CORISMトップニュース・トピックス一覧レクサス > 【レクサス 新型 CT 200...

【レクサス 新型 CT 200h 新車情報】レクサス初のハッチバックモデルはハイブリッド専用車

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【レクサス】2011/01/12
レクサス CT200h "Version L"[ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン]

34.0km/Lの低燃費を引っ提げて、プレミアムブランドが新境地を放つ

レクサス CT200h "Version L" インパネ周り 画像
写真のモデルは、本木目に竹を用いた上質なオーナメントパネルを使用する。シート地はウォーターホワイトの本革シート。
 すでにプロトタイプを紹介したレクサスのCT200h。レクサス初のハッチバックであり、サイズ的にもコンパクトな部類に入る。プレミアムブランドたるレクサスがハッチバックを出す意味も含めて、新境地を開拓するモデルと言っていいだろう。世界的に見れば、BMW 1シリーズやアウディA3などといったライバルが存在するだけに、レクサスとしてラインナップに加える意味はあるのだろう。もちろんレクサスらしさをもってしてだ。そのレクサスらしさとは何か? 当然というか、毎度のハイブリッドとすることで独自のスポーティさを演出し、ここにプレミアムを見出そうというのが、ハッチバックをあえて出す後ろ盾となる。
レクサス CT200h "Version L" シートアレンジ 荷室(後席前倒し) 画像
6:4分割可倒式リアシートを全て倒すと奥行き約1500mmのフラットな空間になるラゲッジルーム。さらに床下にもデッキアンダーボックスを備える。
レクサス CT200h "Version L" リアシート 画像
前席に比べ高めの座面とし見晴らしにも優れた後席。足元スペースもフラットで、低い車高ながらも快適に過ごせるよう配慮されている。
レクサス CT200h "Version L" フロントシート 画像
ドライバーズシートは低めのポジションでスポーティな印象だ。またクルマとの一体感を得られるホールド性にも優れた形状とした。

「1.8リッター+ハイブリッド」、しかしプリウスのようでプリウスにあらず

レクサス CT200h 1.8リッター「アトキンソンサイクルエンジン」+「ハイブリッドトランスアクスル」
1.8リッター 2ZR-FXE型「アトキンソンサイクルエンジン」+P410型「ハイブリッドトランスアクスル」を搭載したプレミアムコンパクト初のハイブリッドシステム
 このCT200hのベースとなるのは2リッターではなく1.8リッター。つまりプリウスベースなのだ。そう聞くと、なんだボディを載せ変えただけか…、と思ってしまうがじつはそうではない。では、どこにCT200hの存在意義はあるのか? それはスポーティさだ。
 とくに足回りの煮詰めは半端ではなく、リヤサスはプリウスの流用ではなく、ダブルウイッシュボーン化&アルミ化して、しなやかさを確保する。さらに基礎となるボディ剛性もスポット数を増したり、その間隔の短くしたり。シャーシ裏側の補強に効果のあるブレースバーなどを大量投入しているなど、チューニングカー的(トヨタ的にはG'zの流れか)なエッセンスをも採用して完成度を上げている。また最近、世界的に採用が増えているヤマハ製パフォーマンスダンパーも採用。前後のサスペンションで、左右を連結することで剛性をアップ。あくまでもダンパーなので、微妙な振動も吸収するので乗り心地の向上にも効果を発揮する。このパフォーマンスダンパーの採用は、ステアリング上のハドルシフトともどもレクサス初となっている。
レクサス CT200h 新開発サスペンション
フロント:マクファーソンストラット式/リア:ダブルウィッシュボーン式の新開発サスペンション
レクサス CT200h フロント:マクファーソンストラット式サスペンション+パフォーマンスダンパー
フロント:パフォーマンスダンパー
レクサス CT200h リア:ダブルウィッシュボーン式サスペンション+パフォーマンスダンパー
リア:パフォーマンスダンパー

スポーティハッチバック車の定型を踏襲しつつ、レクサスらしい”プレミアム”度も

レクサス CT200h "Version L"[ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン] リアビュー 画像
 外観的にはすでに報じたように、お馴染みのレクサス顔で、ロングホイールベース。マツダのアクセラに似ていなくもない。内装に目をやると、バケット形状のシートなど、雰囲気的にもかなりスポーティにまとめている。注目なのはメーターで、これから流行りつつある切り替え表示式を採用。ノーマル/エコではいわゆるハイブリッドメーターになり、スポーツモードにすると、この部分がタコメーターになり、スポーティな走りをアシストしてくれる。このスポーツモード、トラクションコントロールやパワステの制御だけでなく、パワーユニット電圧まで高まるので、走り自体をグンと底上げしてくれる。シャーシに負けない、エンジンフィールを楽しむことができる。

 最後に気になる燃費だが、こちらは34.0km/L(10・15モード)となかなかの数値。さすがにここもプリウス同様というのは無理だろうが、スポーティを標榜する割には予想以上によかったというのが正直なところだ。価格も、レクサス車としては最も低めの設定で355.0万円から。レクサスへのエントリーモデルという点でも存在価値はあるか? ブランド力を下げないことを祈る。
レクサス CT200h ドライブモードセレクトスイッチ"ECOモード"
"ECOモード"はメーター照明がブルーに照らされる。加速もゆったりしたモードに切り替わるほか、メーター左のパネルがハイブリッドシステムインジケーター表示となる。
レクサス CT200h ドライブモードセレクトスイッチ"SPORTモード"
"SPORTモード"にセレクトするとメーター照明が赤に切り替わり、タコメーターも現れる。加速フィールも素早いフィールに変わるほか、ステアリングの手応えなどもスポーティな仕様となる。
レクサス CT200h ドライブモードセレクトスイッチ
インパネ中央のダイヤル「ドライブモードセレクトスイッチ」によって「ECO」「NORMAL」「SPORT」の3モードが切り替えられる。写真はECOモードで、スイッチもブルーの照明で照らされる。

レクサス CT200h ポップアップ式の7型高精細ディスプレイ
ポップアップ式の7型高精細ディスプレイはナビや車両情報など様々な表示が可能。またHS250h同様に「ハーモニアスドライビングナビゲーター」も装備し、エコドライブをサポートしながらユネスコへの寄付も出来る。
レクサス CT200h リモートタッチ
SUVの「RX」で初採用された使い勝手の良い「リモートタッチ」をCT200hにも搭載。ナビゲーション操作などを、ドライバーが自然な姿勢のまま手元でスムーズに行えるのが特長だ。
レクサス CT200h 右から2番目が「車両接近通報装置」のスイッチ
右から2番目が「車両接近通報装置」のOFFスイッチ。発進から25km/hの間の走行・後退時に電子連続音を発し、EVモードで静かに走る際に歩行者などに注意を喚起させる。

レクサス CT200h 竹炭樹脂振動板を採用したスピーカー
標準装備のオーディオユニットには竹炭樹脂振動板を採用したスピーカーを採用しナチュラルでクリアな音質を実現する
レクサス CT200h "F SPORT" by MODELLISTA
モデリスタ製のエアロキットや18インチアルミ、ローダウンスプリングなどを装着した「"F SPORT" by MODELLISTA」。
レクサス CT200h チルト&アウタースライド式ムーンルーフ
チルト&アウタースライド式サンルーフ(レクサス式にはムーンルーフと呼称される)はオプション

さらにスポーティさを増した"F SPORT"も設定

レクサス CT200h "F SPORT"[ボディカラー:エクシードブルーメタリック] スタイリング 画像
レクサス CT200h "F SPORT"[ボディカラー:エクシードブルーメタリック]
レクサス CT200h "F SPORT" リアビュー 画像
専用スポーツサスを搭載したスポーティ仕様「CT200h "F SPORT"」
レクサス CT200h "F SPORT" 215/45R17タイヤ&"F SPORT"専用アルミホイール 画像
215/45R17高性能タイヤ&"F SPORT"専用アルミホイールを採用する
レクサス CT200h "F SPORT" 専用エンブレム 画像
左右のフロントフェンダーには"F SPORT"専用エンブレムを装着

レクサス CT200h "F SPORT" 専用フロントグリル 画像
メッシュ仕立てでスポーティムードを高めた"F SPORT"専用フロントグリル
レクサス CT200h "F SPORT" 専用本革ステアリングホイール 画像
"F SPORT"専用本革ステアリングにはパドルシフトも装備される
レクサス CT200h "F SPORT" フロントシート 室内 画像
"F SPORT"専用ファブリックシート[運転席・助手席にはヒーター付き]
LFAを頂点とするレクサススポーツを象徴する"F"を掲げた"F SPORT"は、専用チューンの足回りや高性能タイヤなどを装備し、専用内外装を与えたスポーティな仕立てとされた。
代表グレード レクサス CT200h "Version L"[FF]
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4320x1765x1460mm
車両重量[kg] 1400kg
エンジン:総排気量[cc] 1797cc
エンジン:最高出力[ps(kw)/rpm] 99ps(73kW)/5200rpm
エンジン:最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 14.5kg-m(142N・m)/4000rpm
モーター:型式 3JM 交流同期電動機
モーター:最高出力[ps(kw)/rpm] 82ps(60kW)
モーター:最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 21.1kg-m(207N・m)
駆動用主電池 ニッケル水素電池
トランスミッション 電気式無段変速機
10・15モード燃費[km/L] 32.0km/L
定員[人] 5人
消費税込価格[万円] 430.0万円
発売日 2011/01/12
レポート 近藤 暁史
写真 CORISM編集部/レクサス
レクサス CT200h "Version L" 外観 画像
レクサス CT200h "Version L" リアビュー 画像
レクサス CT200h "Version L" エクステリア 画像

レクサス CT200h "Version L" フロントシート 画像
レクサス CT200h "Version L" フロントシート 画像
レクサス CT200h "Version L" インパネ周り 画像

レクサス CT200h インテリア 画像
レクサス CT200h インテリア 画像
レクサス CT200h インテリア 画像
レクサス CT200hのボディカラーは全9色を設定。さらにインテリアカラーもファブリック6色と本革4色、オーナメントパネルは4種類と、プレミアムカーらしく多彩な組み合わせを用意する。
レクサス CT200h "Version L"[ボディカラー:フレアイエローマイカメタリック] エクステリア 画像
レクサス CT200h "Version L"[ボディカラー:フレアイエローマイカメタリック]

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】