CORISMトップ特集・コラム一覧生活・文化 > 【日産 先進技術説明・試乗評価...

【日産 先進技術説明・試乗評価 PART1】マーチ・スーパーチャージャーの技術にウナる

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2010/07/29
日産 新型 マーチ 1.2リッター 3気筒 直噴ミラーサイクル+スーパーチャージャーエンジン搭載車[プロトタイプ]

スーパーチャージャーエンジンはスポーツユニットにあらず! 

マーチ用1.2リッター 3気筒 直噴ミラーサイクル+スーパーチャージャーエンジン
 日産がプレス向けに毎年開催している先進技術説明会へ今年も参加してきた。今回はおよそ15件ほどの「間もなく発売する新兵器」を公開した。その中で興味深かったアイテムを2週に分けて2つほど紹介したい。今回はまずマーチ用1.2リッタースーパーチャージャーエンジンから。

 スーパーチャージャーと聞くと、皆さんスポーティなエンジンだと思うだろう。けれど全く違う。簡単に説明すると「1.2リッター以下の燃費と1.5リッターエンジンのパワーを両立させたエンジン」ということになります。多少専門的になるが、良い機会なので紹介したい。



< 前のページ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] 次のページ >

その実態は「超低燃費・超高効率 エコエンジン」だった!

日産 新型 マーチ 1.2リッター 3気筒 直噴ミラーサイクル+スーパーチャージャーエンジン搭載車[プロトタイプ]
 エンジン本体は、優れた熱効率を持つ「ミラーサイクル」を採用している。ただミラーサイクルの場合、出力を出しにくい。今回のエンジン、ヤヤこしくなるけれど、排気量1.2リッターでも吸気の量が900ccくらいなのだ。つまり900cc分の混合気を吸入してバルブ閉じる。で、900cc分のガソリンを燃焼させるワケ。
 高温になった燃焼ガスは、吸入した900cc分以上に膨張するので(ピストンを押す、という意味)、300cc分もエネルギーとして使えるという寸法。ポンピングロスも減少します。プリウスのエンジンだってミラーサイクルである。唯一にして最大の問題が前述の通り「出力を出しにくい」。プリウスは大出力のモーターと組み合わせ弱点をカバーしてます。
 で、もう一つのアプローチが「スーパーチャージャーで過給」というもの。900cc分以上のパワーを必要とするときだけ過給すればいい。今回試乗した1.2リッターエンジンだと、スーパーチャージャーで1.5リッターに相当する混合気を送り込んでいる。したがってアクセル踏めば1.5リッターと同等のパワーを引き出せると評価していい。
 開発担当者に聞いてみたら、街中や軽負荷時はもちろん、通常の1.2リッターと同じ速度で走れば全域でスーパーチャージャー仕様の方が燃費良いそうな。価格を1.5リッター程度に設定できたなら、燃費1.2リッター並というVW(フォルクスワーゲン)のTSIエンジンのような存在になる。試乗車はイギリス仕様だったけれど、日本でも発売するという。

【関連記事】
日産、ガソリン車世界最高レベルの燃費を目指した直噴ミラーサイクル+スーパーチャージャーエンジンを開発[2010.07.16/CORISM]
【日産 新型 マーチ 新車情報】ハイブリッドに迫る26.0km/Lの低燃費を実現[2010.07.13/CORISM]
エレガントさを追求したカスタムカー「日産 マーチ ボレロ」がフルモデルチェンジ[2010.07.13/CORISM]
EVだけじゃない!日産の低燃費・エコ技術「PURE DRIVE(ピュアドライブ)」発表[2010.07.06/CORISM]
「エコカー補助金」を狙うなら迷わず今すぐ動け![国沢光宏 コラム][2010.06.04/CORISM]
マーチ用1.2リッター 3気筒 直噴ミラーサイクル+スーパーチャージャーエンジン
スーパーチャージャーにはON-OFFクラッチが装備され、街中などでの低速運転領域では過給をカットする機能まで有する。さらに新型マーチのNA版で既に採用されているアイドリングストップシステムまでも搭載するなど様々な改良を加え、NA版よりも低燃費・低CO2排出量でかつ高出力という相反する性能を実現させたのだという。
< 前のページ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] 次のページ >
(レポート:国沢 光宏

【オススメ記事】