CORISMトップニュース・トピックス一覧日産 > 日産セレナ新車情報・購入ガイド...

日産セレナ新車情報・購入ガイド
激戦、5ナンバーミニバン選びはセレナがカギを握る?

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2015/04/08

ステップワゴンに、ノア&ヴォクシーにエスクァイアと、ほとんど新型に切り替わった5ナンバーミニバン

 トヨタ ヴォクシー /ノア がフルモデルチェンジしたのが、2014年初頭。その後、エスクァイアが追加された。トヨタの5ナンバーミニバン は、これで3姉妹となり強力な布陣となった。そして、2015年4月23日にホンダ ステップワゴン がフルモデルチェンジする。トヨタとホンダのミニバンが新型となり、2015年は再び5ナンバーミニバン販売戦争となることが確実だ。

 そんな新型モデルが気を吐くミニバンマーケットだが、そんな中で、どんな5ナンバーミニバンを選ぶと良いのかをレポートする。このクラスのミニバンは、ほぼ国内専用車ということもあり、日本での使い勝手や日本人の好みを色濃く反映しており、非常に使いやすモデルばかりだ。さらに、各社激しい販売戦争を繰り広げていることもあり、クルマそのものも常に進化している。

 トヨタのミニバン三姉妹は、ハイブリッド とガソリンエンジンと2つのパワーユニットをもち、より多くのニーズを取り込む。また。ホンダ ステップワゴンは、ミニバン初となる1.5Lダウサイジングターボエンジンを搭載。パワーと低燃費の両立をしている。

 そんな中、デビューからやや時間が経過した日産セレナが、このミニバン販売戦争の中で、シッカリと押さえておくべき車種になりそうなのだ。
日産セレナ

やや古くなった日産セレナだが、自動ブレーキ装備にいち早く対応。さらに、お買い得な特別仕様車を投入!

日産セレナ
 日産セレナ は、2013年12月末に大幅なマイナーチェンジが施されている。これは、日産のマーケティング戦略上、かなり大胆な作戦に出ている。まず、マイナーチェンジ時期が、ヴォクシー/ノアのフルモデルチェンジ直前に行われている。ヴォクシー/ノアの発売前に合わせることで、乗り換えマインドが高まったトヨタ勢にセレナという選択肢もあることをアピール。相乗効果で、販売台数を伸ばす作戦でもある。

 単に、発売時期をヴォクシー/ノアの直前にしただけでなく、未だヴォクシー/ノアに装備されていない自動ブレーキをいち早く装備し、安全性の高さをアピールしたのだ。そうした戦略もありセレナは、2013年度(2013年4月-2014年3月)の販売台数が95,716台となり、2008年度から6年連続でミニバンの販売台数、第1位となった。

 そこで終わらないのが、日産マーケティングの粘り強くところ。なんと、2014年10月に、お買い得な特別仕様車「Vセレクション+Safety」を投入。このモデルは、人気オプションである「LEDヘッドランプ」、「ワンタッチオートスライドドア〈両側〉」、「16インチアルミホイール」を標準装備。総額約22万円分のオプションを8万円高で購入できるというもの。つまり、約14万円安く買えるということになる。

 この価格インパクトは強烈で、セレナを買う場合「Vセレクション+Safety」をベースに考えるといい。このVセレクション+Safetyシリーズには、日産がわくテクと呼ぶ自動ブレーキの「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」、「アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能付)」などが標準装備されている。
日産セレナ
 ルームミラーの奥に配置したカメラが、前方の車両や歩行者の有無を検知。自車両の速度と、他車両や歩行者までの距離と速度から、衝突する危険性がある場合、まずディスプレイ表示とブザーでドライバーに注意喚起。ドライバーの回避操作が遅れた場合や、行わなかった場合には、緊急ブレーキが作動して速度を落とし、衝突を回避、もしくは衝突時の被害を軽減する
日産セレナ
クルマが停止している時や発進する時に、カメラが周辺の移動物を検知すると、画面への表示と音声でドライバーに注意喚起する。急にクルマの側を横切ったりする人間や自転車などとの接触事故を避けることができる
日産セレナ
クルマを上空から見下ろしているかのように、直感的に周囲の状況を把握できるアラウンドビューモニター。4つのビュー(「トップビュー」「フロントビュー」「サイドブラインドビュー」「バックビュー」)を切り替えることで、狭い場所での駐車でも周囲が映像で確認でき、運転の苦手な人も楽に安心して駐車が可能だ

人気5ナンバーミニバンの〇と☓

日産セレナ
 こうしたお買い得な特別仕様車生まれた結果、トヨタやホンダのライバル車は厳しい戦いになる。ヴォクシー/ノアのハイブリッド車は、燃費性能が飛び抜けて高いが、ガソリン車の燃費はほぼ同じ。トヨタ勢のマイナス要因は、自動ブレーキが選択できないことだ。今時、自動ブレーキさえも付いていない高級車はなかなか選びにくいだろう。そして、価格面・装備面ではセレナの特別仕様車がリードする。

 そして、新型ステップワゴンと比較すると、燃費やパワーはステップワゴンが勝るだろう。また、自動ブレーキ関連では、ステップワゴンがやや優位。さらに、横開きするテールゲート「わくわくゲート」もユニークな装備となる。価格・装備面では、セレナが優位となる

 各車、それぞれ優位な部分をもっているのだが、セレナの場合、物足りないと感じる部分が少ないのがポイントで、価格・装備面ではライバルを上回っている状態なのだ。
日産セレナ
日産セレナ
日産セレナ

まずは、セレナを試乗してみる! セレナの見積書1枚が、大きな値引きを生む? 

日産セレナ
ゴルフバッグを立てて4つ収納できるなどの、高い積載性もミニバンの魅力。それでいて、4人が広々とした空間でリラックスして乗車できる。ミニバンというと、ファミリーカーのイメージが強いが、趣味を楽しむクルマとしての使い方もある
 なぜ、5ナンバーミニバンでセレナをチェックすべきとしているかというと、セレナが現在持つ優位なポイントである価格・装備面だ。実際に購入するときには、セレナの見積りを必ず取ろう。その時に、装備面も含めライバルの見積りと比べると、セレナはライバルに比べ随分買い得感が出てくるはずだ。このセレナの見積りが大切。

 このセレナの見積りがあるだけで、ライバルメーカーは、新型車とはいえ、かなりセレナの見積りに近付けなくてはならなくなる。同時に、セレナ側もデビューから少し時間が経過したクルマだけに、結構頑張った数字が出てくるはずだ。こうなると、セレナの買い得感は大幅にアップする。こうした状況を加味しながら、上手に5ナンバーミニバンを選んでほしい。

 日産はさらに先進技術を搭載した「ノート」 、「セレナ」、「デイズ」「デイズ ルークス」「エクストレイル」 といった車種を1泊2日借り出すことができるキャンペーンを実施中! クルマはジックリ乗ってみないと分からないことが多いので、こうしたキャンペーンを使って実際に試してみるのもいいだろう。

日産セレナ価格

日産セレナ
■日産セレナ価格
●2WD
・ハイウェイスター Vセレクション+Safety (エマージェンシーブレーキ標準装備)  2,721,600円
・ハイウェイスター Vセレクション+Safety (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  2,810,160円
・ハイウェイスター Vエアロモード+Safety (エマージェンシーブレーキ標準装備)  2,761,560円
・ハイウェイスター Vエアロモード+Safety (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  2,850,120円
・ハイウェイスターG エアロモード (エマージェンシーブレーキ標準装備)  3,027,240円
・ハイウェイスターG エアロモード (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  3,115,800円
・20S  2,246,400円
・20X (エマージェンシーブレーキ標準装備)  2,452,680円
・20X (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  2,541,240円
・20G (エマージェンシーブレーキ標準装備)  2,764,800円
・20G (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  2,853,360円
・ハイウェイスター (エマージェンシーブレーキ標準装備)  2,641,680円
・ハイウェイスター (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  2,730,240円
・ハイウェイスターG (エマージェンシーブレーキ標準装備)  2,922,480円
・ハイウェイスターG (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  3,011,040円
●4WD
・ハイウェイスター Vセレクション+Safety (エマージェンシーブレーキ標準装備)  2,962,440円
・ハイウェイスター Vセレクション+Safety (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  3,051,000円
・ハイウェイスター Vエアロモード+Safety (エマージェンシーブレーキ標準装備)  3,002,400円
・ハイウェイスター Vエアロモード+Safety (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  3,090,960円
・20S  2,527,200円
・20X (エマージェンシーブレーキ標準装備)  2,704,320円
・20X (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  2,792,880円
・20G (エマージェンシーブレーキ標準装備)  3,016,440円
・20G (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  3,105,000円
・ハイウェイスター (エマージェンシーブレーキ標準装備)  2,909,520円
・ハイウェイスター (エマージェンシーブレーキ標準装備)“アドバンスドセーフティ パッケージ”  2,998,080円

日産セレナ 燃費、スペックなど

代表グレード 日産セレナ ハイウェイスター Vセレクション+Safety
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,770×1,735×1,865mm
ホイールベース[mm] 2,860mm
トレッド前/後[mm] 1,480/1,485mm
車両重量[kg] 1,680kg
総排気量[cc] 1,997cc
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm] 108(147)/5,600
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 210(21.4)/4,400
ミッション CVT
タイヤサイズ 195/60R16
JC08モード燃費 15.4km/L
定員[人] 8人
税込価格[円] 2,721,600円
モデル 青木直子
レポート 編集部
写真 編集部
日産セレナ
日産セレナ
日産セレナ

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】