CORISMトップニュース・トピックス一覧ホンダ > 動画追加!ホンダS660(エス...

動画追加!ホンダS660(エスロクロクマル)新車情報・購入ガイド
軽自動車初の6MTも搭載し、徹底的に走りを磨いたミッドシップオープンスポーツカー! 最大出力は自主規制上限の64ps! 価格は198万円!

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2015/03/30

前後重量配分45:55というミッドシップレイアウトとした、軽オープンスポーツ!価格は198万円から!

ホンダS660(エスロクロクマル)リヤスタイル
 ホンダ は、軽自動車 のミッドシップオープンスポーツカー である「新型ホンダS660 (エスロクロクマル)」を発表。新型S660は、4月2日から発売を開始する。さらに、この新型S660の発売を記念した特別限定車を用意。S660の車名に合わせ660台の限定車となっている。特別限定車は「S660 CONCEPT EDITION(エスロクロクマル コンセプト エディション)」。660台限定で、同日に発売される。

 ホンダS660は、ほとんどを専用設計としたミッドシップオープンスポーツカー。一般的に、軽自動車は国内専用車のため、あまりコストをかけない。ところが、そんな限られたマーケットで、それもあまり販売台数が伸びないとみられるスポーツカーのジャンルに専用車を投入するのは、投資的な視点から見ればかなり勇気のいる決断ともいえる。少量生産とは、スポーツカーの存在は、ある意味ホンダブランドの核ともいえる。また、徹底的にこだわったプロダクトアウト的商品もホンダらしさの象徴でもある。クルマは軽自動車規格で小さいモデルだが、ホンダやクルマ好きにとって大きな存在となることは確実だ。

 そんな新型ホンダS660は、スポーツカーの醍醐味である、曲がる楽しさを最大限に体感できるよう、高い旋回性能にこだわり、ミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)レイアウトを採用。低重心と理想的な前後重量配分である45:55を実現。また、高剛性と軽量化を両立した専用開発ボディーは、風や空を感じ、非日常的な運転環境を味わえるオープンエアな空間であると同時に、コンパクトで包まれ感があり、人とクルマの一体感をもたらす快適なドライビング空間とした。

 また「走る楽しさを、誰でも気軽に味わえるようにしたい」という想いから、エンジンには低回転域から力強く、高いアクセルレスポンスを可能とする専用のターボチャージャーを搭載。トランスミッションには、軽自動車として初の新開発の6速MTを採用。また、7速パドルシフト付CVTも用意して、スポーツカーらしいドライビングと日常での扱いやすさを実現している。

 さて、ホンダS660のグレード選び。S660は、αとβの2タイプのグレードが用意されている。シンプル仕様がβ、豪華装備がαとなる。2つのグレード間で、外観上の大きな違いはほとんどない。主に内装の質感や装備が中心となる。スグに分かるのは、インパネまわりの質感やシート表皮などの違いが大きい。αはスポーツレザーシートとなり、βは通常のファブリックシートとなる。αには、運転席と助手席のシートカラーが異なるアシンメトリーカラーレザーシートも選択できる。

 S660のαとβの価格差は20万円。やはり、豪華仕様のβを選んだほうが満足感が高くお勧めだ。ただし、カスタマイズ派やサーキット走行をメインとするような人は、αという選択もありだろう。

 すでに、ホンダS660の納期は半年待ち以上という状況になっている。これは、ホンダS660が手作りに近い生産体制になっているため、1日に生産できる台数が少ないためだ。手作りというと、ちょっと聞こえがいいが、長期間に渡って多くの販売台数が見込まれるわけではないので、生産設備に投資できないという理由もある。だからこそ、これだけコストをかけたクルマを198万円からで売れるという。一部が手作りのため、作り続けるほどクルマの精度が上がってくるという話もあるので、納期はちょっと長くなるが、のんびりと待つのもいいだろう。
ホンダS660(エスロクロクマル)リヤスタイル
ホンダS660(エスロクロクマル)リヤスタイル
ホンダS660(エスロクロクマル)フロントスタイル
ホンダS660(エスロクロクマル)リヤスタイル

新型ホンダS660価格

ホンダS660(エスロクロクマル)インパネ
■ホンダS660価格
・α 6MT 2,180,000円/CVT 2,180,000円
・β 6MT 1,980,000円/CVT 1,980,000円

■ホンダS660特別仕様限定車価格
・CONCEPT EDITION 6MT 2,380,000円/CVT 2,380,000円
ホンダS660(エスロクロクマル)シート
ホンダS660(エスロクロクマル)シフトノブ
ホンダS660(エスロクロクマル)エアダクト

ホンダS660試乗動画レポート

ホンダS660スペック

代表グレード ホンダS660 α 6MT
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3.395×1.475×1.180mm
ホイールベース[mm] 2,285mm
トレッド前/後[mm] 1,300/1,275
車両重量[kg] 830kg
総排気量[cc] 658cc
エンジン最高出力[ps(kw)/rpm] 64PS(47Kw)/6000rpm
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 104(10.6/2,600rpm
ミッション 6MT
タイヤサイズ 前:165/55R15 後:195/45R16
JC08モード燃費 21.2km/L
定員[人] 2人
税込価格[円] 2,180,000円
発売日 2014/4/2
レポート 編集部
写真 編集部/ホンダ
ホンダS660エンジン
ホンダS660サイドビュー
ホンダS660ソフトトップ

ホンダS660ソフトトップ収納
ホンダS660重心高
ホンダS660

ホンダS660バッテリー配置
ホンダS660フューエルタンク
ホンダS660サスペンション

ホンダS660サスペンション
ホンダS660パワーステアリング
ホンダS660ボディ

ホンダS660(エスロクロクマル)
ホンダS660(エスロクロクマル)
ホンダS660(エスロクロクマル)

ホンダS660(エスロクロクマル)
ホンダS660(エスロクロクマル)
ホンダS660(エスロクロクマル)

ホンダS660(エスロクロクマル)性能曲線図
ホンダS660(エスロクロクマル)性能曲線図
ホンダS660(エスロクロクマル)性能曲線図

ホンダS660(エスロクロクマル)性能曲線図
ホンダS660(エスロクロクマル)性能曲線図
ホンダS660(エスロクロクマル)エンジン冷却

ホンダS660(エスロクロクマル)ロールオーバー
ホンダS660(エスロクロクマル)下部空力
ホンダS660(エスロクロクマル)ミッドシップレイアウト

2015年3月22日更新 ホンダS660とダイハツ コペンを比較すると、方向性が違いライバルとはならない?

 ホンダは、軽自動車である新型ホンダS660の発表を2015年3月30日に行う。

 新型ホンダS660は、2013年の東京モーターショーに出展され話題となったミッドシップオープンスポーツカーだ。その新型S660が、いよいよ3月30日に発表される。

 新型ホンダS660を同じ軽オープンのコペンと比較すると、まったく違うクルマに仕上げられている。コペンは、プラットフォームをイースの改良版とし、電動ハードトップを持つ。電動ハードトップは便利だが重く、重心高も高くなる。コペンは元々FFなので走行性能というよりは、気軽にオープンエアを楽しむモデル。

 そうしたコペン に対して、新型ホンダS660は、徹底的に走行性能に磨きをかけた1台に仕上がっているようだ。まず、なんといっても車両の基本性能を左右するプラットフォームは専用開発品だ。軽自動車は、国内販売に限られ、さらに軽オープンスポーツとなると、販売台数は多くない。一般的には、そこまでコストをかけられないというのが普通だ。スズキ が、軽オープンスポーツを投入しないのは、主にそうした理由からといわれている。そんな視点から考えると、新型S660はかなり思い切った戦略をとっている。

 新型S660は、走行性能を高めるため、コペンのような電動ハードトップは採用されていない。重心高や車重が上がることを避け、徹底してミッドシップの走行性能を優先している。ルーフは一般的な布になるようだが、着脱はかなり複雑になり車両横方向に巻き上げ外すようになるようだ。外したルーフは、ボンネット内にある収納スペース入れる。

枠にはまってしまったホンダ! 軽の馬力自主規制の64psのまま登場!? S660の価格は200万円前後から?

 ボディなどは、非常にコストのかかった専用開発となったが、エンジンはさすがに専用開発とはいかず、N-BOX系の直3ターボが搭載されるようだ。さすがに、ホンダというべきか、この直3ターボも新型S660用にチューニングされており、より高回転型になっている模様。

 一時期話題になった、軽自動車の出力自主規制問題だが、ホンダが新型S660で64ps枠を破るのではないかと予想されたが、どうやら64psに落ち着いたようだ。度重なるフィットのリコールで、国交省に目を付けられているホンダだけに、さらに国交省の注目を浴びることだけは避けたいという考えだろう。64psでは、新型S660のボディでは、ややアンダーパワーになることは確実で、このあたりはサードパーティーのCPチューンなどで楽しんでみるのもいい。

「枠にはまるな!」という企業CMをアピールしていたホンダが、しっかりと軽の馬力自主規制枠にはまっているところが微笑ましい。今までの枠の中には未来が無い! そんなホンダに期待したい。

 また、組み合わされるミッションは、6MTとCVTが用意されているようだ。車重は800㎏台半ばと見られている。アルトターボRSと比較すると、アルトターボRSが670㎏と超軽量。FFでありながら、エンジンの最高出力が64psだと、アルトターボRSの方が加速力が良い。と、いうことになりそうだ。ただし、コーナーリング性能などは、圧倒的に新型S660ということになるだろう。

 そして、新型ホンダS660の価格。あまりに高価では売れないということもあり、コペン同様200万円前後がエントリーグレードの価格になりそうだ。上級グレードは、220万円超ともいわれている。すでに、価格が発表されている新型マツダ ロードスター のエントリグレードの価格と比較すると、ロードスターの価格が約250万円。S660との価格差は、約50万円。軽オープンスポーツを望む顧客にとっては、悩ましい状態になりそうだ。ホンダファンならず、純粋に走りが楽しめる新型S660の登場に期待は高まる!

2013年11月更新 次世代新型ホンダ ビート? それとも、ホンダS360の後継か?

ホンダS660コンセプト
 ホンダは、第43回東京モーターショー2013 に、軽自動車サイズのオープンスポーツカーである新型「ホンダS660」を世界初公開する。

 このホンダS660は、ホンダが今後発売を目指す軽オープンスポーツカーのコンセプトモデル。直近のイメージでは、1991年に登場したホンダ ビートのようにも感じるが、660という排気量を表す数字の前にあるSという文字が、ビートの後継ではないことをアピールする。

 このSの文字は、ホンダS360の後継という意味合いがある。このホンダS360は、1962年にホンダが4輪事業に本格参入するときに発表されたスポーツモデル。しかし、このS360は実際には市販されずS500として発売されることになる。そのため、S360は幻のモデルと呼ばれ、生産されたのはわずか9台程度? とも言われており、オリジナルもホンダに残されていなかったほどだ。

 しかし、ホンダは技術の伝承という観点から、このS360をホンダ技術研究所が復刻させた。なんと、当時の図面すらすべてないような状況からのスタートで、OBや残されたパーツを頼りにS360を復活させたという。このホンダS360は、東京モーターショーに出展予定だ。

 そんなS360のSを頭に冠したホンダS660。フロントフェイスあたりは、ビートを感じさせるルックスだ。コンセプトモデルということもあり、詳細は不明なもののミッドシップレイアウトとなっている。排気量やボディサイズは、軽自動車枠内。実際の車両は、力のあるデザインでまとめられていて、軽自動車サイズとは思えないくらい堂々としていて存在感がある。

 リヤビューは、いかにもホンダというデザインで、ある意味オリジナリティあるものとなっている。左右2本出しのマフラーは、バンパーにインテグレートされており、センター部をブラック塗装し、ディフューザーぽさを演出している。

 ステアリングは、飛行機の操縦桿を意識したデザインのようで、白レザーとカーボンを組み合わせたハイコントラストにまとめている。メーターフードに入れられた電球は、なんとレブカンターになっていて数字で見るというよりは、色で判断するイメージだ。

 そして、シートはなんと運転席と助手席のカラーを変えている。ホワイトレザーを使用し、華やかさを演出して、ドライバーが主役であることをアピールするものだという。スポーツカーというと、ブラックなインテリアが主流で飽き飽きしていたが、S660はホワイトを使ったハイコントラストさで魅せる新しいスポーツカーのインテリアを提案してくれた。このインテリアをホンダは、スーパーコックピットインテリアと呼んでいる。

 ホンダS660は、コンセプトモデルのため、搭載エンジンやミッションなど詳細は検討中だという。ただ、よく見ると、アクセルとブレーキペダルしかなく2ペダルであることが分かる。ここから推測すると、MTではなくDCTかCVTで検討しているのだろうか?

 また、エンジンはS660という車名から軽自動車用660ccエンジンだと想像できる。これも、高回転型の自然吸気エンジンなのかターボエンジンなのかも不明。何にせよ、普通にガソリンエンジンということなら、今時面白みに欠ける。やはり、ホンダならハイブリッド スポーツくらいの提案は欲しいところ。普通のガソリン車でオープンスポーツというだけなら、S360からハードそのものが進化しているくらいだ。悪く言えば、現代版に焼き直しただけともいえる。NSXコンセプトのように、ハードの革新含めた今後のホンダS660に期待したい。ちなみに、ルーフはどこに? という質問には「コンセプトモデルなので・・・」ということだったので、これから数年後が楽しみだ。
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト

ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト

ホンダS660コンセプト

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】