CORISMトップ

特集・コラム一覧

記事数: 308件
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... | 30 | 31 |
バンコク国際モーターショーレポート
いずれ日本へ導入するクルマも? 日本では見られないタイのクルマ...

バンコク国際モーターショーレポート
いずれ日本へ導入するクルマも? 日本では見られないタイのクルマをピックアップ!

『日本では見られない右ハンドル車がいっぱい! いずれ日本に来るクルマも?』  第36回バンコク国際モーターショーがバンコク郊外のインパクト・コンベンションセンターで開催された。東南アジアのローカルなイメージながら、世界中の自動車メーカーが出展する国際ショーであり、毎年多くの来場者を集めている。バンコクショーはトレードショーの性格も備えていて、毎年会場で大量の受注を...
【イベント・モーターショー】2015/05/03
スズキVSダイハツのシェア争いで、今、軽自動車の未使用車がお買い得!

スズキVSダイハツのシェア争いで、今、軽自動車の未使用車がお買い得!

『未使用車とは何だ?』  未使用車とは、新古車とも呼ばれている。呼び名はどうであれ、買い手のいない新車を一度ディーラーなどの名義で登録してしまったものだ。クルマは一度登録してしまえば、中古車扱いになる。中古車とはいえ、限りなく新車に近いコンディションなので、少しでも聞こえがよいように、こうした呼び名を付けている。  では、なぜ、こうした未使用車が生まれるのか...
【生活・文化】2015/04/02
エコカー減税免税ガソリン車は、3月末までに買え!?
2015年度エコカー減税は、ガソリン車に不利!...

エコカー減税免税ガソリン車は、3月末までに買え!?
2015年度エコカー減税は、ガソリン車に不利! 大幅負担増へ!?損しないための新車購入術は?

『ガソリン車に厳しい2015年度エコカー減税。ガソリン車で免税対応は、ほぼゼロ?』  2015年度もエコカー減税が継続されることになったが、これまでに比べると格段に厳しい基準が適用されるようになる。このため、もし近いうちに新車のガソリン車を買う予定なら、現在のエコカー減税が適用される3月中の登録を目指して購入したい。  エコカー減税の基準がどのように変わるか...
【生活・文化】2015/03/13
【新車値引き3つの掟】いよいよ最繁忙期到来!  損しない新車購入術教えます!新車値引きのコツとは?

【新車値引き3つの掟】いよいよ最繁忙期到来! 損しない新車購入術教えます!新車値引きのコツとは?

『今年の2~3月の繁忙期の狙い目は、5ナンバーミニバンと軽自動車!新車値引き拡大中!』  毎年のことだが、2~3月は自動車販売業界が最も忙しくなる時期だ。つまり、最もクルマが売れるということ。大きな理由のひとつが、国産自動車メーカーの決算が3月末。そのため、自動車メーカーは多くの販売奨励金などと呼ばれるインセンティブをチラつかせ、販売会社に1台でも多く販売させよう...
【生活・文化】2015/02/05
国交省の大きな勘違で「日本の安全技術は大きく出遅れた」!?
追突被害軽減自動ブレーキの歴史を振り返...

国交省の大きな勘違で「日本の安全技術は大きく出遅れた」!?
追突被害軽減自動ブレーキの歴史を振り返る

『過去には、停止できる自動ブレーキ技術がありながら、国交省の指導で停止できるクルマが販売できない自動車メーカーのジレンマ』  現在、注目されている安全装備の中心となる、追突被害軽減自動ブレーキについて振り返っておこう。実はこの分野で最も先進的なメーカーはトヨタだった。2003年にハリアーに搭載したプリクラッシュセーフティシステムは世界初のもので、ミリ波レーダーで前...
【その他】2014/12/28
日産エルグランド 対 トヨタ アルファード/ヴェルファイア比較評価試乗 ROUND1 ファーストイン...

日産エルグランド 対 トヨタ アルファード/ヴェルファイア比較評価試乗 ROUND1 ファーストインプレッション

< 日産エルグランド試乗記・評価 ライバル、トヨタ ヴェルファイア/アルファードと比較する > 『オススメのミニバンはどっちだ? トヨタ ヴェルファイア/アルファード、日産エルグランドを評価する』 ミニバンが成熟しきったと言える現在の日本。ひと口にミニバンと言っても、さまざまなジャンルが存在するが、その最高峰に位置するのがLLクラスだろう。今やサルーン的な要素も含めて立...
【対決】2012/04/20
今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年9月国内新車販売台数分析】
絶対王者「プリウス...

今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年9月国内新車販売台数分析】
絶対王者「プリウス」まさかのナンバー1から陥落!! 奪取したのはあのクルマ!

『プリウスを抑え、ナンバー1の座を奪取したのはホンダN-BOX!』 ■2016年9月の新車販売台数 *自販連、全軽自協調べ ( )内前年同月比 1)N-BOX系・・・・・・ 20,406台(116.9%) 2)プリウス系・・・・・20,043台(211.7%) 3)アクア・・・・・・・15,493台( 84.5%) 4)シエンタ・・・・・・12,290台(...
【ビジネス・経済】2016/10/15
今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年8月国内新車販売台数分析】
トヨタ売れているク...

今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年8月国内新車販売台数分析】
トヨタ売れているクルマベスト10内に5車種も! スズキは軽依存から脱却を狙う!?

『明暗ハッキリ! 好調メルセデス・ベンツ&BMW。不調フォルクスワーゲン&アウディ』 ■2016年8月の新車販売台数(自販連、全軽自協調べ) 1)プリウス系・・・・・17,504台(265.4%) 2)N-BOX系・・・・・・ 13,276台(127.7%) 3)アクア・・・・・・・11,220台( 90.6%) 4)タント・・・・・・・10,677台(1...
【ビジネス・経済】2016/09/20
今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年7月国内新車販売台数分析】
トヨタ圧勝! 血を...

今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年7月国内新車販売台数分析】
トヨタ圧勝! 血を流し続けるマツダ。9月以降に復活の兆しがみえる日産、ホンダ

『トヨタハイブリッド車人気で、一人勝ち状態続く』 ■2016年7月の新車販売台数(自販連、全軽協調べ)()内前年同月比 1)プリウス系・・・・・・・ 27,988台(297.1%) 2)アクア・・・・・・・・・ 15,748台( 88.9%) 3)N-BOX系・・・・・・・・・13,023台(109.6%) 4)タント・・・・・・・・・ 12,790台(1...
【ビジネス・経済】2016/08/16
今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年6月国内新車販売台数分析】
セレナ、フルモデル...

今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年6月国内新車販売台数分析】
セレナ、フルモデルチェンジ直前にまさかの大幅販売増の謎! 不調続くマツダに対して好調のトヨタ

『プリウス、圧倒的な人気に衰えなし!』 ■2016年6月の新車販売台数(自販連、全軽自協調べ)()内前年同月比 1)プリウス系・・・・ 28,785台(263.6%) 2)N-BOX系・・・・・・15,622台( 92.6%) 3)アクア・・・・・・ 15,041台( 83.2%) 4)タント・・・・・・ 12,340台( 87.3%) 5)シエンタ・・...
【ビジネス・経済】2016/07/14
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... | 30 | 31 |