CORISMトップニュース・トピックス一覧ホンダ > 【動画追加】ホンダ フィット新...

【動画追加】ホンダ フィット新車情報・購入ガイド
フィット、6月29日マイナーチェンジ決定! 先進予防安全装備「ホンダセンシング」搭載!!

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2017/06/09

待望の歩行者検知式自動ブレーキを装備し、安全性能を大幅に強化したマイナーチェンジ!

 ホンダ は、主力コンパクトカー である「フィット」 を2017年6月29日にマイナーチェンジし発売を開始すると発表した。

 マイナーチェンジされる新型フィットには、歩行者検知式の自動ブレーキを含む先進予防安全装備である「ホンダセンシング」が搭載される。フィットの属するBセグメント車で歩行者検知式の自動ブレーキをもつのは日産ノート のみ。ホンダセンシングは、そうした歩行者検知式の自動ブレーキだけでなく、車線維持支援システム、路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能など計8つの先進機能で安全運転や運転支援を行う。

 ホンダ フィットは、2013年9月にフルモデルチェンジし3代目となった。このモデルから、ホンダ独自のハイブリッドシステム であるスポーツ・ハイブリッドi-DCD(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)を搭載。デビュー当時、36.4km/Lという低燃費を実現し、ライバルのトヨタ アクア の燃費値を超えた。また、フィットの伝統でもあるセンタータンクレイアウトを採用したことにより、広大な室内や荷室など実現。クラストップレベルの優れた使い勝手の良さを誇っていた。

 しかし、ホンダ フィットはハイブリッド車に搭載されていたミッションである7速DCTが、デビュー直後からリコールとなる。その後、リコールが繰り返され、顧客の信頼を失っていく。発売からしばらくの間は、新型車効果でアクアを超えるセールスを記録し新車販売台数ナンバー1を獲得。だが、リコールの影響はジワジワと効き始め販売台数を落としていく。せっかく販売台数で抜いたアクアに再び販売台数ナンバー1の座を奪われてしまった。その後、販売台数面で浮上することはなくジリ貧状態が続く。

 直近の2016年度の販売台数は、98,923台。モデル末期のノート(123,938台)にも大敗した。

 今回、フィットのマイナーチェンジは、そうした販売面での不振を解消することが重要で、クラスナンバー1の座を奪取することが求められる。しかし、現在のコンパクトカーマーケットは非常に熾烈な戦いが繰り返されている。

 日産はシリーズハイブリッド車であるノートe-POWERを投入。新たなハイブリッド車ということもあり、高い人気を得た。また、トヨタはアクアだけであくヴィッツ にもハイブリッド車を投入。新たな選択肢を提案。マツダは、デミオ に簡易型の自動ブレーキなど先進予防安全装備を標準装備化し発売を開始したばかり。フィットにとって、デザインをリフレッシュさせました程度では勝負にならない環境になっている。

 ホンダ フィットのマイナーチェンジでは、先進予防安全装備であるホンダセンシングが装備されるとされているが、これも標準装備化されているのかどうかというのも重要は要素だ。デミオは、歩行者を検知できない簡易型の自動ブレーキや後側方の車両接近警報などが全車標準装備となっている。最近では、高齢者事故が多発していることを考えれば、アクセルとブレーキの踏み間違え防止アシストなども標準装備化が望まれる。

 今回のマイナーチェンジでは、外観デザインが変更されている。全体的に精悍でスポーティな印象となった。また、シートやインテリアもかなり質感がアップしているようだ。

 フィットのラインアップは、従来通りハイブリッドをメインに1.3Lと1.5Lの2つのガソリン車が用意される。専用装備を備えたスポーティーモデルも用意されるそうだが、これは従来のRSということになるのだろう。

 今のところパワーユニットのスペックについては公表されていないが、ハイブリッド車は燃費アップされる可能性が高いが、クラストップになるかどうかは微妙なところ。もし、クラスナンバー1燃費になるのであれば、この段階で燃費値をアピールするはずだからだ。パワーユニットの進化にも期待したい。
ホンダ フィット マイナーチェンジ
ホンダ フィット マイナーチェンジ
ホンダ フィット マイナーチェンジ
ホンダ フィット マイナーチェンジ
ホンダ フィット マイナーチェンジ

綾野剛、ホンダ フィットCM動画

二階堂ふみ、ホンダ フィットCM動画

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】