CORISMトップニュース・トピックス一覧ルノー > ルノー キャプチャー新車情報・...

ルノー キャプチャー新車情報・購入ガイド
エンジン改良&アイドリングストップ機能が追加され、燃費が向上し17.2㎞/L!

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ルノー】2016/03/14

トルクは約8%アップの205Nmへ! よりキビキビ感ある走りと低燃費を両立。しかし、歩行者検知式自動ブレーキ装備は見送り

ルノー キャプチャー
 ルノー は、コンパクト SUVキャプチャー をマイナーチェンジし発売を開始した。

 ルノー キャプチャーは、「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとするコンパクトクロスオーバー。キャプチャーのボディサイズは、全長4,125×全幅1,780×全高1,585㎜というコンパクトなボディサイズをもつ。このBセグメントのSUVは、欧州を中心に高い人気を集めている。

 このクラスのSUVは、日本国内においてライバルが多い。同じフランス車であるプジョー2008 、イタリア車ではフィアット500X 、日本車ではマツダCX-3日産ジュークトヨタ アクア Xアーバンホンダ ヴェゼルスズキ SX4 Sクロス などがある。パワーユニットは、ガソリンにディーゼルハイブリッド があり、さらにFFや4WD もあるなど選択肢は豊富だ。

 そんな中、ルノー キャプチャーは、なかなか厳しい状況に置かれている。エンジンは1.2Lターボのみでハイオク仕様。4WDは無くFFのみとなる。また、安全装備面でも物足りない。歩行者検知式自動ブレーキなどは用意されていない。プラットフォームなどを共有する日産ジュークには、歩行者検知式自動ブレーキが標準装備化されている。ルノーと日産の関係を生かし、早急な安全装備が望まれる。また、価格も輸入車ということもあり高めの設定であることから、国産のライバルと競合すると旗色は悪い。

 ただし、キャプチャーには、他を圧倒するデザインという魅力がある。洗練されたスタイリッシュなデザインは、さすがルノーと呼べるもの。圧倒的なデザイン力が魅力のコンパクトSUVといえる。インテリアデザインもユニークだ。コンパクトなサイズながら、広がり感と力強さを融合したインパネデザインが採用されている。シートデザインもアクティブなもので、シートカラーもグレーやオレンジなどのカラーが使われている。さらに、このシートはジッパーで脱着可能なジップシートクロスと呼ばれるアイデアが採用され、アクティブなSUVらしい装備となっている。

 キャプチャーのマイナーチェンジでは、こうしたデザイン面に関しては、ほとんど手が加えられていない。外観上では、新ボディカラーが追加された。ルーフをボディカラーと異なる色にした2トーンのベージュ サンドレM(ボディ)+イヴォワール(ルーフ)と、ベージュ サンドレM(ボディ)+ノワール エトワールM(ルーフ)が加わった。

 今回のマイナーチェンジでは、まずエンジンの出力はが変更された。1.2Lのターボエンジンは、120psから118psへと2psのパワーダウンされている。その代りに最大トルクは190Nmから205Nmへと約8%も増大している。これだけもアクセルを踏んだ瞬間の力強さは、マイナーチェンジ前を超えるものになっているのだが、さらにミッションのギヤ比も変更。1~3速はローギヤード化され、さらに力強さを増している。キャプチャーの最大トルク発生回転数は、2,000回転とダウンサイジングターボの中ではやや高め。回転がわずかに上がるまでのトルクの細さをローギヤ化で補っている。逆に一定速度まで加速した場合、最大トルクが205Nmに増大されたことを生かし、4~6速はハイギヤード化されエンジンの回転数を抑制。より低燃費なクルージングを可能としている。キビキビ感と低燃費をエンジンの特性に合わせ再チューニングし両立させている。

 そして、ようやくアイドリングストップ機能であるストップ&スタート機能が追加された。これにより、燃費は17.2㎞/Lへ向上した。マイナーチェンジ前のキャプチャーは、燃費が公表されていなかったが、こうした改良により、実燃費も大幅に向上していると予想できる。

 ルノー キャプチャーの価格は、エントリグレードのゼンが2,569,000円。上級グレードのインテンスが2,672,000円となっている。キャプチャーは、国産車と比べるとやや価格は高めだ。ただし、洗練された美しいスタイルは魅力的で、懐の深いフットワークはSUVながら気持ちのよい走りと乗り心を両立。そうした優れた面を加味すれば、ある程度納得のいく価格ともいえる。

 ただし、今がキャプチャーの買い時かというと少々微妙だ。やはり、歩行者検知式自動ブレーキが装備されていないので、安全面であまりお勧めできないからだ。歩行者検知式自動ブレーキは、プジョー2008やマツダCX-3、スズキ SX4 Sクロスにも用意されていない。すでに、EURO NCAPでは、歩行者検知式自動ブレーキが標準装備化されていないと最高評価となる5星が取れなくなっていく。こうした装備の装着が遅れているフランス系メーカーも、販売面に影響することから歩行者検知式自動ブレーキの装備を進めるしかない状況下になってきている。キャプチャーも近い将来歩行者検知式自動ブレーキが標準装備化されるのも時間の問題ということになる。そうなると、やはりキャプチャーの買い時は、歩行者検知式自動ブレーキが装備されてからということになる。
ルノー キャプチャー
ルノー キャプチャー
ルノー キャプチャー
ルノー キャプチャー

ルノー キャプチャー価格

・ルノー キャプチャー インテンス 2,672,000円
・ルノー キャプチャー ゼン 2,569,000円

ルノー キャプチャー燃費、スペックなど

代表グレード ルノー キャプチャー インテンス(FF)
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,125×1,780×1,585mm
ホイールベース[mm] 2,605mm
車両重量[kg] 1,280kg
総排気量[cc] 1.197cc
最高出力[kw(ps)/rpm] 87(118)/5,000rpm
最大トルク[Nm(kg-m)/rpm] 205(20.9)/2,000rpm
トランスミッション 6速エフィシエント デュアル クラッチ
タイヤ 前後205/55R17
定員[人] 5人
消費税込価格[円] 2,672,000円
レポート 編集部
写真 ルノー

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】