CORISMトップニュース・トピックス一覧ホンダ > ホンダ フィットハイブリッド新...

ホンダ フィットハイブリッド新車情報・購入ガイド
アクアより燃費が良くて安い!
この実力で登録車販売台数ナンバー1を奪取せよ! ホンダ渾身のハイブリッドシステムを搭載したフィット3デビュー

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2013/09/05

トヨタとのハイブリッド戦争に勝つためのスポーツ・ハイブリッドi-DCD

ホンダ フィットハイブリッド
 ホンダ は主力コンパクトホンダ フィット をフルモデルチェンジし発売を開始。今回で3代目となったフィット3は、国内で203万台もの累計販売台数をもつ人気車種だ。

 そんな新型ホンダ フィットの最大の注目点は、ハイブリッド モデル。先代フィットにもハイブリッド車は存在したがIMAと呼ばれる1モーター式が使われいた。しかし、トヨタ アクア の2モーター式のハイブリッドシステムであるトヨタTHSIIと比較すると、EV 走行がほとんどできず、当然燃費でも勝負にならずトヨタVSホンダのハイブリッド戦争に、ホンダは大敗した経緯をもつ。

 2010年に登場したフィット ハイブリッドがだが、それからわずか3年でまったく新しいハイブリッドシステムであるスポーツ・ハイブリッドi-DCD(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)を搭載して、3代目である新型ホンダ フィットハイブリッドがデビューしたのだ。

 IMAではトヨタに勝てないと判断したホンダ経営陣は、古い技術に固執することなく、まったく新しいスポーツ・ハイブリッドi-DCDを短期間で開発したのは、まさにホンダの高い技術力と、技術でトヨタに負けないという意地の象徴でもある。

 すでに、ホンダはアコード ハイブリッドに搭載した2モーター式ハイブリッドもあり、2つ目のハイブリッドシステムを開発したことになる。トヨタ とホンダでは、企業規模が大きく異なり投資できる金額もまったく違う。そう考えると、トヨタをも超える脅威的な技術力と経営判断ともいえるだろう。

 その結果、新型ホンダ フィットハイブリッドの燃費は36.4km/Lを達成。ライバルであるトヨタ アクア の35.4km/Lを越え燃費ナンバー1の座を奪取した。
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド

数々の新技術により、アクアの燃費を超えた低燃費36.4㎞/L。ただし、アクアにもまだ伸び代があり、新型フィットハイブリッドを再び超える可能性も大

ホンダ フィットハイブリッド
 新型ホンダ フィットハイブリッドに搭載されたまったく新しいハイブリッドシステムであるスポーツ・ハイブリッドi-DCDだが、IMAと同じく1モーター式が採用されている。ここはホンダのこだわりの部分で、コンパクトカーに求められる軽量、スペース、価格を考えると1モーター式が最適と判断された。

 搭載されるエンジンは、1.5Lのアトキンソンサイクルエンジン。ハイブリッド用に最適化されたエンジンで、クールドEGR(排ガス再循環)システムを導入するなどし、ノッキングの防止や冷却損失・ポンピングロスの低減に貢献してる。

 高効率化されたエンジンに、22Kwを誇るモーターが組み合わされる。システム電圧を173ボルトまで高めることで高出力化を達成した。

 モーターは、7速DCTと一体化された。高出力化され発熱するモーターは、なんとトランスミッションオイルで冷却することにより、大出力ながら従来と同じ程度のコンパクトさを維持した。

 このモーターは、1-3-5-7という奇数段のギヤと接続されており、状況により最適なギヤを選択してトルク伝達や回生を行っている。

 この7速DCTを上手くコントロールしているのも特徴。クラッチを切り、エンジンを完全にモーターと切り離し効率よくEV走行や回生をしたり、エンジンのみ、またはエンジン+モーターなど状況によって最適な方法を選択してくれる。7速という多段化により、変速比幅が増えた。このことで、より緻密で高効率な走行が可能になり低燃費化されている。

 そして、モーターを駆動する電池はニッケル水素から高価なリチウムに変更されている。リチウムイオンバッテリーは、ニッケル水素に比べて、出力・エネルギー密度が高く、今のところハイブリッド車やEVに最適とされている。しかし、高価なため、トヨタ車では一部の車種を除き、ほとんど採用されていない。このリチウムイオン電池を採用することにより、蓄電量を1.5倍に増やしながらコンパクト化することもできた。

 新型ホンダ フィットハイブリッドとアクアの電池容量は0.9kwh程度で、若干の違いがあるものの大きな差はない。つまり、電池の種類による効率の差による部分が燃費に影響している。ただし、アクアがリチウムを使えば、当然、フィットハイブリッドの燃費を超えることも予想できるため、まだまだアクアの燃費には伸び代があると思っていいだろう。トヨタも非公式だが、マイナーチェンジなどのタイミングでフィットハイブリッドの燃費を超えると断言しているので、どういう手法を使ってフィットハイブリッド超を狙うのか、このあたりの進化にも注目だ。

 また、ハイブリッド車が低燃費なのは、減速するときのエネルギーを協調回生ブレーキで電力として戻していることも大きく影響している。ドライバーはブレーキを踏んでいるつもりでも、クルマは実際に油圧でブレーキをかけておらず、モーターの回生抵抗で減速していることが多い。油圧とモーターを細かく使い分けて、電力を得ているのだ。

 ホンダは、フィットハイブリッドに協調回生ブレーキの効率をさらに上げるために、電動サーボブレーキシステムを採用した。いわゆるバイワイヤで、ブレーキペダルとブレーキが油圧で直結しておらず、ブレーキベダルを踏んだ時の電気信号でモーターが油圧を発生させる。この技術により、ブレーキの踏み始めや停止付近など、今まで回生出来なかった減速エネルギーをより多く回生できるようになった。従来のフィットハイブリッドに対して、新型フィットハイブリッドは、この電動サーボブレーキシステムにより、回生量を60%向上させている。
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド

装備と価格は新型フィットハイブリッドが勝ち! さらに、フィットベースのSUV、セダン、ワゴンなど派生車も続々登場予定!!

ホンダ フィットハイブリッド
 新型ホンダ フィットのデザインは、大きくイメージチェンジしシャープさを全面に押し出してきた。新型フィットのシルエットは、アクアの全高1,445mmに対して1,525mmと約80mmも高い。全体的にフィットハイブリッドの方が、シャープなキャラクターラインを入れてはいるものの、ポッテリとした印象だ。これは、センタータンクレイアウトにより着座位置が高くなることに起因してるのだろう。このデザインは、どうやら好き嫌いが明確に出るようで、ホンダ関係者によると賛否両論だそうだ。少し、男っぽさが出たせいか、女性に好まれるかどうかというのも、販売台数に影響するのではないだろうか。

 新型ホンダ フィットハイブリッドは、技術や燃費だけでなく、アクアに勝つために価格でも勝負に出ている。エントリーグレードの価格は163.5万円とアクアの169万円より5.5万円安い。アクアは盗難防止のイモビライザーさえもオプションだったりするので、装備関係も含めるとフィットハイブリッドの価格優位性はかなり高い。アクアと比べる時は、装備類もしっかりと比較評価することが重要だ。

 ホンダはフィットハイブリッドを主軸として、ガソリン車も含め装備と価格、燃費優位性を発揮し、アクアの販売台数を上回ることを狙っている。つまり、登録車ナンバー1の座だ。アクアは毎月2万台以上も販売する超人気車。この台数を超えることは容易ではないが、小型車中心の国内ホンダにとって、唯一トヨタと対等に勝負できる車種だけに負けられない戦いなのだ。

 この新型ホンダ フィットハイブリッドのデザインが気に食わない、もしくは5ドアHB はどうも苦手という人は、少し待つとフィットベースの派生車が続々と登場する。年末には、アーバンSUVコンセプト が登場。さらに、翌年になるとホンダ シティ という名前で噂されているフィット セダン が登場。その後は、当然、フィット シャトルやフリードなどが続々とモデルチェンジ予定だ。フィットをベースにこれだけの派生車があるのだから、今後のホンダのコンパクトカー には目が離せない。
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド

ホンダ フィットハイブリッド価格、燃費、スペック等

ホンダ フィットハイブリッド
・HYBRID 1,635,000円
・HYBRID Fパッケージ 1,720,000円
・HYBRID Lパッケージ 1,830,000円
・HYBRID Sパッケージ 1,930,000円

代表グレード ホンダ フィットハイブリッドSパッケージ
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3,995×1,695×1,525mm
ホイールベース[mm] 2,530mm
車両重量[kg] 1,140kg
総排気量[cc] 1,496cc
エンジン最高出力[ps(kw)/rpm] 110(81)/6,000rpm
エンジン最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 13.7(134)/5,000rpm
モーター最高出力[ps(kw)] 29.5ps(22kw)
モーター最大トルク[kg-m(N・m)] 16.3kg-m(160N・m)
システム全体出力[ps(kw)] 137ps(101KW)
システム全体トルク[kg-m(Nm)] 17.3kg-m(170Nm)
ミッション 7速DCT
JC08燃料消費率[km/l] 31.4km/l
バッテリー 種類/容量(Ah) リチウムイオン/5.0
定員[人] 5人
価格 1,930,000円
写真 ホンダ
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド

ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド
ホンダ フィットハイブリッド

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】