車/24V車兼用
●サイズ:W99×H50×D29mm(レンズ部含む)
●重量:70g(本体のみ)
●レンズ画角:対角140°(水平125°/垂直60°)
●動作温度:-10℃~+60℃
●価格:19,800円

データシステムDVR3000実際の映像

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】