CORISMトップニュース・トピックス一覧ミツオカ > ミツオカ 旗艦セダン「我流(ガ...

ミツオカ 旗艦セダン「我流(ガリュー)」をフルモデルチェンジ

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ミツオカ】2010/11/12

丸みを帯びたふくよかなボディで、クラシカルで温かみのある雰囲気

ミツオカ 我流 ガリュー リヤビュー
 光岡自動車は、フラッグシップセダン「我流(ガリュー)」をフルモデルチェンジし、12日から全国一斉に発売する。
 今回の新型ガリューではベース車両を日産「フーガ」から「ティアナ」に変更し、その「我流」という車名のとおり、「常識や世間体に流されず、確固たる不動の人生観や価値観を持ち、生きる」をコンセプトに開発。ガリューならではの神殿をイメージしたフロントグリルや丸型ヘッドランプを受け継ぎながら、丸みを帯びたふくよかなボディで、クラシカルで温かみのある雰囲気を醸し出している。
 もちろん完全受注生産で、職人たちが一台一台手作業で作り込む。2.5リッターモデル(2WD/4WD)と、3.5リッターモデル(4WD)を用意し、価格は368万円から528万4000円。2WDの2.5リッターモデルの一部では、50%のエコカー減税が受けられる。

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】