CORISMトップニュース・トピックス一覧日産 > 【日産 新型 セレナ 新車情報...

【日産 新型 セレナ 新車情報】ついに姿を現わした4代目 新型「セレナ」

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2010/11/08

今度も売れそうな予感・・・やはりスタイル的には先代踏襲で登場

日産 新型セレナ エンブレム
 世の中がドンドンとダウンサイジング化する昨今、安定的市場となっているのが、Mクラスのミニバン。もちろん5ナンバーサイズだ。各社ともモデル数は多くないものの、代表的車種を設定してきている熱いクラスでもある。日産のセレナと言えば、CMでもお馴染み、売上げ3年連続ナンバー1の実力派。モデル末期まで、コンスタントに売れ続けていた人気モノである。
 そんな売れっ子のあとを引き継いでの新型登場である。まずスタイルは最近多い、先代踏襲で、イメージ的にはあまり変わらず。まぁ、サイズも制約があるわけで、デザインの自由度も少ないのは致し方ないか。古くささなどはないから、とくに問題になることはないだろうし、変わらないことが安心感になるか。
日産 新型セレナ フロントビュー
日産 新型セレナ フロント
日産 新型セレナ リヤビュー
先代と異なり、基本的にはスタイルは1種類のみ。大ぶりなフロントやサイドウインドなど、セレナらしさをそのまま継承。塊感を演出することで存在感は増した。
日産 新型セレナ ハイウェイスター フロントビュー
日産 新型セレナ ハイウェイスター フロント
日産 新型セレナ ハイウェイスター リヤビュー
標準車のスタイルは1タイプに統合されたが、もちろんハイウェイスターは用意されている。ローフォルムだけでなく、メッキパーツを多用することで質感を高めている。
日産 新型セレナ ライダー フロントビュー
日産 新型セレナ ライダー リヤビュー
日産 新型セレナ ライダー フロント
オーテックがプロデュースするライダーも当然用意される。大型のメッキグリルはかなりの迫力。別格の存在であるのは新型でも同じ。

派手さはないが、細かい煮詰めで実用性向上

日産 新型セレナ インテリア
ラウンドを各部にうまく取り入れてつつ、スポーティなイメージもうまく表現している。先代よりも確実によくなった部分
 今回、重点が置かれているのはズバリ、2ポイント。まずは生命線たる使い勝手やパッケージングなど。各席のニールームを大幅に拡大し、ライバルを大きく引き離す数値を実現。8人フル乗車でも、3列目までキッチリと乗ることができる。
 サイズ拡大ではラゲッジが注目で、最大荷室長を1720ミリを実現。自転車を4台立てに積むことが可能なほどなのだが、細かい部分では3列目の畳み方に工夫がされている。跳ね上げ式を採用しているのは今まで同様で、位置が高いところになるのではなく、低いところに収まる。これだと操作もしやすいし、荷物も収納しやすいのは確かだ。
 また2列目シートはマルチセンターシートとして自在な使い勝手をアピール。畳むとテーブルになったり、先代同様センター部分がスライドしたりと、シチュエーションに合わせていろいろと使うことができるだろう。
 そのほか、スライドドアの開口部を拡大して、クラストップの面積を実現している。
日産 新型セレナ シート 3列目
日産 新型セレナ シート 2列目
日産 新型セレナ シート 1列目
ニースペースは各シートともかなり広がっているが、かといってシートが薄くなったりしているわけではない。逆に座り心地はよくなり、どこに座ってもゆったりとできる。とくに3列目はよくなり、我慢する必要がない
日産 新型セレナ シート ステアリング
アルミ調の加飾がされ、ステアリングもしっかりとデザインされている。スイッチ類も邪魔にならない
日産 新型セレナ シート メーター部分収納
メーターは上に付いているので、通常のメーター部分は収納になっている。収納の多さも今回の目玉だ
日産 新型セレナ シート 2列目用のピクニックテーブル
意外にあるようでなかった、2列目用のピクニックテーブル。ドリンクホルダーも付いて、使い勝手もいい

日産 新型セレナ 後席エンターテイメントシステム
今や欠かせない後席エンターテイメントシステム。リヤモニターはクラス最大の11インチワイドを採用している
日産 新型セレナ パノラミックルーフ
パノラミックルーフは2/3列目をカバー。夜はブルーのイルミネーションが光り、雰囲気アップ
日産 新型セレナ ラゲッジ下
ラゲッジの床下には収納がさらにある。あまり深くはないが、汚れ物などを入れるにはちょうどいい
日産 新型セレナ ラゲッジ
日産 新型セレナ ラゲッジ
日産 新型セレナ ラゲッジ
フロアはフラットなので、荷物の積下ろしや積んでからの収まりもいい。また跳ね上がった位置が、非常に低い点に注目。上部に収納されるよりもかなりすっきりとしていることが見ただけでもわかる。これにより、ライバル車に比べ斜め後方の視界が大幅にアップした。また自転車もハンドルが干渉せずに積むことが出来る。

エコ性能の向上、これが新型セレナ最大の注目点だ

日産 新型セレナ ミッション シフト
 まぁ、パッケージングなどはすでに熟成域に達しているから、驚くようなことはないのはまた事実だし、高いレベルに達しているので文句もない。
 新型セレナの真骨頂と言っていいのが、エコ性能の向上だ。10・15モードで見ると、15.4km/Lを達成。このクラス、スタイル、そして重量的にハンディが多く、燃費が悪いのは致し方ないという面も正直あった。それがこの数値とは驚くばかりだ。その立て役者となるのがアイドリングストップの装着。再始動にスターターだけでなく、回生ブレーキ用のモーターも使うことでスムーズさも両立している。
 そしてエンジンは各部のフリクションを減らしつつ、ツインCVTC化することで、排気バルブも可変タイミング化され、ポンピングロスを低減。そしてなんと言っても、直噴化しているのが最大のトピックスだろう。加えて、CVTとの協調制御をさらに高めることでエンジンのうまみを最大限に引き出すという、万全の体制だ。
 インパネにはエコメーターを当然のことながら装備しているのだが、これがじつに細かい表示で心理面、視覚面からエコドライブをアシストする。瞬間燃費計はもちろん、切り替えるとエコ領域を示したり、アイドリングストップタイマーになったりして、誰でも簡単にエコ運転マイスターになれるというのが日産のウリだ。
日産 新型セレナ エンジン
型式自体先代と同じMR20型。直噴化され、さらにツインCVTC化など、大きく進化している
日産 新型セレナ メーター
小ぶりながら、独特の丸みを帯びた形で見にくくはない。右にあるのがエコ系の情報を表示するECOメーターだ
日産 新型セレナ エコモードボタン
エコモードを選択すればさらなる省燃費走行が可能になる。もちろん両側スライドドアは電動で運転席から操作可能
代表グレード 日産 セレナ ハイウェイスター 2WD
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4770×1735×1865mm
車両重量[kg] 1630kg
総排気量[cc] 1997cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 147ps(108kW)/5600rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 21.4kg-m(210N・m)/4400rpm
トランスミッション エクストロニックCVT
10・15モード燃費[km/L] 15.4km/L
定員[人] 8人
消費税込価格[万円] 249.9万円
発売日 2010/11/29
レポート 近藤 暁史
写真 オフィスマッシュルーム

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】