CORISMトップニュース・トピックス一覧イベント情報 > レポーターが選んだ「私的に欲し...

レポーターが選んだ「私的に欲しいと思った東京モーターショー出展車ベスト6」

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【event】2017/10/29

滅多に見ることのできなスーパーカーブランドが欠席で、やや華やかさに欠ける東京モーターショー

 隔年開催の第45回東京モーターショーがいよいよ開幕した。10月27日(金)〜11月5日(日)の10日間、会場は今年も東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)である。

 以前開催されていた幕張メッセよりは会場は狭いが、東京駅から近いのは、私のように地方在住者には嬉しい。また日曜日以外は20時まで見学が出来るので、退社時間を早めて「アフター4入場券」900円を購入して平日にジックリみるのも良いだろう。

 残念な事は、日本で発売されている全メーカーが出展とはならなかった事だ。子供にも人気のあるスーパーカーブランドであるフェラーリやランボルギーニは、残念ながら見る事が出来ない。

 また最近、元気の良いアルファロメオ、フィアット、ジープ、クライスラーのFCAジャパンも参加していない。BMWは参加しているがミニやロールスロイスはない。日本から撤退したフォードは仕方ないとしても、GMやテスラなどのアメリカ車が無いのも淋しい。ミニ、ロールスロイスだけではなく英国車も参加がなく、東京モーターショーはアジアの小さなモーターショーになってしまったようにも見える。

 普段触れる事が出来ないベントレーやアストンマーティン、そしてレンジローバー、ジャガーの出展が無いのはとても残念だ。

 そうは言っても日本で多くの車を見る事が出来る東京モーターショーは有り難い。またモーターショーはお祭りであるのでので、少しでも車に興味があるなら入場券1,800円を払い、車の祭典を見に行こう。一人でも楽しいが彼氏や彼女と一緒に、イベントもあるのでデートコースとして足を延ばしてはいかがでしょうか。

 会場は大きく東ホールと西ホールに別れている。二つのホールは少し離れているので、興味ある車は事前にピックアップして、効率良く見学する事をお勧めします。また乗用車だけでなくバスやトラックなどの商用車、二輪車、部品・機械器具の展示も新しい発見があるだろう。

私的に選んだ東京モーターショーで選んだ欲しいクルマベスト6

 今回、東京モーターショーで出展されていた車の中で、私が欲しいと思った車をレポート。

 選考基準は、

1:今年から来年には買える車。従ってコンセプトカーなどは除く。

2:車両価格は問わない。せっかくのお祭りですから太っ腹で、選んだ車は全てガレージに収めたいと思う車。

3:最低5年は乗りたいと思う車。一目惚れではなく、長く愛したい車。

1位 ポルシェ911GT3 男のロマンともいえるマニュアル車が!

ポルシェ911GT3
 最も欲しいと思ったのは、ポルシェ911GT3。ポルシェの中でも硬派のGT3だからというミーハー的な選択。エンジンは4リッターになり、最高出力はターボ無しで脅威の500馬力。

 今回PDKだけなく、マニュアル車も登場。0-100km/h加速はPDKに比較して3.4秒から3.9秒に低下するが、男のロマン?としてマニュアル車に乗ってみたい。車両価格は21,150,000円と限定車だった911Rに比較すると安い!?
ポルシェ911GT3
ポルシェ911GT3
ポルシェ911GT3

2位 ポルシェ パナメーラ4Eハイブリッドスポーツツーリスモ

ポルシェ パナメーラ4Eハイブリッドスポーツツーリスモ
 2位は、ポルシェ好きということもあり、パナメーラ4Eハイブリッドスポーツツーリスモを選んだ。後席に乗っても快適、運転しても楽しい車。エンジンとモーターのシステム・トータルパワーは462馬力を四輪駆動で無駄なく路面に伝える。0-100km/h加速は4.6秒とスポーツカー顔負けの俊足だ。

 ハイブリッドシステム搭載のポルシェの低燃費車が15,213,000円とお買い得。しかもスポーツツーリスモは標準車より荷室が広くなり荷物も沢山載せられるオールマイティの車。唯一の欠点は大きすぎて駐車場に困るということくらいか。
ポルシェ パナメーラ4Eハイブリッドスポーツツーリスモ
ポルシェ パナメーラ4Eハイブリッドスポーツツーリスモ
ポルシェ パナメーラ4Eハイブリッドスポーツツーリスモ

3位 フォルクスワーゲン up! GTI 初代ゴルフを彷彿させる!

フォルクスワーゲン up! GTI
 3位はフォルクスワーゲンup! GTI。
 
 選んだ理由は、小さなボディにパワフルなエンジンを搭載し、初代ゴルフを彷彿させるから。

 up! GTIは、1.0LのTSI ターボ付き3気筒エンジンを搭載。最高出力115馬力に6速マニュアルトランスミッションの組み合わせ。標準モデルの5速ASGは、日本マーケットに今ひとつマッチしないので、潔くMTとしたのがより好感度をアップしている? 全長3.6m、車両重量997kgというコンパクトで軽量なボディには、充分過ぎるエンジン。発売は来年を予定。

4位 レクサスRCF “F”10周年記念特別仕様車 限定という言葉に弱いから・・・

レクサスRCF  “F”10周年記念特別仕様車
 4位はレクサスRCF “F”10周年記念特別仕様車。選考理由は、RCFの限定スペシャルモデルだから。そして、私は「限定」の言葉に弱い。

 さらに気に入ったのは、マットグレーのボディカラー、そしてカーボン部品を多用したエクステリアは秘めた性能を感じさせる。一方インテリアはブルーをアクセントとして使いスペシャル感がオーナーの心をくすぐる。

 パフォーマンスダンパーや軽量チタンマフラーを採用していて中身も大きく進化しているだろう。来春に台数限定で発売予定。
レクサスRCF  “F”10周年記念特別仕様車
レクサスRCF  “F”10周年記念特別仕様車
レクサスRCF  “F”10周年記念特別仕様車

5位 BMWアルピナD5S 速くて経済的なディーゼルモデル

BMWアルピナD5S
 5位は、BMWアルピナD5S。BMWをより個性的に仕上げたアルピナブランドであり、速くて快適で経済性の高いモデルだから選んだ。

 最大トルク700Nm、0-100km/hは4.9秒、最高巡航速度275km/h、平均燃費16,4km/Lと脅威のディーゼル車なのだ。4WDを採用しながら、アルピナとしては価格12,880,000円とバーゲンプライス。これ一台あれば、普通の人ならもう何も要らないかもしれないと思えるほど。

6位 BMW M5  FRモードもある初の4WDを搭載

 6位はBMW M5。一見、普通のセダンのように見えるが、実は走りに特化したMモデル。Mモデルのセダンで初の4WDが採用された。

 しかも、後輪駆動にも出来るモードもあり、運転する楽しみを残したフォーマルカーでもある。最高出力は600馬力に達し、先進の運転支援システムも搭載した速くて、安全で、快適な車である。
BMW M5
BMW M5
BMW M5

BMW M5
BMW M5
BMW M5

【関連記事】

(レポート:丸山 和敏

【オススメ記事】