CORISMトップ

特集・コラム一覧

記事数: 313件
| 1 | 2 | ... | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 |
30歳以上の独身男子に大人気! 1ヶ月で1万台売れたホンダCR-Z

30歳以上の独身男子に大人気! 1ヶ月で1万台売れたホンダCR-Z

『晩婚化の世相をも反映・・・』  売れないはずのスポーツカーが、僅か1ヶ月で1万台売れた。そんな絶大的人気を誇ったのが、ホンダCR-Zだ。ホンダによると、このホンダCR-Zが売れた理由は、ただのスポーツカーではなく環境にも考慮したハイブリッドスポーツカーであるという新しい価値をもっているということが評価されているという。  さて、新時代のハイブリッドスポーツ...
【ビジネス・経済】2010/04/10
ハイブリッド車(HV)&電気自動車(EV)普及のカギは30歳代女性が握る!

ハイブリッド車(HV)&電気自動車(EV)普及のカギは30歳代女性が握る!

『次はハイブリッド車か電気自動車、30歳代女性が約30%と圧倒的人気』  NEXCO東日本高速道路株式会社関東支社が発表した「エコドライブと渋滞に関する意識調査」によると、ハイブリッドカー/電気自動車の使用を考えている人、という質問に対して、全体の約30%が30歳代女性という結果が出た。  この数値は男女別年齢別の中でも突出しており、2番目に多い男性40歳代...
【ビジネス・経済】2010/04/07
ベンツ・レクサスetc・・・高級個人タクシーが増殖中 その謎に迫る!

ベンツ・レクサスetc・・・高級個人タクシーが増殖中 その謎に迫る!

『都内に激増中、高級車の個人タクシー』  タクシーのベース車と言えば、トヨタ クラウンのセダンとかコンフォートとか。日産だと、セドリック/グロリアのセダンやクルーとかで、まぁ、パターンは一緒で簡素な商用セダンを使っているのが主。つまりコスト重視というわけですな。これは法人も個人も同じような傾向だったのが、最近目に付くのが高級車を使ったタクシー。法人でも「ふくねこタ...
【生活・文化】2010/04/06
新車? それとも中古車? 春はアウトレットカーに注目!

新車? それとも中古車? 春はアウトレットカーに注目!

『お買い得なアウトレットがクルマ界にも登場!』  まだまだ不況だから……という後ろ向きな理由だけではなく、より良いものをより安く買いたい! と消費者が願うのは世の常だろう。そう考えると4月は、実はお買い得なクルマが数多く出揃うタイミング。なかでも注目は「アウトレットカー」。  ちょっと聞き慣れないこのクルマのアウトレットという響き。「アパレルでもないのに……」と...
【生活・文化】2010/04/06
日産リーフ、オジサン世代(40歳代)に人気

日産リーフ、オジサン世代(40歳代)に人気

『価格発表前に約9300台の予約を集める人気ぶり』  3月30日に価格が発表された電気自動車(EV)日産リーフ。価格は376万円。補助金を繰り入れると299万円とリーズナブルな価格で登場した。  この日産リーフ。日産の発表によると価格発表前から、WEBで先行予約が行われていて、約9300台の申し込みがあった。その内訳は、一般の顧客の予約は全体の83%で7700台...
【ビジネス・経済】2010/04/02
"若者のクルマ離れ"なんてウソ!? 「ホンダ CR-Z」快進撃の謎に迫る【自動車マーケット一刀両断】

"若者のクルマ離れ"なんてウソ!? 「ホンダ CR-Z」快進撃の謎に迫る【自動車マーケット一刀両断】

『若者を中心に想像を上回る受注を獲得』  もはや、自動車はお年寄りマーケット状態で、購入者の50%以上が50歳以上などというクルマもたくさんあるほどだ。若者のクルマ離れは、もう歯止めが効かない状態であって自動車メーカーもどうしたらいいかお手上げ状態。  そんな中、ホンダのハイブリッドスポーツカーCR-Zが、若者を中心に売れている。これは、もはや業界の奇跡。まだ、...
【ビジネス・経済】2010/03/28
価格戦略が三菱復活のシナリオ 三菱RVR【自動車マーケット一刀両断】

価格戦略が三菱復活のシナリオ 三菱RVR【自動車マーケット一刀両断】

『エコカー減税への対応は国内販売ではマストの要件』  電気自動車(EV)のアイ・ミーブで話題こそあるものの、国内販売では不振が続く三菱自動車。経営上の問題でなかなか新型車をリリースできない状態ながら、100万円を切る価格で販売された、小型車コルトや軽自動車トッポなどが注目を浴びている。共通するテーマは「戦略的価格」だ。今回久しぶりの新型車である三菱 RVRもライバ...
【ビジネス・経済】2010/03/25
大不況なのにフェラーリだけがバカ売れ!? 前年対比120%販売絶好調の謎

大不況なのにフェラーリだけがバカ売れ!? 前年対比120%販売絶好調の謎

『ひとり気を吐く、フェラーリの好調ぶり』 フェラーリ。なんともいい響きだが、お高い存在なのは確か。まぁ、庶民には買えませんな。だからこそ、別格の存在なんだろうけど。  そのフェラーリ様の売れ行きが絶好調だ。こんなご時世、各インポーターともに軒並み前年比割れ。前年比割れといっても、その前年も割れ続けているので、ウナギ下がりの状態で、アウディがなんとか踏ん張っている...
【ビジネス・経済】2010/03/24
走りを捨てたのか? BMW グランツーリズモ【自動車マーケット一刀両断】

走りを捨てたのか? BMW グランツーリズモ【自動車マーケット一刀両断】

『走りを捨てたのではなく新しいBMWの価値を提案』  BMW グランツーリズモ。ダイレクトにスポーツさをアピールするBMWの中にあって、SUVでなければワゴンでもなく、ハッチバックでもない一風変わったスタイルをもつ。正直なところ「BMWに何があったの?」と思わずにはいられない。古典的なBMWファンの中には、このスタイルを受け入れられず絶句してしまう人もいた。 「...
【ビジネス・経済】2010/03/19
新型 アテンザにi-STOPが載らなかった理由【自動車マーケット一刀両断】

新型 アテンザにi-STOPが載らなかった理由【自動車マーケット一刀両断】

『新型マツダ アテンザ情報』 <マツダ アテンザの詳細情報はコチラ> ■新型マツダ アテンザ新車情報/バイヤーズガイド 1ヶ月で目標の7倍の7,000台超! 売れ筋低燃費車アテンザを分析する!  『なぜ、アイ・ストップは搭載が見送られたのか?』  マツダ アテンザがマイナーチェンジ。その最大のトッピックスは直噴のMZR 2.0L DISIエンジンが搭載されたこと...
【ビジネス・経済】2010/03/15
| 1 | 2 | ... | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 |