CORISMトップニュース・トピックス一覧ホンダ > ホンダNワゴン(N-WGN)/...

ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム新車情報・購入ガイド
燃費&安全性能、価格と最も競争が厳しいクラスに新型Nワゴン参戦!
追突被害軽減自動ブレーキが標準装備グレードも! 競争力あるNワゴンの価格にも注目!!

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2013/12/15
手前がホンダNワゴンカスタム、奥がNワゴン

燃費でワゴンRに負けても得たかったものとは?

ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
Nワゴンカスタム
 ホンダは軽自動車である「N」シリーズ第4弾となる新型ホンダN-ワゴン(WGN)とN-ワゴン(WGN)カスタムの発売を開始した。

 新型ホンダNワゴンは、スズキ ワゴンRダイハツ ムーヴ といったクルマがライバルとなり、軽自動車マーケットにおいて最もボリュームゾーンとなるクラスへ投入されたモデルだ。スズキやダイハツにとっても、まさにそのメーカーの顔ともいえるモデルが投入されている。そのため、多くの新技術なども投入されていて、完成度の高いモデルが激戦を繰り広げている。そんな新型ホンダNワゴンを評価してみたい。

 軽自動車マーケットは、新型ホンダNワゴンが属するハイト系と、N BOX などのスーパーハイト系、スズキ アルトエコやダイハツ ミライースなどがいるロールーフ系と3つのクラスに分類されている。スーパーハイト系は、主にスペースやクオリティが重視され、ロールーフ系は価格や燃費が重要とされている。その中間にあるのがハイト系となり、すべての要素の高いバランスが求められる。つまり、価格や燃費・スペースにと、妥協が許されないクラスなのだ。

 ところが、その激戦マーケットに投入する新型ホンダNワゴンの開発は困難を極めることになる。通常は、すでに発売済みのN BOXやN-ONEのハードを流用して新型Nワゴンを開発するのだが、あまりにもライバルの進化のスピードが早く、あまりに強敵過ぎて、既存のNのハードをベースにしていては、ライバルに勝てないということが判明したのだ。

 ライバルより新型Nワゴンを後に出すのに、燃費や走行性では負けるわけにはいかない。そこで、ホンダはエンジンやCVTなどなど、基幹部分や細部に渡り、現状のNシリーズをさらに進化させた。

 エンジンは、ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステムが採用された。燃料と空気をより均一に混合させて、燃焼状態を改善し、優れたドライバビリティと低燃費を実現。単純にインジェクターの数が2倍になるので、コストは大幅にアップする。さらに、11.8という高圧縮比化に伴うノッキング対策のため、ホンダ初となるナトリウム封入バルブも採用された。また、新EGRシステムも投入された結果、最高出力43kW[58PS]/7,300rpm、最大トルク65N・m[6.6kgf・m]/4,700rpmとなった。アウトプットされる最大値は変更ないものの、最大トルクの発生回転数は3,500rpmから4,700rpmと高回転化されているのがスペックから見える違いだ。

 ヘッドまわりを中心に大きく変化を遂げたパワーユニットと同時に、CVTも新開発された。ケース薄肉鋳造技術の適用や、軽量なデフケース、ファイナルギアの採用、アキュームシステムの搭載による電動ポンプレス化等により2011年N BOXのCVTと比較して、約3.9㎏もの軽量化に成功している。

 こういった改良は、主に燃費改善のためだ。そこで、アイドリングストップ機能にも手が入り、今まで停止するまでアイドリングストップしなかったが、新型Nワゴンから、約10km/hからエンジン停止する減速時アイドリングストップとなった。

 これらの新技術の投入によって、新型ホンダNワゴンの燃費は29.2km/Lを達成した。ただ、この燃費はスズキ ワゴンRの30.0㎞/Lを超えることはできなかった。すべての車種で燃費ナンバー1を取れと支持されているだけに、今回の結果はホンダ技術研究所にとっても屈辱だっただろう。

 スズキ ワゴンRが優れている理由は、エンジンそのものだけでなく、新型Nワゴンより車重が軽量であることによる軽量化技術や、副変速機をもつワイドなギヤ比をもつCVT、リチウムイオン電池を使ったエネチャージなどによるものだ。新型Nワゴンより多くの技術が投入されていることになる。ホンダに無い技術がワゴンRに投入されていることから、逆に考えれば、ホンダのパワーユニットは、まだまだ燃費向上が狙える余裕を残すとみられている。

 今回、新型ホンダNワゴンは、ワゴンRなどを価格や装備などを含めお買い得感を出さなくてはならないため、あまりコストをかけることができなかった、ということも背景にあるようだ。

 これらの低燃費技術は、順次他のNシリーズに展開されていくことになるはずだ。いつのタイミングで変更されるか分からないが、他のNシリーズを購入するのなら、新型Nワゴンと同じパワーユニットが搭載されたモデルが出るまで待った方がよいだろう。
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
Nワゴン標準車
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム

存在感のあるスタイルと、使い勝手のよいインテリアは、軽自動車の王道を行き高く評価できる

ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
Nワゴン標準車インパネ
 新型ホンダNワゴンのデザインは、他社と同じようにカスタムと呼ばれる、より個性的なデザインを施された車種を用意した2タイプで構成される。標準車とカスタムとも、ボンネットフードを高くし、顔を大きく見せる手法が取り入れられている。グリルも厚みのある大きなもので、存在感があり立派な感じがするフェイスをアピールしている。

 一般的に、標準車は丸みのあるデザインを採用し、女性ウケを狙うのが主流だが新型Nワゴンは、標準車もなかなか押し出しが強く、男性的ともいえるデザインとなっているのが特徴だ。このあたりが、女性にどう評価されるかにも注目したい。

 新型Nワゴンカスタムは、さらにエッジを効かせシャープさとアヴァンギャルドさをアピールするデザインとなった。導光タイプのLEDを用いたアクセサリーライトや、リヤコ
ンビネーションランプも、上に外に広がる個性的なライティングとすることで、夜間も堂々とした少々強面系に仕上がっている。

 積載性や使い勝手も、高いレベルにまとめられている。新型Nワゴンはセンタータンクレイアウトのため、後方にガソリンタンクが無い。そのため、ラゲッジルーム下に29㎝という底の深いスペースができている。ここに、A型ベビーカーを立てたまま収納できるうえに、後方視界を妨げていない。

 ワゴンRのように、後席が左右独立してスライドはしない。しかし、それを逆に利用して、リヤシート下に幅99㎝×奥行33cmというリヤシートアンダートレイを用意。傘などの細長い長尺物などを収納するのに便利だ。

 さらに、リヤシートは最大20㎝スライドする。最前方にシートをスライドさせると、クラストップの奥行56㎝というラゲッジスペースが出現するなど、高い積載性能をもっている。
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
Nワゴン標準車シート
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
Nワゴンカスタムインパネ
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
Nワゴンカスタムシート

ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム

評価ポイントは、圧倒する価格優位性! もう、軽自動車は安全性能に不安があるとは言わせない高い安全装備

ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
 新型ホンダNワゴンは、安全装備関連も充実している。標準車エントリーグレードのGで113.1万円だが、これでも横滑り防止(VSA)は標準装備。さらに、11.9万円アップのあんしんパッケージであるG・Aグレードが125.0万円だ。このグレードには、約30㎞/h以下で追突を回避、または被害を軽減する自動ブレーキ、シティブレーキアクティブシステムが装備された上に、サイドエアバックとカーテンエアバッグ、HIDヘッドライトまで装備でき、かなりお買い得感のあるパッケージとなっている。このあんしんパッケージは、新型Nワゴン初期受注の内、約80%もの顧客が選んでいるという。

 ワゴンRのFXリミテッドレーダーブレーキサポート車の価格は、約129万円となっていて、新型Nワゴンより約4万円高価で、HIDヘッドライトやサイドエアバック、サイドエアバックは装備されていない。こういった安全装備面だけでもワゴンRより10万円以上の価値があり、さらに約4万円価格が安いのだから、この部分だけみてもワゴンRより14万円分以上の価値はある。若干差は縮まるが、ムーヴに対してもこの傾向は変わらないので、新型NワゴンG・Aパッケージの価格的バリューはかなり高いといえる。

 標準車のG・Aパッケージに対して、カスタムのG・Aパッケージ車は、20万円高価になり145万円。UVだけでなく、IR(赤外線)をカットし肌に暑さを感じないガラスや、プラズマクラスター搭載のエアコン、クルーズコントロールまで装備され、ホイールもアルミとなる。装備&価格面でも、新型Nワゴンカスタムは、ワゴンRやムーヴの上を行く。細かい装備を別にすれば、お買い得感のある価格設定だ。とくに、安全装備が充実している。

 また、標準車とターボ車の価格差は10万円に対して、カスタムのGターボは6万円のアップの151万円。ライバルの多くは、10万円以上の価格アップ当然ということを考えると、新型Nワゴンカスタムを選ぶなら、Gターボは、かなりお買い得感がある。

 見た目の価格は、ムーヴRS SAが148万円と安いが、サイドエアバックが94,500円と高価で、これを装備しただけで軽くNワゴンカスタムGターボの価格を上回る。

 全体的に、新型ホンダNワゴンの価格は、安全装備を含んだ価格でライバルを圧倒するリーズナブルな価格となっているのが特徴だ。若干の装備差があるとはいえ、この差は大きい。若干、燃費でワゴンRに負けてはいるものの、安全装備と価格では大きく上回る。軽自動車は価格重視。安全装備なんて二の次というスズキに対して、安全装備と価格で上回ったホンダ。マーケットは、どんな判断を下すのか、楽しみでもある。もちろん、新型Nワゴンを選ぶときは、あんしんパッケージ装着が大前提となる。軽自動車は、安全装備が今ひとつというのは、新型ホンダNワゴンの登場で、もう過去のものとなった。
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム

ホンダNワゴン/Nワゴンカスタム価格、燃費、スペックなど

ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
■ホンダNワゴン(N-WGN)価格
G FF 1,131,000円
    4WD 1,251,000円
G・Aパッケージ FF 1,250,000円
        4WD 1,370,000円
Gターボパッケージ FF 1,350,000円
            4WD 1,470,000円

■ホンダNワゴンカスタム(N-WGN Custom)
G FF 1,335,000円
    4WD 1,455,000円
G・Aパッケージ FF 1,450,000円
        4WD 1,570,000円
Gターボパッケージ FF 1,510,000円
4WD 1,630,000円

代表グレード ホンダNワゴンG・Aパッケージ FF車
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3,395×1,475×1,655mm
ホイールベース[mm] 2,520mm
トレッド前/後[mm] 1,305/1,305
車両重量[kg] 820kg
総排気量[cc] 658cc
エンジン最高出力[ps(kw)/rpm] 58PS(43Kw)/7300rpm
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 65(6.6)/4,700rpm
ミッション CVT
タイヤサイズ 155/65R14
JC08モード燃費 29.2km/L
定員[人] 4人
税込価格[円] 1,250,000円
レポート 編集部
写真 ホンダ


ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム
ホンダNワゴン(N-WGN)/Nワゴンカスタム

2013年10月22日更新 ホンダNワゴン(WGN)、11月20日発表! 価格は、競争力あるものを目指す!

ホンダNワゴン
ホンダNワゴン
 ホンダは、11月20日に発表予定の軽自動車「新型ホンダNワゴン(WGN)/Nワゴンカスタム」を公開した。

 この新型ホンダNワゴン(WGN)は、ホンダNシリーズの第4弾となるモデル。この新型ホンダNワゴンが投入されるクラスは、ムーヴやワゴンRなどがあるハイトワゴンクラスだ。このクラスの特徴は、広さや使い勝手、燃費や価格、スタイルに安全装備など、すべてにおいてバランスの高さが要求される。

 そのため、新型ホンダNワゴンが目指したのは「日本のあたらしいベーシック」。ホンダがNシリーズやコンパクトカーで得てきたノウハウや技術を惜しみなく注ぎこんだという。

 公開されている内容はわずかだが、ホンダが新型Nワゴンに対してのこだわりはかなりのものだ。まず、追突被害軽減自動ブレーキであるシティブレーキアクティブシステムが、G・Aパッケージ以上に標準装備される。ベーシックなGグレードでも、安心パッケージを選択すると追突被害軽減自動ブレーキの他にサイドエアバックとカーテンエアバックを装備することができる。

 また、基本的な安全装備であるVSA(横滑り防止装置)は全車に標準装備。この安全装備は他車では、ほとんどオプション、場合によっては、オプションでも用意されていない。この装備だけで見れば、新型ホンダNワゴンは、最もベーシックモデルでも安全装備のレベルは高いといえる。

 そして、デザインに関しては、他車と同様に通常モデルの他に、よりスタイリッシュにしたNワゴンカスタムも用意されている。通常モデルは、一般的に女性ウケするデザイン。カスタムは男性ウケするデザインデザインというのがよくあるパターン。しかし、新型ホンダNワゴンは、あまり大きな違いはなく、どちらもスポーティな印象を受ける。顔全体のイメージは、ミニ・ステップワゴン的ともいえるだろう。

 この新型Nワゴンカスタムは、エントリーグレードのGでもなかなか装備が充実している。ディスチャージヘッドライト、14インチアルミホイール、LEDドアミラーウインカーなどなど、かなり豪華な装備が標準となっているのが特徴だ。標準モデルのGグレードも、装備は充実しているので、エントリーグレードであっても不便さを感じることは少ないだろう。また、他車ではターボモデルがカスタム系のみというパターンが多いが、新型Nワゴンでは標準車にもターボモデルがある。

 エンジンライアップは、ターボと自然吸気の2タイプ。ホンダのNシリーズの場合、スズキに対して大きく燃費で差をつけられている状態。全車種で燃費ナンバー1奪取を掲げているホンダだけに、この新型Nワゴンで燃費をどう向上させているのかも気になるところだ。今のところ、自然吸気エンジンで30.0㎞/L、ターボで27.0㎞/LといのがワゴンRがもつトップ燃費だ。

 車両重量が近いN ONEが、自然吸気エンジンで27.0㎞/L、ターボが23.2㎞/Lという燃費なので、エンジンそのものが同じでは、余裕でワゴンRの燃費には勝ち目はない。そのため、新型ホンダNワゴンは、これまでのNシリーズのエンジンをより進化させたものを搭載する可能性が高い。三菱ekワゴンや日産デイズのように、燃焼済みのガスを吸気の一部に再循環させ燃費を向上させるEGRをより効率的に使うことも考えられるが、あまり再循環させ過ぎるとパワーやトルクが落ちることも予想できる。このあたりのパワーと燃費のバランスをどう取ってくるのかが、ホンダの技術力の見せどころともいえる。ホンダとして、新型Nワゴは後出しなので燃費戦争に負けるわけにはいかないだろう。

 そして、もうひとつ重要なのが新型ホンダNワゴンの価格だ。ホンダは、この激戦ハイトワゴンクラスでは、価格設定も重要だという。つまり、それは他車より高ければ売れないという意味だとすれば、ムーヴXの120万円という価格が、新型NワゴンGの価格の目安となるだろう。N ONEのエントリーグレードが115万円なので、120万円を切るような価格設定もありえるだろう。新型ホンダNワゴンは、VSAなどが標準装備なので、120万円を切る価格で登場したのであれば、新型ホンダNワゴンの価格バリューは非常に魅力的なものになるだろう。

 新型ホンダNワゴン、価格や燃費などライバル達にどれだけパフォーマンスで差がつけられるのか11月20日の発表が楽しみだ。
ホンダNワゴン
ホンダNワゴン インパネ
ホンダNワゴン
ホンダNワゴンカスタム
ホンダNワゴン
ホンダNワゴンカスタム インパネ
ホンダNワゴン
ホンダNワゴンカスタム

10月5日更新 ホンダNシリーズ第4弾、新型ホンダNワゴンは、ワゴンRやムーヴと同じハイト系ワゴンで登場

 ホンダは、今秋に発売予定の「N」シリーズの第4弾である新型軽乗用車「ホンダN-WGN(エヌ ワゴン)」のシルエット画像を公開した。

 新型ホンダNワゴンは、Nシリーズ共通のセンタータンクレイアウトを採用したプラットフォームをもつ、ハイトワゴンタイプの軽自動車だ。このセンタータンクレイアウトは、「日本にベストな新しいのりものを創造したい」という想いを込めて、ホンダのクルマ作りの原点でもある「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」を具現化したもの。この技術を採用した結果、軽乗用車の概念を超えた広さ、快適さ、経済性を実現している。

 そんなプラットフォームを採用した第1弾モデル「N BOX(エヌ ボックス)」と第2弾モデル「N BOX +(エヌ ボックス プラス)」は、ホンダの得意とするミニバンの魅力をそのまま軽乗用車に凝縮した「ミニ・ミニバン」を目指した。この優れたパッケージングにより、N BOXシリーズは大ヒットとなる。燃費では、若干劣るものの2013年度上半期(2013年4月〜9月)の販売台数で、軽四輪車新車販売台数でナンバー1を獲得するほどだ。

 そして、同じプラットフォームを使いながら、N BOXとは全く違う個性派が第3弾モデル「N-ONE(エヌワン)」だ。N‐ONEは、1967年に発売されたホンダ初の市販軽乗用車「N360」をモチーフに、新しいベーシックカーの創造を目指して開発された。BMWミニの軽自動車版ともいえるファニーなルックスを持ちながら、十分な居住性をもつ個性派軽自動車として、こちらも根強い人気を誇っている。

 成功続きのホンダNシリーズは、ついにダイハツやスズキの看板車が競うハイト系ワゴンクラスに、この新型ホンダNワゴンで参入する。このクラスは、まさに各社熾烈な争いを繰り広げている。とくに、燃費戦争は凄まじく、現在ではスズキのワゴンRが30.0㎞/Lというクラストップの低燃費で君臨する。その一方で、ダイハツはいち早く追突被害軽減自動ブレーキなどを装備する総合的な安全装備スマートアシストを投入。スズキも負けじと、レーダーブレーキサポートを投入し、ダイハツに追いついた状態だ。そんな中、日産&三菱連合がデイズ&eKワゴンまで参入し、現在、4車種で熱い戦いを繰り広げている状態だ。

 新型ホンダNワゴンは、そんな激戦マーケットに5車種目のハイト系ワゴンとして参入するのだが、ポイントは2つある。ひとつ目は燃費だ。新型ホンダNワゴンが、ワゴンRの燃費を超えられるかどうか。ホンダは、全車種で燃費ナンバー1を目指すという方向性を打ち出しているが、ワゴンRの30.0㎞/Lという燃費は極限に近いとも言われている。しかし、後出しの上、負けず嫌いなホンダなので、どれだけワゴンRの燃費を超えてくるかが注目だ。

 もうひとつのポイントは、追突被害軽減自動ブレーキなどの安全装備だ。ホンダは、ようやくフィットにシティブレーキアクティブシステムを装備した。この装備がホンダNワゴンにも採用されるかどうか、また、価格がダイハツの5万円以下で提供できるかというのも重要だ。ホンダはフィットでシティブレーキアクティブシステムとサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグをセットにして、安心パッケージとして安価な価格でオプション化している。こういう取り組みは、安全装備を選びやすくしていることから高く評価されている。新型ホンダNワゴンにも、こうした方法が採用されるかというのも注目だ。

 新型ホンダNワゴンの登場は2013年秋。燃費や価格、安全装備とライバルをどう上回るのか注目したい。

ホンダNワゴン先行公開公式サイト

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】