CORISMトップニュース・トピックス一覧ロールスロイス > ロールスロイスのマスコット"ス...

ロールスロイスのマスコット"スピリット・オブ・エクスタシー"誕生100周年を記念したファントムを100台限定生産

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ロールスロイス】2011/02/10
ロールスロイス ファントムの限定車には、純銀製の刻印入りマスコット"スピリット・オブ・エクスタシー"と、通常とは逆パターンのブラッククローム地にホワイトエナメルでRRの文字が記される

100周年の節目を祝う宝石のような特別仕様車は世界限定わずか100台

 英国のロールス・ロイス・モーター・カーズは、ロールス・ロイスブランドのシンボル、"スピリット・オブ・エクスタシー"の誕生100周年を記念し、「ファントム」の特別コレクション『スピリット・オブ・エクスタシー100周年記念モデル』を、全世界で限定100台生産すると発表した。
 100周年記念モデルは、ロールス・ロイス車のフロントに鎮座する伝統のマスコット"スピリット・オブ・エクスタシー"(別名「フライング・レディ」)を純銀製とし、"Sprit of Ecstasy Centenary-2011"の刻印入りブラックゴールドの台座に載せた。同じ文言は、格納用カバープレートにも刻まれる。またマスコットには6つのホールマークが刻印され、そのうち2つはロールス・ロイスのために特別にデザインされたものを採用する。またRRのエンブレムについても、通常モデルのデザインとは逆に、ブラッククローム地にホワイトエナメルでRRの文字を刻み、フロントのマスコットの足元、トランクリッド、フロントサイドパネルの4箇所に配される。
 またインテリアにも、ブリタニアシルバーで縁取られたアナログ時計を採用した。その時計を引き立てるように計器類の中央にポリッシュ加工のRRのモノグラムを配する。それを囲むように、ポリッシュ加工した目盛りとブラックの文字がレイアウトされる。これらは精巧な手作業による組み付けなのは言うまでもない。

 このほか、記念モデル限定のエクステリアカラーやウッドパネル、レザーのオプションなど様々な特別仕様を採用する。ボディカラーは、100周年モデル限定のビスポーク・カラー(オーダーメイド色)として「ラプソディーブラック」「メイデンブルー」「エセリアルホワイトパール」「ワイルドフラワー」の4色を用意。豊富なレザーやインテリアカラースキームと組み合わせオーダー出来るほか、好みのウッドパネルにブリタニアシルバーのインレー(象嵌細工)をあしらうことが出来る。さらに100周年記念モデルのオーナーには、スピリット・オブ・エクスタシー像をピアノブラックの台座に据えた記念のデスクオーナメントも贈られる。
ロールスロイス ファントムの限定車"スピリット・オブ・エクスタシー"誕生100周年記念モデル ブリタニアシルバーで縁どられたアナログ式時計
"スピリット・オブ・エクスタシー"誕生100周年記念モデルにはブリタニアシルバーで縁どられたアナログ式時計も装備される。時計には特別な6つのホールマークが刻印され、文字盤には100周年の銘文を刻んだシルバーのリングがパネルのバックライトで浮かび上がる・・・。

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】